今日、遊学館にて2回戦の控えている熊本代表の九州学院野球部

    熊本の地方予選では、毎試合5得点以上「安定した得点力」と、
    プロ注目のエース伊勢大夢投手の好投で試合を制してきました。

    熊本勢の夏優勝に向けて、今年の九州学院の期待は大きいです!

    そんな九州学院の安定した得点力の要になっているのが、
    中軸の松下選手と、若干一年生の村上宗隆選手です!

    九州学院村上宗隆出身中学

    特に、村上選手は、
    1年生らしくない長打を連発し、
    予選の打率も4割など、
    早実の清宮くんに筆頭する実力を持つのです!

    九州学院・脅威の1年生村上宗隆の凄さ。出身中学から解析

    まずは、今年(2015年)の、
    九州学院の甲子園ベンチ入りのメンバー

    熊本の中学出身がほとんどで、基本的には九州人の選手ばかりです!

    九州学院野球部メンバー出身中学

    1 投 伊勢 大夢 3年 右右 182 78 西山中学校 熊本
    2 捕 中原 力也 3年 右右 177 75 合志中学校 熊本
    3 一 村上 宗隆 1年 右左 185 86 長嶺中学校 熊本
    4 二 友田 晃聡 3年 右左 176 73 天水中学校 熊本
    5 三 元村 優吾 2年 右右 171 65 八代二中学校 熊本
    7 左 柳内 一輝 3年 右左 175 70 田代中学校 佐賀
    6 遊 若原 笙弥 3年 右右 177 69 大津中学校 熊本
    8 中 長谷川大将 3年 右左 177 65 粕屋中学校 福岡
    9 右 松下 且興 2年 右右 176 68 龍田中学校 熊本
    10 控 藤嶽 佑大 1年 右右 184 77 玉南中学校 熊本
    11 控 光田 一貴 2年 右右 173 70 合志中学校 熊本
    12 控 丸山 史靖 3年 右右 181 70 津奈木中学校 熊本
    13 控 松野 謙信 2年 右右 172 66 香椎三中学校 福岡
    14 控 米満  巧 2年 右右 170 62 西山中学校 熊本
    15 控 仲田 真人 3年 右右 170 58 豊中三中学校 大阪
    16 控 藤島慶司郎 3年 右左 167 58 西山中学校 熊本
    17 控 境  大輝 3年 右右 180 68 浅川中学校 福岡
    18 控 立山 皓祥 3年 右右 171 76 米野岳中学校 熊本

    一年生で背番号1ケタをもらっているのは、
    「3番」を背負う、村上選手のみとなります。

    地区予選ではレギュラーながらも、
    4番などの中軸を担い、
    バックスクリーンにホームランを放つなど、
    その大物感は早実の清宮くん顔負けなのです。
    (清宮くんはホームランなし)

    そして、もうひとつ注目してほしいのは、
    村上くんの身長の高さと体重です。

    九州学院村上打率ホームラン数

    清宮くんの身長が183センチと言われていますが、
    村上くんの身長は、それよりも高い185センチなのです!

    さらに、村上くんは、
    メディアから「肥後の和製ベーブルース」と名付けられ、
    「和製ベーブルース」と言われる清宮くんと、
    似た境遇をもっていることがわかります。

    1年後、2年後、村上と清宮はライバル関係になっていく?

    村上くんは中学時代から注目された選手でしたが、
    先に世界大会で有名になった清宮くんの話題に、
    今まで埋めれてしまっていたのです。

    九州学院村上早実清宮

    出身中学が同じ同級生からすれば、
    「俺たちの村上だって負けてないぞ!」と、
    歯がゆい気持ちになっていたことでしょう。

    しかし、甲子園で同じ舞台に立てば、
    その関係は覆るかもしれません

    プロ注目の松下選手と並び、
    村上くんの大会注目度は、
    試合ごとに上がっていくことでしょう。

    これから清宮くんと村上くんのライバル関係が、
    毎年、夏の甲子園で注目されると予想します。

    清宮くんが今後、早実の投手も担うことを予想すると、
    投手対バッターの直接対決もありえます。
    (考えただけでドキドキします)

    さらに、九州学院には、
    村上くんと同じく1年で身長184センチの大物・藤嶽佑大くんがいます。

    将来の九州学院のエース候補なので、
    藤嶽くんの成長も、将来の清宮くんとのライバル関係に刺激を与えることでしょう!

    今年よりも、来年、再来年の見越した内容になってしまいました・・・笑

    おすすめの記事
    柳田悠岐が死球で負傷交代。離脱(怪我)して故障者リストに入ったらシャレにならない!「FAでカープに行かないで!」の声
    今季パリーグで大活躍中のソフトバンク柳田悠岐選手が、 今日行われたロッテ戦にて、相手投手のイ・デウンから死球を浴び負傷交代したそうです。 柳田悠岐さんの死球の場面は1回の第一打席の2球目。 相手投手のイ・デウンの148キロのストレートを左膝の裏に当てられ、 その場でうずくまり、立てず、そのまま負傷交代となりました。 柳...
    山本昌の引退試合。これでラジコンと愛車に集中できる!
    今日ついに中日ドラコンズの山本昌さんが50歳での先発登板を達成し、プロ野球史上最年長での先発登板を成し遂げました。 山本昌さんの先発は昨日から決まっており、 本人は相手広島カープに対して「ご了承ください」と笑いを誘いようなユニークなコメントを残してました。 引退試合が行われるか、ギリギリまで心配されていただけに、 今回...
    星野仙一と高橋由伸監督(巨人)のトーク。由伸監督にあるダメ出しをした?坂本冬美との噂・・・
    12月6日に星野仙一さんと巨人の新監督の高橋由伸さんが、 六大学野球の90周年記念祝賀会に同席し、 和やかなムードで「監督論」について語り合いました。 星野仙一さんと「巨人」っていうと、 監督時代は宿敵としてました。 まさか、ここに来て、由伸監督とトークするなんて・・・。 トークショーの中で由伸監督が、 指導方針に関す...
    高橋純平の女遊びはただの噂。彼女の「みさちょす」ごと美咲さんに一途!中日がドラフトで狙う説
    岐阜商のイケメンエース・高橋純平さん。 すでにプロ志願書を提出しており、今後のドラフト指名が注目を浴びてます。 高橋純平さんは野球の実力だけでなく、 すらっとしたシルエットと、クールなマウンドさばきから、 「イケメン投手」として、人気でした。 そんな高橋純平さんに、一時期、 「女遊び」の嫌な噂が流れたのです。 この事実...
    横浜隼人の水谷監督が再び甲子園へ導く日。メンバー(エース林俊太郎投手)とグランド整備のトンボ!
    2009年にまさかの神奈川から夏の甲子園の切符を手にした横浜隼人高校。 神奈川の予選では7試合中5試合が逆転での勝利で、まさにドラマのような優勝劇でした。 甲子園では初戦を難なく突破しましたが、 二回戦目で花巻東に惜しくも敗れてしまいました。 阪神タイガースのユニフォームそっくりなチームが、 まさかの戦国・神奈川からの...
    脳腫瘍を克服したオリックス山崎福也。兄と父共に野球一家!彼女はかわいいタイプが好き?
    現在オリックスで活躍する山崎福也選手は、中学3年生の頃に脳腫瘍があると、 一時期、野球を断念しざるおえない状況に耐えた経験があったのです。 山崎福也選手は埼玉出身で、高校は東京の名門・日大三高です。 高校生時代から「脳腫瘍」と戦った球児として有名で、 「球児は将来プロ野球選手になれたのか?」と、気になっていた方が多かっ...
    片岡治大の性格は血液型通り!(O型)
    巨人に移籍してもなお活躍を続ける元西武の片岡治大選手。 試合中では闘志溢れるアクションが多く、多くのファンと感動を共有してきた。 片岡治大は若手の頃から自分に厳しい結果主義で、 どれだけ強いチームにいても、 そこで溺れずに自分を磨き続けてきた。 感情的なイメージを片岡治大さんに持っており人が多いと思うが、 実はすごい冷...
    山田哲人が彼女とフライデーされる日は来るのか?応援歌の歌詞がかっこいい!
    今年、トリプルスリーを成し遂げ、ヤクルトの優勝に貢献した山田哲人選手。 現在はプレミア12にて3番に座り、日本打線の大きな戦力となっています。 そんな山田哲人さんは甘いマスクで女性にも人気、 本人も女性が好きなような節を断言してるので、 今後、「彼女」と噂される女性が登場するのは間違いないですね! これまでに山田哲人さ...
    高橋純平はU-18でもイケメン!ドラフト指名先は中日か阪神?
    現在開催されているU-18でも活躍する高橋純平。 夏の甲子園への予選から怪我で登板できず、出場は実現しませんでした。 高橋純平投手は岐阜商にて球速150キロを超え、 ストレートを中心に強気のピッチングを持ち味にし、 高校野球ファン及び、女性ファンにも大人気なのです! 投球スタイルだけでなく、身長180センチオーバーに加...
    大解剖!自分にぴったりの携帯扇風機の選び方とは?
    大解剖!自分にぴったりの携帯扇風機の選び方とは?
    9月に入っても、まだまだ暑い日が続く、今日この頃。日本の夏は、暑い上に湿気がすごいので、赤道付近に住んでいる人でも日本の夏の厳しさにはしばしば驚かれる程です。 そんな夏場は、魅力的なイベントが目白押し。ただ、いざ出向くと人が沢山で・・・。想像しただけで汗が出てきます。そんな悩みを解消すべく、数年前から持ち運べるハンディ...