春の甲子園が待ち通しい時期ですが、
    昨日、選抜に出場できる全高校が発表されました。

    21世紀枠では伊万里と富島高校が選ばれ、
    連日、メディアを沸かせています。

    特に富島高校は前身の高校が1916年創立されて、
    初めての甲子園出場ということで、
    歴史の長い高校の、ようやくの甲子園出場に地元は大盛り上がりです。

    富島高校の浜田監督は、
    技術よりも先に心が大切し、
    かなり変わった指導をされているそうです。

    浜田監督は富島高校よりも前には、
    2008年に宮崎商業を率いて、
    夏の甲子園出場を果たしています。

    指導力の高い監督に導かれて、
    選手たちも幸せだと思いますが、
    具体的にどのような指導があったのでしょうか?

    富島高校の主将・中川大輝はバイトで遠征費を稼いでいた(建築関連)

    浜田監督は選手に派手なガッツポーズを許さず、
    昨年の秋の大会で好調だったチームにて、
    厳しく指導を行い、球場に見にきてる高校野球ファンの心を奪いました。

    最近の高校野球というのは、
    派手なガッツポーズが当たり前になっているので、
    こういう高校が登場するのは嬉しいですね!

    また、さらに斬新に思うのは、
    部員に遠征費を稼ぐために、
    アルバイトをさせていたことです。

    多くの野球部がバイトを禁止にしたり、
    そもそもそのような時間が設けられなかったりしますが、
    浜田監督の考えは違ったようです。

    高校でバイトを経験した選手が、
    甲子園に出場できるなんて、素敵な時代じゃないですが!

    しかし、選手は主にどのようなアルバイトをしていたのでしょうか?

    主将でチームの中心的な中川大輝選手は、
    建築関連の現場でバイトをしていたそうです。

    建築のバイトといえば、
    高給ではありますが、
    大人になって厳しい仕事・・・、
    それをしっかりとこなせた中川選手はすごいですね!

    他のチームのはない精神力を持ったチームということで、
    他の高校と違った個性で人気が出そうです。

    きっと、建築の現場で一緒に汗を流した仲間達は、
    中川選手のことを誇りに思って応援することでしょう!

    今後も多くのチームが、選手にアルバイトを許してくれれば、野球の敷居自体が低くなり、高校で野球をやりたいと思う選手が増えることでしょう。

    今の時代は珍しくても、将来的には当たり前になってても良いなと思う指導でした。

    こういう高校がベスト8まで残ってくれたら、きっと世間も見る目を変えることでしょう。

    ちなみに自分は高校時代に、バイト先の仲間に高校球児がいました、そこまで意識の高い子ではなかったですが、学校に秘密にしてて大変そうでした・・・・涙。

    おすすめの記事
    法政大学の菅野秀哉(小高工業)。ドラフトと完全試合の記憶
    現在、法政大学にて1年生の菅野秀哉投手。 高校時代は福島県の小高工業にてプロ注目の右腕でした。 菅野秀哉さんはまだ1年生ですが、 法政大学では将来のエース候補で、 この先、出場試合が増えるごとに話題になりそうです。 菅野秀哉さんがドラフトにて注目されるならば、 2018年になりそうです。 高校から大学に進路を決める間際...
    中田賢一の嫁と「暴れ馬」だけに実家お金持ち?二段モーション疑惑と、本多とトレードはなかった。
    優勝を果たしたソフトバンクのローテーションの一角を担う中田賢一投手。 今年のこれまでの成績は9勝6敗と、このまま2桁勝利が期待されます。 昨日のロッテ戦でも8回を投げ、自責点0の好投を披露し、 33歳にして、2年前までの中日時代の成績を超える、 皮肉な活躍ぶりでこれまでの過小評価を覆してます。 そんな中田賢一さんは昨年...
    河原純一の引退。元嫁やスキャンダルってなんだろう?
    巨人や中日で活躍した河原純一さんが引退を決断したそうです。 河原純一さん駒沢大学からドラフト1位でプロ入りし、「ミスター完封」と言われるほど活躍した投手です。 現在の河原純一さんは42歳。 中日ドラゴンズを去った後は独立リーグで活躍されてました。 河原純一さんは所属する愛媛のチームから引退を発表し、 チームでは今シーズ...
    花巻東の千葉翔太の現在は日本大学。2013年の甲子園を沸かせた球児はドラフト会議で注目を浴びるのか?
    2年前の2013年度の甲子園で世間を沸かせた、 花巻東高校の2番センターで活躍した千葉翔太選手。 ファイルで粘りに粘って出塁し、 ガッツポーズで1塁に駆けて行く姿は、 多くの高校野球ファンの度肝を抜いた。 千葉翔太選手のみで、 相手投手に何十球も投げさせ、 ランナーではかき回し、 これほど嫌らしい選手はなかなかでてこな...
    岡本和真の高校時代と出身中学。巨人にてプロ初ホームラン!
    昨年2014年のドラフト会議にて、 巨人から1位指名を受けて入団した岡本和真選手。 岡本和真選手は奈良の名門智弁学園にて主軸打者として活躍。 超スラッガーな高校生が入団したことで、巨人の新人の中で期待は高かったです。 契約金8000万に背番号は長島さんと原さんを合わせた「38」。 2010年代に巨人に入団した高校生打者...
    呉昇桓(オスンファン)の逮捕はさすがに・・・。引退疑惑と年俸推移
    色々と大変な問題を抱える呉昇桓さん。 ついには、噂の一部を認めたようです。 阪神は呉昇桓さんとの残留交渉を打ち切ったようで、 今後の移籍やらの去就よりも先に、 例の疑惑に関する課題が先走る事でしょう。 そんな呉昇桓さんが、 そのうち逮捕されると思ってる人がいるようです。 呉昇桓(オスンファン)が逮捕される事はあり得るの...
    大阪桐蔭の田端君と近田君の現在。亜細亜大学野球部を退部してる?プロ志願・ドラフトを期待された逸材
    大阪桐蔭といえば4番に、2012年に田端選手、2013年に近田選手と、 例年、全国屈指の好打者を従えて、高校野球を賑わかせていました。 ここ近年の大阪桐蔭の甲子園での活躍は、 常に痛打、痛打の隙のない打線が目立ちました。 歴代には中田翔選手や森友哉選手と、 プロ野球で通用する長距離打者も多く輩出してます。 高卒からプロ...
    鈴木尚典の現在。マスク・ド・スラッガーに登場!落合との関係は?
    かつて横浜ベオスターズが日本一に輝いた時代のマシンガン打線(当時の横浜の切れ目のない打線の名称)の中軸を担った鈴木尚典さん。 鈴木尚典さんは横浜を2009年に引退した後には、 2009年と2010年に横浜の打撃コーチを務めた。 そんな鈴木尚典さんは現在でもたまにメディアに登場することが多く、 普通のトーク番組から、最近...
    勧野甲輝の戦力外の理由。素行と伝説!敬語は使えたのか?弟もすごい・・・
    かつてPL学園で「清原2世」と崇められた選手がいました。 2011年のドラフトで楽天に入団した勧野甲輝さんです。 勧野甲輝さんは高校時代からの怪我もあり、甲子園での話題は結局少なく・・・ プロ入り後も、期待通りの覚醒は果たせないでいました。 高卒からプロ入りを果たした勧野甲輝さんですが、それでもファンは「いつかは持ち前...
    桐光学園野球部の野呂監督と寮。2013と2012のメンバーは夏の伝説・・・
    現在では全国に名を馳せた桐光学園ですが、 数年前までは、甲子園になかなか顔を出せない高校でした。 強豪ばかりの神奈川にあって、 なかなか準決、決勝の壁が破れない・・・。 そんな桐光学園野球部も、 松井裕樹投手が甲子園で大記録を打ち立て以来、 高校野球のファンから熱い目線を浴びてます。 桐光学園高校野球部の監督は、 19...