2017年度の春センバツ甲子園出場校が発表され、
    岩手からは21世紀枠で不来方高校の出場が決定しました。

    不来方高校の魅力といえば、
    部員わずか10人ながらも、
    昨年の秋の大会で八戸学院光星に0−2と善戦し、
    準優勝という結果を収めたことです。

    甲子園の出場は、
    春夏通じて初となります。

    わずか10人しかいない野球部を、
    秋の大会で準優勝に導き、
    さらには春センバツへつなげたのは、
    小山健人監督と小比類巻圭汰投手の存在があったからでしょう!

    不来方高校(岩手)野球部の小山監督と小比類巻投手

    不来方高校は昨年の秋に、
    わずか10人の部員で決勝に進んだ時点で、
    地元・岩手は大きく報道され、

    今回の春センバツ出場の決定は、
    まさに「鳴り物入り」といった状況です。

    不来方高校野球部の小山監督は、
    すでにテレビで多く紹介され、
    少ない部員を甲子園に導いた腕を絶賛されています。

    小山健人監督は若干29歳の若さで、
    74年の部員11人の池田高校、
    77年の部員12人の中村高校、
    87年の部員10人の大成高校、
    と歴史に名前の残る少数部員の強豪と、
    同じ形で名前を歴史に刻もうとしてます。

    不来方は盛岡市の南に位置する矢巾町にあり、体育科のある公立校。今夏に13人の3年生が引退してからは10人(2年生7人、1年生3人)での活動を余儀なくされた。小山監督の頭の中には逆転の発想が浮かんでいた。「人数が少なくて全体の守備練習ができないなら、いっそのこと課題だった打撃に集中してやってみよう」。部員10人で行う効率の上がらない守備練習を捨て、打撃練習に特化する作戦に出た。引用元:http://www.nikkansports.com/baseball/highschool/news/1752892.html

    打撃練習に特化し、
    その練習内容が実を結んだ・・・、
    何かを捨てる勇気、監督の思いっきりの良い選択が、
    不来方高校を甲子園に導いた大きな要因でしょう。

    またエースで4番でキャプテンの、
    小比類巻圭汰投手も、そのステータス通り、
    古来の高校野球のスター選手に似たカリスマ性を持ち、
    今回の春センバツ甲子園での不来方高校の旋風の中心になるとされてます。

    小比類巻投手は身長170センチ体重68キロと、
    決して恵まれた体型ではないですが、
    走り込みバッチリなどっしりとした足腰を誇り、
    球のキレとコントロールが素晴らしく、スタミナも抜群です!(球速も今の時点で130キロを超えます)

    4番でエースの活躍が減っている球界だけに、
    部員10人の無名校を栄光に導く可能性がある、
    小比類巻投手は、今年の春センバツの主役になる可能性があります。

    不来方高校(岩手)野球部の出身中学(メンバー)は?2017年

    1 小比類巻圭汰 3年 盛岡市見前南中
    2 菊池康太   3年 盛岡市河南中学
    3 吉田圭太   3年 矢巾町内中学校
    4 桜井琉太郎  3年 矢巾町内中学校
    5 舟山純平   3年 盛岡市乙部中学
    6 鷹觜零志   2年 紫波第四中学校
    7 菅原岳人   3年 矢巾町内中学校
    8 菊池勇輝   3年 滝沢市滝沢中学
    9 岩間龍輝   2年 矢巾町内中学校
    10 斎藤圭汰   2年 盛岡市土淵中学


    全員が地元の岩手出身の選手で、
    決して大型と言えるスター選手がいない点、
    本当の意味で「泥にまみれて勝つ」ような、
    なんともいえないカリスマ性を感じてしまいます。

    部員10人に、さらに女子マネージャーが3人ということで、
    プレーする側と支える側のコミニュケーションも濃そうです。

    仲の良いチームということで、
    互いが互いを知って支え合ってる点、
    等身大の高校の生身の友情が見えやすく、
    試合の中でのチームワークなどに注目したいです。

    地元の街の子供たちを見守る意味でも、
    岩手県の大きな話題として、この春は盛り上がりそうです。

    昨年の岩手代表・釜石高校の初戦突破も、
    美しい思い出として刻まれてると思いますが、
    今年の不来方高校も釜石に負けない華を持ってます。

    岩手代表として、行けるところまで行って欲しいですね!

    入部者0人で10人のまま春選抜甲子園に挑む

    第89回選抜高校野球大会(3月19日開幕、甲子園)に21世紀枠で出場する不来方(こずかた、岩手)が、部員10人で大会に臨むことが16日、分かった。出場選手登録期限の15日までに入部希望者が現れなかった。引用元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170217-01780172-nksports-base

    こ甲子園が決定した高校であるのに、

    同学校の野球部に入部したいという生徒が0人・・・。

     

    しかし、エースの小比類巻投手は、

    「最初から10人で行くと決めていた。何ら変わらない」と、

    男前にコメントをしてます。

     

    そもそも県大会で準優勝したチームって考えると、

    改めてすごいなと思いました。

    おすすめの記事
    杉谷拳士のウグイス嬢ネタと死球アピール後の長打!(笑)噂になった彼女は?
    最近、すっかり球界の人気者となった杉谷拳士選手。 杉谷拳士さんはバラエディ番組で中田翔をからかうなど、 肝の据わったムードメーカーとして、日本ハムを支えている。 杉谷拳士さんは相手チームからもイジリのターゲットにさることが多いらしく、 最近では、試合前の打撃練習で、ウグイス嬢に、 「練馬区大泉学園出身の杉谷選手がバッ...
    今季限りで退任!阪神・矢野監督のプロフィールや経歴
    今季限りで退任!阪神・矢野監督のプロフィールや経歴
    熱狂的なファンがおり、近年は優勝争いに必ず顔を出している阪神タイガースですが、2022年シーズンは異変が起きているようです。 キャンプイン前日に監督の矢野燿大(やの あきひろ)さんが今シーズン限りでの退任を発表し、その影響も多少関係しているのか阪神タイガースはシーズン開幕からプロ野球新記録の大型連敗。13試合終了時点で...
    横浜創学館(神奈川)野球部メンバーと監督。OBに秋山と二宮和也の・・?軟式も超強豪!
    神奈川の高校野球にて、 常に ベスト8に食い込む実力を持つ創学館。 スポーツ全般が強いイメージがありますが、 当然、創学館は野球部も強いです! しかし、例年、甲子園に行けそうで行けない・・・、 向上・立花・相洋と比較すれば、 近年、頭一つ出た存在感を示しているのですが。 横浜創学館のメンバーと監督について調べてみました...
    元木大介のラーメン「元福」(場所・足立区五反野)が閉店。テレビでオープンの紹介をしていたが・・・・。
    元巨人のクセ者・元木大介さんがオープンさせたラーメン屋、 「元福」(場所は足立区五反野)が閉店していたと報じられました。 元木大介さんは巨人の現役時代からラーメンが大好きで、 当時から、引退後にはラーメン屋を考えていたそう。 元木さんが初めてラーメン屋をオープンさせたのが、 2010年9月に仲御徒町にて。 その次が20...
    馬原孝浩が現役引退へ。オリックス退団後の去就は中日か阪神の獲得かで噂されていたが・・。通算成績は182セーブ
    今季限りでオリックスを退団していた馬原孝浩投手ですが、 なんと、現役引退が温厚なことが、関係者が明らかにしてます。 今年2015年の馬原孝浩さんは怪我と不調に苦しみ、 オフの年俸提示額が1億3500万からの40%以上の減額で、 馬原孝浩さんは自由契約の道を選んでました。 現在の馬原孝浩さんは34歳と、 まだ、もうひと絞...
    加藤哲郎(近鉄)の現在(麻雀が強い?)。「巨人はロッテより弱い」発言の真相と駒田との因縁。韓国プロ野球も行けた?
    プロ野球選手の言葉・発言も世間には注目されていますが、 その中で、自身の言葉で立場を悪くした選手も少なくありません。 野球選手同士の舌戦というのは、見ていて新鮮。 ファン的には、正直「面白い」と感じてします。 しかし、当人たちは、 その言葉1つ1つに悩み苦しむことがあるようです。 かつて、「巨人はロッテよりも弱い」と報...
    細川亨のマスク投げで誤解される性格。嫁とCランクの意外さ
    現在ソフトバンクにて捕手として若手のお手本になっている細川亨さん。 巧みなリードで西武時代から、キャッチャーとしての資質が評価されてました。 細川亨さんは西武時代とソフトバンク時代に優勝を経験し、 個人的には、チームに全盛期を呼ぶ「勝利の象徴」のようなイメージです。 名捕手といわれる方は、性格にクセのある方が多く、 細...
    岡田俊哉には嫁と子供がいた!西川遥輝とのイケメン対決はいつになるのか?
    智弁和歌山から2009年にドラフト1位で中日に入団した岡田俊哉投手。 期待の若手とされながらも、プロ6年目まで奮起したとは言い難い。 岡田俊哉は先日に巨人戦にて阿部に死球を与えてしまい、 一瞬、両ベンチが緊迫し、警告試合となってしまっていた。 まさか、こんな騒ぎで名前が売れてしまうとは・・・・。 岡田俊哉は高校時代から...
    クロマティの現在。乱闘と敬遠サヨナラ打の伝説!成績は巨人助っ人史上最強?
    かつて巨人にて助っ人選手として活躍していたウォーレン・クロマティ選手。 クロマティは現在でも古くからの巨人ファンに愛され、その知名度は衰えてません! クロマティが巨人で活躍したのは1984年から1990年。 巨人退団後のメジャー復帰後は、ロイヤルズで1年だけプレーしました。 そんなクロマティは現在では61歳! 現在はど...
    早稲田実業野球部メンバーの出身中学とマネージャーのエピソード
    今日の第一試合に登場する早稲田実業。 注目は何と言っても、スーパー一年生の清宮くん。 西東京の地区予選から清宮くん目当てお客さんが多く、 決勝以外の試合でも、何度も満員を動員しました。 しかし、2015年今年の早稲田実業の注目は清宮くんだけでなく、 4番を打つ加藤選手や、エースの松本選手など、 プロからも注目されるメン...