今季でFA権を取得する日本ハムの大野奨太捕手。
    キャッチャーとしてリード面で高評価されており、
    このオフでは他球団に目視されると言われてます。

    大野奨太FA移籍先阪神横浜DeNA中日

    大野奨太さんは2008年にドラフト1位で日本ハムに入団し、
    7年間、同チームで捕手として活躍してました。

    打撃の面では、そこまで数字は残さないですが、
    28歳の若さで洗練されたリードで、多くの野球解説者に絶賛されています。

    大野奨太のFAの移籍先候補に横浜DeNAと阪神と中日?

    今年のペナントレースでは、多くの球団が正捕手不在という状態で戦いました。
    規定出場を達成した捕手は、ヤクルトの中村捕手と西武の炭谷選手のみで、
    その他のチームは、常に若手とベテランなど、2人制3人制で捕手を使い分ける起用をしてました。

    捕手のリード面で評価の高い大野奨太選手は、
    このFAとなるオフに、多くの球団に移籍を望まれる逸材になりそうです。

    すでに横浜DeNAが大野奨太さんを目視してるとの声もあり、
    その他、阪神と、地元である中日も可能性として考えられます。

    プロ入団以来、ずっと北海道の大野奨太さんですが、
    結婚した女性も札幌在住の女性でした。
    この部分を見ると、このオフの移籍先に少なからず関わってくるのではないですかね?

    大野奨太の嫁の梨衣子さんと移籍先

    大野奨太さんは北海道日本ハムで7年間プレーしており、
    2010年のオフには現在の嫁の「梨衣子」さんと結婚を果たしてます。

    嫁の梨衣子さんが札幌在中の方だったということで、
    おそらく、現在は北海道にて結婚生活を送っているのでしょうか?
    仮にそうだとしたら、このオフのFA行使に少しは関係が出てきそうです。

    単身赴任で北海道を離れてプレーするのか、
    もしくは地元に近い中日に家族で移ってプレーするのか、
    それとも、日本ハムに残留するのか。

    このオフの大野奨太さんのFA行使は、野球選手と家族の関係が垣間見れる決断になりそうです。

    かつて、小笠原選手が巨人に移籍した背景にも、家族との関係が影響しましたし。

    大野奨太の応援歌の歌詞の一部の「夢見たこの場所で」

    大野奨太嫁梨衣子応援歌

    球場に足を運んで、一番にびっくりするのは、
    選手ひとりひとりの応援歌と歌詞の充実です。

    あれだけの人数の人が、大声で合唱するんですから、
    その思入れは半端ないことでしょう。

    大野奨太選手の応援歌の歌詞は
    「守りの要 夢見たこの場所で チームを背負い 更なる高み目指せ」

    この「夢見たこの場所で」という部分があると、
    このオフのFA行使が、とても切ない選択に思えます。

    やはり、大野奨太さんがベテランになって、
    捕手として一番輝く時期に、
    日本ハムにいてほしいと願う方は多いでしょう・・。

    おすすめの記事
    高木勇人は天然だった!サインとか大丈夫?実家はお弁当屋さん。
    巨人にて1年目ながら活躍中の高木勇人選手。 今期は怪我さえしなければ、このままシーズン終了までローテ入りが予想される。 そして、現在、投票されるオールスターでは、当選確実となっており、ルーキーながらもオールスターで強打者を三振に取る姿が望まれている。 今年の巨人の顔とも言われている高木勇人さんだが、 実はとても天然で、...
    戦力外の江村将也を獲得するのは球団は?パドレス(メジャー)のトライアウトでは横投げを要求される。イップスにはなっていなかった
    今年、ヤクルトスワローズから戦力外通告を受けた江村将也投手。 社会人を経て2012年のドラフトで4位でヤクルトから指名されプロ入りを果たしてました。 たった3年間の在籍で、まさかの戦力外・・・プロの厳しさを痛感させられます。 左肘の怪我の状態がずっと良くなかったのも、戦力外の理由だったでしょう。 そんな江村将也さんはま...
    【高校野球】センバツ2022年の出場校・大会日程
    【高校野球】センバツ2022年の出場校・大会日程
    30年ぶりに開幕が順延となり、開幕前から話題となった春の甲子園(センバツ高校野球)。プロ野球のことはよくわからないけど、高校野球のことなら知っているという方も少なくないと思います。 今大会はどの高校が出場しているのか、一覧で紹介し、特に注目すべき選手と、大会日程を順番にご紹介します! 出場校一覧 センバツ高校野球は秋の...
    平塚学園野球部のメンバー(出身中学)。上野監督から八木監督へ。熊谷拓也(法政)はドラフトされる?
    全国的には無名でも、 神奈川では無類の強さを誇る平塚学園。 地元では「平学」の愛称で親しまれ、 ここ数年は安定して地区予選ベスト4に食い込んでます。 力をつけてきてる平塚学園野球部ですが、 横浜、相模、桐光学園とランバルは常に多い・・。 戦国神奈川の中でも、 平塚学園の調子が良いのか悪いのか、 それだけで大会全体の印象...
    落合博満の伝説と好きな名言たち。現在でも落合博満が伝説であり続ける理由
    球界関係者や野球ファンにとって、 落合博満氏は好き嫌いがハッキリと分れる男。 落合博満さんは残した通算成績もすごいが、 プレー以外にも行動や言動が、 今でも伝説として残されている。 野球ファンに限らず、 普通の仕事をしてる人の中でも、 落合博満さんの言葉や行動に共感し、 良いバイブルとなっている人は多いだろう。 今日は...
    滝川第二の山名のケガのその後大丈夫だったのか?野球部員メンバーの出身中学
    先日の滝川第二ー中越高校の試合にて、 6回の裏、ノーアウト1塁3塁での滝川第二の攻撃。 バッターの打球がセカンドへのゴロになり、 ゲッツーコースでショートは2塁ベースカバーに入り、 捕球したセカンドはベースカバーに入ったショートへ送球、 1塁ランナーだった山名くんがコースアウトになった後に、 ショートはファーストに送...
    鈴木尚典の現在。マスク・ド・スラッガーに登場!落合との関係は?
    かつて横浜ベオスターズが日本一に輝いた時代のマシンガン打線(当時の横浜の切れ目のない打線の名称)の中軸を担った鈴木尚典さん。 鈴木尚典さんは横浜を2009年に引退した後には、 2009年と2010年に横浜の打撃コーチを務めた。 そんな鈴木尚典さんは現在でもたまにメディアに登場することが多く、 普通のトーク番組から、最近...
    勧野甲輝の戦力外の理由。素行と伝説!敬語は使えたのか?弟もすごい・・・
    かつてPL学園で「清原2世」と崇められた選手がいました。 2011年のドラフトで楽天に入団した勧野甲輝さんです。 勧野甲輝さんは高校時代からの怪我もあり、甲子園での話題は結局少なく・・・ プロ入り後も、期待通りの覚醒は果たせないでいました。 高卒からプロ入りを果たした勧野甲輝さんですが、それでもファンは「いつかは持ち前...
    九州学院・村上の出身中学と打率。清宮のライバルになる予感・・野球部メンバーで1年!
    今日、遊学館にて2回戦の控えている熊本代表の九州学院野球部。 熊本の地方予選では、毎試合5得点以上の「安定した得点力」と、 プロ注目のエース伊勢大夢投手の好投で試合を制してきました。 熊本勢の夏優勝に向けて、今年の九州学院の期待は大きいです! そんな九州学院の安定した得点力の要になっているのが、 中軸の松下選手と、若干...
    筒香嘉智の守備は上手い?(下手なわけない)応援歌と年俸
    昨日のプレミア12の準々決勝にて、怪我で離脱してる中村選手(おかわり)に変わって4番を務めた筒香嘉智選手。 終わってみれば猛打賞に得点に絡む大活躍。 中村選手の代役を任される責任とプレッシャーを見事に乗り越えたのです! しかし、筒香嘉智さんの守備の面では、悪いところ少し見せてしまい、「筒香っての守備下手なの?」と不名誉...