大阪桐蔭といえば4番に、2012年に田端選手、2013年に近田選手と、
    例年、全国屈指の好打者を従えて、高校野球を賑わかせていました。

    大阪桐蔭田端現在

    ここ近年の大阪桐蔭の甲子園での活躍は、
    常に痛打、痛打の隙のない打線が目立ちました。

    歴代には中田翔選手や森友哉選手と、
    プロ野球で通用する長距離打者も多く輩出してます。

    高卒からプロ入りしてない選手も、
    今後も大学か社会人経由でプロ入りすると確信してるファンも多いでしょう!

    大阪桐蔭の田端選手

    大阪桐蔭田端亜細亜退学入学取り消し

    大阪桐蔭といえば、2012年に春夏連覇を達成し、
    その次の年の2013年には再び春と夏で連続で甲子園に顔を出しました。

    その力の原動力には、藤波投手や森捕手の力が大きかったと思います。
    しかし、この2人に負けじと、甲子園をエキサイトさせた素晴らしい選手がいたのです!

    2012年の4番打者・田端選手は、
    その年ヒットしたAKBのフライングゲットを打席テーマに、
    広い甲子園のスタンドに、どデカイ本塁打をかましてました。

    田端選手は春選抜で花巻東の大谷翔平投手相手に、
    右手首に死球をもらい、右手首を骨折。

    夏の甲子園までに骨折を完治させ、練習に出遅れながらも見事に復活を遂げたのです!
    その話があっての夏での長打の連続・・・本当に素晴らしいです、恐ろしいです。
    (フライングゲットというより、出遅れゲットですね)

    近田選手と森友哉コンビの大阪桐蔭

    近田選手も2年生の頃から活躍しており、
    今振り返ると、前年度の2012年の大阪桐蔭打線はとんでもない並びだったと・・・。

    2013年の大阪桐蔭は、前年度のように優勝こそは逃しましたが、
    森友哉選手と近田選手のインパクトは、高校野球ファンに衝撃を与えました。

    特に近田選手はメジャーリーガーばりの威圧感でした。
    身長180センチに、握力75キロの太い腕。

    大阪桐蔭近田亜細亜大学退部骨折

    さらにはスイングスピードは高校生ながらも、
    まさかの153キロという天才・・・・。

    ただ、たまたまかもしれないですが、
    近田さんも、田端さんと同じく、右手首の骨折を経験してるのです。

    夏に復活を遂げた際には、多くのチーメイトが安心したことでしょう。
    あのパワーは、そこにいるだけで、チームの流れをグッと引き寄せる魅力があります。

    近田くんと田端くんが亜細亜大学野球部を退部してる?

    大阪桐蔭田端近田出身中学

    近田さんと田端さんは大阪桐蔭を卒業後は、
    亜細亜大学に進学したと報じられてました。

    しかし、今、亜細亜大学の野球部の名簿を見ても、
    この2人の名前はどこにもありません・・・。

    調べてみると、近田さんは退部。
    田端さんは野球部に在籍してるないと噂があります。
    (合格とり消しはさすがに胡散臭さ過ぎる)

    だとしたら、ちょっと寂しいなと・・・。

    しかし、亜細亜大学野球部は、いろいろと厳しいと聞くので、
    その点仕方ないなとも、思います。

    大学野球でやめてしまう甲子園球児は多いですが、
    それはそれで、全然有りだというのが個人的な意見です。

    人それぞれ、いろんな世界で、個性の華を咲かせて欲しいですね!

    近田さんも田端さんもプロ志願・ドラフトが期待された選手

    近田さんも田端さんも恵まれた体格に、
    圧倒的なパワーを兼ね備えた魅力的な打者でした。

    実際に甲子園ではチームに貢献し、しっかりを実績を残し、
    翌日の新聞にはプロスカウトの言及が乗ることもありました。

    もし、大学を考えずに、ダイレクトにプロに・・・とはよく考えてしまうことです。
    この部分は、高校野球ファンの勝手なワガママなのでしょう。

    常葉菊川の町田選手も同様のことがよく言われますね。
    甲子園であれだけ大暴れした逸材が・・・って。

    でも甲子園で活躍=プロってのは、ファンのどんぶり勘定で、
    本人たちは、もっと冷静に、自分の人生の全体を見渡してることでしょう。

    きっと同じ出身中学の同級生や仲間など、
    田端選手や近田選手などから良い刺激をもらい、
    本人たち以外にも、充実した幸せを与えていたと思います。

    高校球児は、思い出として、いつまでも大切にするべきなのです。

    おすすめの記事
    ジョックロック(智弁学園・和歌山の魔曲)の原曲。楽譜がなく高校野球の応援歌として真似できない?
    智弁学園と智弁和歌山の応援は毎年激アツです。 スタンドを埋め尽くす応援団の声と、チアのスキルの素晴らしさ。 個人的には千葉の習志野高校に負けないほど、 智弁は甲子園を揺らす応援団を抱える魔物だと思います。 そんな智弁の代名詞ともなっているのが、 「魔曲」と評される「ジョックロック」です。 このジョックロックが流れ出した...
    武田翔太が「レジェンド」と呼ばれる理由のカーブ。UVERworldの登場曲のインパクト!・・・彼女に注意
    常勝軍団のソフトバンクにあって、今季若くして12勝(現時点)武田翔太投手。 2011年に甲子園不出場ながらも、宮崎日大高校から1位指名でソフトバンクに入団し、2012年のプロ1年目から1軍で8勝1敗の成績を残し、潜在能力の高さを発揮、 2年間、2軍と1軍を行き来しますが、今年ついに1軍に固定され覚醒を果たしました! 1...
    久保康友のクイックはやはり早い。嫁とのなれそめで分かる謙虚で誠実な性格。
    現在、日本プロ野球界の中で、久保康友投手ほどの高速クイックを投げれる投手はそうはいない。 久保康友投手のクイックが高速化させられたのは横浜に移籍するよりも前。 社会人時代には1秒を切るスピードでクイック投法で投げれたという。 久保康友投手、クイックを早くしようと意識して練習し、 現在のように、球界でナンバーワンスピー...
    柳田悠岐が死球で負傷交代。離脱(怪我)して故障者リストに入ったらシャレにならない!「FAでカープに行かないで!」の声
    今季パリーグで大活躍中のソフトバンク柳田悠岐選手が、 今日行われたロッテ戦にて、相手投手のイ・デウンから死球を浴び負傷交代したそうです。 柳田悠岐さんの死球の場面は1回の第一打席の2球目。 相手投手のイ・デウンの148キロのストレートを左膝の裏に当てられ、 その場でうずくまり、立てず、そのまま負傷交代となりました。 柳...
    ラガーさんごと善養寺隆一さん(某印刷会社)がドリームシートで立ち退き?甲子園の名物おじさんがテレビ鑑賞に切り替える可能性・・・
    高校野球の聖地・甲子園の名物は多くあります。 その中でも近年ずっと甲子園を愛した善養寺隆一さんは有名です。 善養寺隆一さんは約15年もの間、 甲子園のバックネット裏にて、 黄色の帽子とラガーシャツで応援を続けてきた方です。 何度も甲子園をテレビで鑑賞したことがある方なら、 一度でも「ラガーおじさん」ごと、善養寺隆一さん...
    中島裕之とモデルの彼女の噂は・・・結婚願望はあるのか?
    今年からオリックスにて日本球界復帰を果たした中島裕之選手。 4月男らしい成績を残し、現在も好調のようです! 中島裕之選手といえば、甘いマスクで女性ファンが多いことで有名です。 芸能人でも、AKBの倉持明日香さんなどが、 中島裕之さんのファンということで有名ですね! そんな中島裕之さんには彼女はいるのか? 噂ではモデルの...
    桐光学園野球部の大河原誠と中川楓。2016年新入生とメンバー(選手)出身中学。練習試合と掲示板
    今年2016年の夏の甲子園を目指す桐光学園野球部。 現在の桐光学園は県内での強さは相変わらずですが、 松井裕樹投手が在籍していた時代のインパクトが最後に、 ここ近年は東海大相模と横浜高校に話題をさらわれてます。 しかし、今年は投げては大河原誠投手がおり、 サブマリンながらも打っては4番の中川楓選手がいます。 相模と横浜...
    最新作『パワプロ2022』が累計50万本突破!記念キャンペーンの内容は?
    最新作『パワプロ2022』が累計50万本突破!記念キャンペーンの内容は?
    数ある野球ゲームのなかでも絶大な人気を誇る「パワプロ」シリーズ。1994年から多くのファンにプレイされている「パワフルプロ野球」ですが、最新作「e-BASEBALL パワフルプロ野球2022」が、4月に発売されたのをご存知ですか?発売されてまだ間もないですが、すでに累計50万本を突破しました。 今回はゲーム紹介と記念キ...
    バリーボンズの現在は?松葉杖をついて始球式に登場・・・笑
    メジャーの殿堂入りの件でずっともめていたバリーボンズ。 彼の功績を疑問視する声と、結局は肯定したがる声と、 現在のバリーボンズの球界への意心地は最悪なはずだ。 メジャー最多の762本のホームランが彼最大の功績であるが、 今の若いメジャーリーガーにバリーボンズのようになりたいという選手はでてこない。 きっと、これから先の...
    28年ぶりの快挙!完全試合達成のロッテ・佐々木朗希の生い立ちや経歴
    28年ぶりの快挙!完全試合達成のロッテ・佐々木朗希の生い立ちや経歴
    千葉ロッテマリーンズの佐々木朗希投手が28年ぶりの完全試合を達成しました。史上最年少での歴史的快挙に、国内外から注目が集まっています。こちらでは、千葉ロッテマリーンズ 選手 佐々木朗希投手のプロフィールや生い立ち、プロでの経歴についてご紹介します。 ロッテ・佐々木朗希のプロフィールや生い立ち まずは、佐々木朗希選手のプ...