西武にて7年間、オリックスにて3年、ソフトバンクにて2年間プレーし、
    2002年には王さんのホームラン記録55本に並んだことで知られるアレックス・カブレラ選手。

    アレックス・カブレラ現在
    その日本で12年間プレーし、残した通算ホームラン成績は357本と規格外の活躍をした。

    アレックス・カブレラはベネゼエラ出身の選手して知られ、
    メキシコリーグ、台湾、メジャーではアリゾナ・ダイヤモンドバックスでプレーしていた。

    その、一般の女性の足の太さと同じといわれるぐらい大きな腕の筋肉はインパクト抜群で、
    超メジャー級の筋肉を持った助っ人選手として、注目を集めた。

    そんなアレックス・カブレラの現在は、
    日本プロ野球のソフトバンクを退団した後に、
    ベネズエラに戻りプレーし、一度は引退を決断したが、結局は復帰。

    一時期は再び日本球界への復帰が囁かれていたが、
    2014年にはメキシコリーグでプレー。

    再び、日本球界への復帰が期待されたが、
    2014年のメキシコリーグでの、
    ドーピング騒動があってからは、
    それは実現されないとされている。

    アレックス・カブレラの筋肉はドーピングだったのか?

    アレックス・カブレラ筋肉ドーピング

    えげつない破壊力でホームランを量産していた日本時代。
    その筋肉の大きさは、ほかの外国人選手と比べてもすごかった。

    実はアレックス・カブレラは、
    アリゾナ・ダイヤモンド時代から、
    ドーピングの疑惑はあったので、
    日本球界にいた時代から、
    「もしかしてカブレラってドーピングしてる?」と、
    一部のファンからは疑いの目がすごかったのだ。

    日本でアレックス・カブレラと共にプレーしていた、
    元同僚の証言によると、試合以外のロッカーでも、
    いきなり興奮気味な行動を見せたりしていたという。

    日本にいた時代からエキサイトしやすい選手として有名で、
    プロ野球時代に起こした退場処分は7度もある。

    ドーピングの副作用で、興奮的なものがあるといわれているので、
    この点においても、アレックス・カブレラの筋肉がドーピングの恩恵だと言われる要因だったのだろう。

    2014年のメキシコでのドーピング疑惑では、
    一時期、メキシコ球界から永久追放されかけたが、
    アレックス・カブレラ本人が潔白を証明したため、
    その永久追放の処分は解除されたとされる。

    しかし、そのスキャンダルがあってか、
    毎年のオフになると囁かれる、
    日本球界への復帰は今後なさそう。

    今は日本プロ野球もドーピングに厳しくなったからだ。
    もう、アレックス・カブレラを日本で観れる可能性は極めて低いことだろう。

    アレックス・カブレラの「モデルガン乱射事件」

    これは、現役時代から有名な逸話ですね。

    毎回、練習を早めに切り上げたがるアレックス・カブレラですが、
    ある日に限って、打撃練習の順番が最後だったそう。

    最後に練習をするとなると、
    当然、練習が終わる時間も遅くなる・・・。

    ということで、アレックス・カブレラは、
    ベンチからモデルガンを乱射して、不満を表現したということみたいです。

    ただ、その現場はどのような感じだったのか?
    半分ジョークで、冗談半分でやった行動だと信じたいですね!(笑)

     

    アレックス・カブレラの息子

    アレックスカブレラ息子

    アレックス・カブレラさんは息子のラモン・カブレラも野球選手で、
    現在はパイレーツの参加でプレーをし、首位打者も獲得してるみたいです。

    アレックス・カブレラは息子との不仲が囁かれていますが、
    家族で、しっかりと野球を教えてあげれば、息子も嬉しいことでしょう!

    この先のカブレラファンは、
    子供のラモン選手の活躍に期待すると良いでしょう!

    近い将来、WBCのベネゼエラ代表に、
    カブレラの息子のラモン選手の姿があるかもしれません。

    おすすめの記事
    マエケンと村上大介は似てる?どのメジャー球団が獲得するのか、最新情報を追う。
    メジャー移籍に向けて連日ニュースに登場するマエケン投手。 そして、羽生選手筆頭に、日本でブームになっているフィギュア。 実は、男子フィギュアの選手に、 前田投手に激似の方がいるようです。 そのフィギュア選手の名前こそ、 「村上大介」さんです。 マエケンと村上大介は似てる? 神奈川出身の村上大介選手は現在24歳。 身長1...
    柳田悠岐が死球で負傷交代。離脱(怪我)して故障者リストに入ったらシャレにならない!「FAでカープに行かないで!」の声
    今季パリーグで大活躍中のソフトバンク柳田悠岐選手が、 今日行われたロッテ戦にて、相手投手のイ・デウンから死球を浴び負傷交代したそうです。 柳田悠岐さんの死球の場面は1回の第一打席の2球目。 相手投手のイ・デウンの148キロのストレートを左膝の裏に当てられ、 その場でうずくまり、立てず、そのまま負傷交代となりました。 柳...
    ホセ・フェルナンデスの急死(死因)嫁は妊娠中(インスタ)。名言とMLBでの乱闘。マーリンズではイチローの同僚(コメント)
    メジャーから悲しいニュースです。 マーリンズはエース右腕、ホセ・フェルナンデス投手が急死したことを発表した。 「マイアミ・マーリンズはホセ・フェルナンデスの悲劇的な死去に打ちひしがれています。我々はとても困難な状況にいる彼の家族に祈りを捧げます。今日のブレーブス戦はキャンセルになりました」 引用:http://head...
    則本昂大がブチ切れ疑惑?キレたように見えた理由。嫁との結婚までの軌跡
    楽天のスーパールーキーとして話題の則本昂大投手。 昨年の日米野球では先発した試合で継投を経てノーヒットノーランを達成した。 そんな則本昂大さんは、1年目に15勝で新人王、 2年目は14勝で奪三振王に輝き、 3年目の今年は推定年俸1億2000万と、 すでに球界を代表するエースに育っている。 則本昂大さんは「7色のスライダ...
    横浜DeNAの乙坂智が侮辱行為で注意されていた!ヤンキー疑惑が急浮上(笑)
    昨年から1軍での出場の機会が増えた横浜DeNAベイスターズの乙坂智選手。 アメリカとのハーフで端正なルックスなため、女性ファンが多く、 プレーでは、代打で初出場したロッテ戦にてホームランを打ったことで横浜ファンの心を掴んでいる。 そんな乙坂智選手だが、 1軍デビューする前の2013年に、 イースタンリーグの試合にて、 ...
    女子野球の西朝美にはいじめの過去。現在は居酒屋で働き店長に!またwikiも書かれていない
    女子日本代表の中軸を担う西朝美選手。 1988年生まれの27歳で、今の日本女子野球界最高のスラッガーだと言われています。 西朝美さんのポジションは、 身長167センチ体重90キロの体を生かし、 キャッチャーを務めているみたいです。 キャッチングのセンスから送球の制度まで、 捕手としても、世界女子屈指の逸材みたいですね。...
    勝俣翔貴のドラフト評価。箱根出身で中学時代のシニアは?Twitterではファン多し!
    U-18も大会終盤、多くの方が今年の日本代表の初優勝を間違いないものと見てます。 そんなU-18日本代表の中でも、 大会の中で注目度は高まったのが勝俣翔貴選手です。 勝俣翔貴さんは東海大菅生高校(東京)の投打に活躍した選手です。 今年の夏の甲子園に出場ならず、地方大会でもオコエと清宮に埋もれて注目度は低かったのです。 ...
    鳥谷敬が浮気はありえない、嫁が美しすぎる!7番起用は何だったのか?
    阪神タイガース率いる、選手の中心である鳥谷敬選手。 プレイも振る舞いも完璧な鳥谷敬選手は、多くの阪神ファンのオアシスのような存在。 ベストナイン5回、ゴールデングラブ賞3回の実力は、 阪神の歴代のショートストッパーの中でも、最高潮の選手とされる。 打率3割を3回も残したシュアな打撃と、 場面で走れる走塁力、 さらに...
    吉川大幾の素行は巨人で変わった?PL出身の意地でファインプレー!動画が人気。
    大阪の名門PL学園から2010年にドラフト会議にて中日に入団した吉川大幾選手。 中日に入団した当初は、中日の名手立浪和義がつけていた背番号3を継承するなど、首脳陣に多いに期待されていた。 そんな吉川大幾選手だが、なかなか1軍に定着することなく、 2軍生活を長く続け、2012年にスイッチヒッターに挑戦するなど、 いろいろ...
    三上朋也の結婚相手の関根和歌香(フリーアナ)。彼女との結婚で2016年の年俸にも期待!
    横浜DENAに所属する三上朋也投手。 なんと、このオフにフリーアナの関根和歌香さんと挙式を挙げることが明らかになりました。 そもそも彼女の噂さえなかった三上朋也さん。 若くて笑顔が爽やかな三上朋也さんはハマっ子女子にも人気の選手。 今回の結婚は、多くの女性ファンの心に染みた報告になったことでしょう。 そして三上朋也さん...