100年大会記念にふさわしい、京都代表の鳥羽高校
    第一回大会を制したき京都二中の流れを継いだ、話題の高校です!

    鳥羽高校野球部甲子園メンバー出身中学2015

    鳥羽高校はかつてから堅い守備が看板で、
    その守備力は今年も健在のようです。

    投げては、右の松尾と左の山田と、
    相手チームの打順の並びに適した起用が可能で、
    両投手共、地区予選では安定した数字を残しています。

    鳥羽高校の強みは守備力と投手力だけでなく、
    地方大会で、全員が3割超えをした、高打率な打線も自慢です!

    今年、甲子園に出場する全国の代表校の中でも、
    この鳥羽高校の打率は.429とトップ

    100年前優勝の歴史、
    長年堅守の伝統、
    二枚看板のエース、
    全国トップの打率の打線、

    これだけ見ると、
    今年2015年大会を、
    鳥羽高校が制する姿が、
    よりリアルに思い浮かべると思います・・・。

    長年、野球の名門として名を馳せてる鳥羽高校ですが、
    今年のチームは県外組が極端に少なく、地元色の強いメンバーなのです。

    鳥羽高校野球部メンバーの出身中学

    ほとんどが地元京都出身の選手ですね!

    松尾大輝選手(精華南 京都)
    梅谷成悟選手(衣笠 京都)
    小薗晋之介選手(嵯峨 京都)
    中嶋滉平選手(維孝館 京都)
    岩切海斗選手(桃山 京都)
    南武蔵選手(勝山 京都)
    田淵公一郎選手(上京 京都)
    伊那夏生選手(木幡 京都)
    宮西絢也選手(桂 京都)
    山田純輝選手(詳徳 京都)
    安田優哉選手(明徳義塾 高知)
    井上滉司選手(田辺 京都)
    野々村楓選手(大山崎 京都)
    河合一成選手(精華西 京都)
    野上夢斗選手(大宅 京都)
    上原大和選手(花山 京都)
    山中翼選手(高野 京都)
    田村剛選手(深草 京都)

    安藤優哉選手こそは高知出身の選手ですが、
    そのほかの選手はみんな地元京都の中学校出身です。

    長年の甲子園の歴史に残る名門にも関わらず、
    ここまで地元エキスを残してこれるのはすごいことです!

    鳥羽高校の主将・梅谷は父親と共に戦う!そして、イケメンと話題の高打率バッターでもある

    鳥羽高校の今年の目玉選手といえば↓

    2枚看板エースの松尾くん&山田くん
    3割を記録した全打者

    ↑だと思いますが、
    その中でも一際、話題を独占してる選手がいるのです。

    それはキャプテンで、
    打線の要である梅谷成悟選手です!

    梅谷選手は、今年の5月に父親とお別れをしてしまったそうです。
    5月だったため、自分が甲子園に立つ姿は見せれなかったようです。

    昨年に鳥羽高校の主将になるか悩んでいたときに、
    梅谷選手の父は、「おまえがやれば甲子園に行ける。選手宣誓もやるんや」と背中を押してくれたそうです。

    そして、梅谷選手は3年生になると、
    病床の父に、何度も甲子園に必ず行くと約束したようです。

    結果、地区予選で梅谷選手は高打率で大暴れ
    決勝戦・立命館宇治戦前には母に、

    「お父さんが僕の中にいる。絶対に負けへん」と誓い、

    立命館宇治を6−4で破り、
    鳥羽高校の15年ぶりの甲子園出場を実現させました。
    父親がいなくなる直前に、
    最後にできた報告は5月の京都大会の敗北で、
    そのときも前向きになれる言葉をくれて、
    「甲子園に行けよ」と言ってくれたそう。

    今年の梅谷選手の選手宣誓に感動した高校野球ファンは多く、
    100年大会にふさわしいドラマで大会は好スタートを切りました。

    鳥羽高校梅谷主将

    梅谷くんの母は「甲子園出場、選手宣誓は夫の夢でもあった。チャンスをもらえて夫も喜んでいると思う」とコメントしてます。

    最後、生前に父親が自分の応援に来ていたユニフォームを、
    一緒に入れて、旅たたせてあげたという。

    今頃、大好きなお父さんは、
    天国で息子の晴れ舞台に胸躍っていることでしょう。

    ちなみに梅谷選手はツイッターなどで、
    「イケメンすぎる」「野球興味ないけど梅谷くんだけは観る!」
    と、男女関わらず、根強いファンを獲得しています。

    鳥羽高校梅谷イケメンかっこいい

    確かに・・・梅谷選手は、
    今大会の中でも屈指のイケメン選手かもしれません!

    こんなにかっこいい17歳、はじめてみました!!

    おすすめの記事
    高橋純平はU-18でもイケメン!ドラフト指名先は中日か阪神?
    現在開催されているU-18でも活躍する高橋純平。 夏の甲子園への予選から怪我で登板できず、出場は実現しませんでした。 高橋純平投手は岐阜商にて球速150キロを超え、 ストレートを中心に強気のピッチングを持ち味にし、 高校野球ファン及び、女性ファンにも大人気なのです! 投球スタイルだけでなく、身長180センチオーバーに加...
    清原和博と秋山成勲の兄弟のような関係は現在も?(仲良し?)野村貴仁と比較。高橋由伸のコメントも
    ここ数時間の間に、ひたすら清原和博さんの記事が多く発生してます。 さすがは球界の大物・・・世間のショックは計り知れないことでしょう。 しかし、今回の件で現役時代の清原和博さんが、 どれだけすごい選手で偉大だったのか、今になって再認識された方も多いと思います。 清原和博さんは野球だけでなく、格闘界などのアスリートからも好...
    呉高校野球部(選抜甲子園)の中村信彦監督。メンバーの出身中学(池田投手)と主将
    広島代表として初出場を決めた、 呉高校野球部ですが、 この2017年の春選抜の、 ダークホースになりかねない存在です! 近年では広島代表からは、 広島新庄が快進撃を見せ話題になりました。 そして、広島カープの奮闘してきており、 この初で呉高校や甲子園で活躍すれば、 広島県内での野球人気はさらに高まることでしょう。 そん...
    高濱卓也(高浜)が結婚!相手(嫁)は年上の一般職の方。弟に負けずに戦力外だけは逃れたい
    千葉ロッテマーリンズに所属する高濱卓也選手が、 ずっと彼女として交際を続けていた一般の女性との結婚を発表しました。 現在26歳の高濱卓也さんは、まさしく結婚に適した時期です。 しかし、まだ1軍で結果を出していない不安な部分もあります。 高濱卓也さんと同級生のプロ野球選手といえば、 中田翔さんや由規さん、または唐川さんや...
    藤浪晋太郎とヒロド歩美の写真(画像)。熱愛否定も復縁や大谷のガセも。
    阪神のエースとして活躍している藤浪晋太郎投手ですが、 ついに球速は160キロに到達し、 現在ではWBCのマウンドで奮闘しています。 若くして球界を代表するピッチャーに育った藤浪晋太郎投手で、 気になるプライベートでは未だに独身です。 しかし、藤浪晋太郎投手は独身であっても、 熱愛報道や疑惑は、度々登場します。 一番最近...
    沢村栄治の球速って結局何キロだったのか?
    日本球界屈指の速球王といえば、1934年に日米野球にてベーブルースらから三振を奪いまくった英雄、沢村栄治がいる。沢村が生きていた時代にはしっかりとしたスピードガンがなかったため、この沢村栄治の球速は正式に記録には残っていない。しかし、現代になって多くの専門家や野球人が、沢村の球速を予測するようになった。 日本では15...
    林昌範のかつてのスキャンダル。韓国俳優風のイケメン!
    現在では横浜の控え投手として信頼を得ている林昌範投手。 巨人時代にはオールスターへの出場も果たし、球界屈指の左のセットアッパーであることでしょう。 林昌範さんは2007年頃に女子アナウンサーの亀井京子さんと結婚。 2008年には長女が誕生している。 林昌範さんは以前に、球界をモヤっとさせるスキャンダルを起こしたことでも...
    木佐貫洋の今後は巨人スカウト!現在も嫁とは離婚せず
    今シーズン限りでユニフォームを脱いだ日本ハムの木佐貫洋さん。 年々、成績が安定せず、今シーズンに限っては、ファームでも力が出せないでいました。 木佐貫洋さんの引退に関しては、早めに予想がされており、 オフに正式に発表されるど「お疲れ様」と多くの声をもらい、 人格者として愛された選手であったことでの寂しさがありました。 ...
    浜田高校(島根)の硬式野球部が選抜推薦を辞退。その理由と監督さん。OBには和田毅や梨田さん
    高校野球の春選抜の出場校が発表されるのも、もう直ぐ。 2016年の春の甲子園は、行進曲に西野カナさんが選ばれるなど、着々とニュースが小出しに登場してきてます。 その中で、少し残念なニュースがあります。 それは島根県から春選抜の出場候補であった、 浜田が、推薦辞退の申し出を出し、活動を自粛してるというニュースです。 昨年...
    スケボー初代金メダリスト・堀米雄斗のプロフィールや経歴は?
    スケボー初代金メダリスト・堀米雄斗のプロフィールや経歴は?
    2021年東京オリンピックで正式種目となったスケートボード競技で、初代・オリンピック スケボー金メダリストに輝いた堀米雄斗さん。日本初開催された世界最大のアクションスポーツの祭典「XGames」でも男子スケボー・ストリートで見事金メダルを獲得し、そのゆるぎない高レベルな実力を世間に知らしめました。今回は、日本のスケート...