100年大会記念にふさわしい、京都代表の鳥羽高校
    第一回大会を制したき京都二中の流れを継いだ、話題の高校です!

    鳥羽高校野球部甲子園メンバー出身中学2015

    鳥羽高校はかつてから堅い守備が看板で、
    その守備力は今年も健在のようです。

    投げては、右の松尾と左の山田と、
    相手チームの打順の並びに適した起用が可能で、
    両投手共、地区予選では安定した数字を残しています。

    鳥羽高校の強みは守備力と投手力だけでなく、
    地方大会で、全員が3割超えをした、高打率な打線も自慢です!

    今年、甲子園に出場する全国の代表校の中でも、
    この鳥羽高校の打率は.429とトップ

    100年前優勝の歴史、
    長年堅守の伝統、
    二枚看板のエース、
    全国トップの打率の打線、

    これだけ見ると、
    今年2015年大会を、
    鳥羽高校が制する姿が、
    よりリアルに思い浮かべると思います・・・。

    長年、野球の名門として名を馳せてる鳥羽高校ですが、
    今年のチームは県外組が極端に少なく、地元色の強いメンバーなのです。

    鳥羽高校野球部メンバーの出身中学

    ほとんどが地元京都出身の選手ですね!

    松尾大輝選手(精華南 京都)
    梅谷成悟選手(衣笠 京都)
    小薗晋之介選手(嵯峨 京都)
    中嶋滉平選手(維孝館 京都)
    岩切海斗選手(桃山 京都)
    南武蔵選手(勝山 京都)
    田淵公一郎選手(上京 京都)
    伊那夏生選手(木幡 京都)
    宮西絢也選手(桂 京都)
    山田純輝選手(詳徳 京都)
    安田優哉選手(明徳義塾 高知)
    井上滉司選手(田辺 京都)
    野々村楓選手(大山崎 京都)
    河合一成選手(精華西 京都)
    野上夢斗選手(大宅 京都)
    上原大和選手(花山 京都)
    山中翼選手(高野 京都)
    田村剛選手(深草 京都)

    安藤優哉選手こそは高知出身の選手ですが、
    そのほかの選手はみんな地元京都の中学校出身です。

    長年の甲子園の歴史に残る名門にも関わらず、
    ここまで地元エキスを残してこれるのはすごいことです!

    鳥羽高校の主将・梅谷は父親と共に戦う!そして、イケメンと話題の高打率バッターでもある

    鳥羽高校の今年の目玉選手といえば↓

    2枚看板エースの松尾くん&山田くん
    3割を記録した全打者

    ↑だと思いますが、
    その中でも一際、話題を独占してる選手がいるのです。

    それはキャプテンで、
    打線の要である梅谷成悟選手です!

    梅谷選手は、今年の5月に父親とお別れをしてしまったそうです。
    5月だったため、自分が甲子園に立つ姿は見せれなかったようです。

    昨年に鳥羽高校の主将になるか悩んでいたときに、
    梅谷選手の父は、「おまえがやれば甲子園に行ける。選手宣誓もやるんや」と背中を押してくれたそうです。

    そして、梅谷選手は3年生になると、
    病床の父に、何度も甲子園に必ず行くと約束したようです。

    結果、地区予選で梅谷選手は高打率で大暴れ
    決勝戦・立命館宇治戦前には母に、

    「お父さんが僕の中にいる。絶対に負けへん」と誓い、

    立命館宇治を6−4で破り、
    鳥羽高校の15年ぶりの甲子園出場を実現させました。
    父親がいなくなる直前に、
    最後にできた報告は5月の京都大会の敗北で、
    そのときも前向きになれる言葉をくれて、
    「甲子園に行けよ」と言ってくれたそう。

    今年の梅谷選手の選手宣誓に感動した高校野球ファンは多く、
    100年大会にふさわしいドラマで大会は好スタートを切りました。

    鳥羽高校梅谷主将

    梅谷くんの母は「甲子園出場、選手宣誓は夫の夢でもあった。チャンスをもらえて夫も喜んでいると思う」とコメントしてます。

    最後、生前に父親が自分の応援に来ていたユニフォームを、
    一緒に入れて、旅たたせてあげたという。

    今頃、大好きなお父さんは、
    天国で息子の晴れ舞台に胸躍っていることでしょう。

    ちなみに梅谷選手はツイッターなどで、
    「イケメンすぎる」「野球興味ないけど梅谷くんだけは観る!」
    と、男女関わらず、根強いファンを獲得しています。

    鳥羽高校梅谷イケメンかっこいい

    確かに・・・梅谷選手は、
    今大会の中でも屈指のイケメン選手かもしれません!

    こんなにかっこいい17歳、はじめてみました!!

    おすすめの記事
    済美高校野球部の選抜(センバツ2016)落選。二塁走者のサイン盗みの記事と関連してるのか?
    愛媛が誇る名門の済美高校野球部。 これまでにも、 甲子園で劇的な熱戦を繰り広げ、 甲子園に顔を出せば注目カードとして話題を呼びます。 そんな済美高校は、 今年2016年の春のセンバツ大会でも、 出場校候補として注目を集めてました。 しかし、結果は落選・・・。 実は済美高校が落選した理由に、 ある1つの理由が噂されている...
    チェン・グァンユウ(陳冠宇)の成績が日本語と共に向上。横浜から戦力外でロッテで飛躍!(柳田に当てた投手ではない)
    今日のクライマックスの日本ハムーロッテの第2戦の先発のマウンドに上がったチェン・グァンユウ投手。 相性の良い日本ハム打線を5回5安打1失点の好投を見せ、ロッテのクライマックス勝利に向けて大きく貢献しました。 台湾出身のチェン・グァンユウ投手は、 「チェン」と報道されることが多いので、 一瞬、中日にいたチェン投手と間違え...
    則本昂大がブチ切れ疑惑?キレたように見えた理由。嫁との結婚までの軌跡
    楽天のスーパールーキーとして話題の則本昂大投手。 昨年の日米野球では先発した試合で継投を経てノーヒットノーランを達成した。 そんな則本昂大さんは、1年目に15勝で新人王、 2年目は14勝で奪三振王に輝き、 3年目の今年は推定年俸1億2000万と、 すでに球界を代表するエースに育っている。 則本昂大さんは「7色のスライダ...
    藤浪晋太郎とヒロド歩美の写真(画像)。熱愛否定も復縁や大谷のガセも。
    阪神のエースとして活躍している藤浪晋太郎投手ですが、 ついに球速は160キロに到達し、 現在ではWBCのマウンドで奮闘しています。 若くして球界を代表するピッチャーに育った藤浪晋太郎投手で、 気になるプライベートでは未だに独身です。 しかし、藤浪晋太郎投手は独身であっても、 熱愛報道や疑惑は、度々登場します。 一番最近...
    高橋純平はU-18でもイケメン!ドラフト指名先は中日か阪神?
    現在開催されているU-18でも活躍する高橋純平。 夏の甲子園への予選から怪我で登板できず、出場は実現しませんでした。 高橋純平投手は岐阜商にて球速150キロを超え、 ストレートを中心に強気のピッチングを持ち味にし、 高校野球ファン及び、女性ファンにも大人気なのです! 投球スタイルだけでなく、身長180センチオーバーに加...
    岸孝之の復帰とおしゃれな私服。嫁さんが美人!
    現在、左脇腹炎症でチームを離脱してる岸孝之。 西武ではエース的存在で、彼の離脱はチームにとってマイナスである。 岸孝之投手は、昨年の日米野球に選出された直後の、 10月後半に、左脇腹に違和感を覚え、参加を辞退した。 そんな岸孝之投手が、5月以降に復帰すると最新ニュースで伝えられている。 現在のチーム状況的に、 岸孝之さ...
    再婚した王理恵の姉と妹。本田医師との関係に「何様?」と嫉妬の嵐。
    父の王貞治さんを持つ王理恵さん。 今年の1月に3度目の結婚(再婚)を果たしていました。 野菜ソムリエとして活躍する王理恵さんは知性派の方で、 これまでに婚約してきた方は、いずれも医療系の素敵な方です。 父の王貞治さんはすでに妻を亡くしていますが、 生前に一生懸命に父を支えた母の姿に、 王理恵さん自身も主人を支えられる妻...
    宮崎日大野球部の監督「榊原聡一郎」の経歴と、メンバーの前田のドラフト注目度!
    今年、18年ぶりに宮崎から甲子園出場を決めた宮崎日大野球部。 宮崎日大を甲子園へ導いたのは、監督に就任して間もないOBである、 「榊原聡一郎」さんである。 榊原聡一郎さんは昨年の2014年の夏終わりから、 宮崎日大の監督に就任したばかり、 就任してすぐに甲子園の出場を決まるなど、前代未聞! 榊原聡一郎さんは元プロ野球選...
    中学時代からの大物・鈴木海世。東海大相模がしばらく安泰の理由
    今年の東海大相模は小笠原&吉田のコンビで全国制覇。 来年のチームでは山田&北村のコンビで秋優勝に王手。 そして、再来年は?・・・というところで、 相模の1年生投手が気になりますね? います、います、天才投手が! その名は「鈴木海世」君です。 中学野球の大物の鈴木海世。東海大入学時点でスポーツ紙に登場して...
    浦大輝擁する高松商業が神宮大会を制する!39度の熱のアクシデントを乗り切った?急病に負けない絆
    2015年度の神宮大会を制したのは、 まさかまさかの古豪「高松商業」でした。 劇的な結果に、叔父さんの高校野球ファンは興奮したことでしょう。やや若めの自分は、間が空いてから感動しました・・・笑 高松商業は1996年の夏の甲子園を最後に、甲子園には顔を出してなかったのです。 96年といったら、松坂投手も登場してない時代・...