常葉菊川の町田友潤くんといえば、
    高校野球を愛する多くの人が知っていることだろう。

    2007年度は2番バッターとしてチーム起動の中心におり、
    春の甲子園では優勝、夏の甲子園ではベスト4までいった。

    3年生が引退した後も、秋の神宮大会で、決勝で横浜を下し優勝。
    さらに、春の甲子園でも明豊高校の今宮を攻略し、夏の甲子園では決勝まで行き準優勝まで駆け上った。

    町田友潤 現在

    常葉菊川のチームカラーは「バンドをしない」というフルスイングが持ち味の強打線と、超積極的な走塁と、鉄壁で遊びココロのある守備が魅力であった。

    この常葉の魅力を支えたのが、
    実は町田であると自分は思っている。

    2番を任されていても、バンドはせず、長打をガンガン打つ。3番でもおなじ。
    守備では文句なしの無駄のないスマートな動きを見せ、2008年では怪我で本調子でなかったエースの戸狩を全面的にバックアップした。

    ユーチューブでは「セカンドに打ってしまえば望みはありません」という名の動画が人気で、コメント欄には「町田さんのようなセカンドを目指したいです」と、同じ球児からの熱いメッセージで溢れている。

    町田友潤くんは常葉を卒業した後は早稲田に進んだが、早い時期に退学。
    その後しばらく、名前を聞かなかったが、ヤマハにて復活していた。
    ヤマハでは常葉時代のエースの戸狩を再びチームメイトになったということで、ヤマハの試合にはふたりを目当てに来るお客さんもいたという。(最初は)

    町田友潤 引退

    町田友潤くんのことを知る多くのファンが、
    「将来ドラフト確実」
    「絶対にプロでも活躍する」
    「ぜひ、プロで見てみたい選手」
    などと、町田友潤くんの将来のプロ入りを期待していた。

    しかし、最近になって、
    昔から不安を抱えていた腰の状態が悪化したとして、
    ヤマハを退団していたのだ。

    現在の町田友潤くんが野球をやめたと知って、
    ショックを受けるファンが多く、
    「もったいない」「プロで見たかった」と、
    アマチュアの選手とは思えないほど、
    町田友潤くんの引退を惜しむ声が聞こえたのだ。

    現在でも町田友潤くんの存在を、
    ネット上から知って検索する人が多く、
    ヤフーの知恵袋でも、
    「現在も町田友潤選手も野球を続けていますか?」
    という内容の質問が多くあるのだ。

    こういうタイミングで引退したからこそ、
    またミステリアスで、カリスマ性があがるんでしょうね。

    ちなみに町田友潤くんが使っていたグローブのメーカーを知りたい人までいて、
    彼と同じスラッガーを愛用してる球児もいるようだ。

    この先も、毎年ドラフトの時期に、
    ダメ元で「町田友潤」の名前を探してしまう人が後を絶たないことだろう。

    おすすめの記事
    大田阿斗里がオリックスの入団テストへ!これまでは過大評価だった?遅刻の噂や球種と年俸。嫁の名前は?
    昨年に横浜DeNAを戦力外になっていた大田阿斗里投手が、 これから控えるオリックスの入団テストを受けることがわかりました。 大田阿斗里さんは横浜を戦力外になったオフには、 合同トライアウトに参加し、メジャー傘下のテストも受けていました。 オリックスのテストまで受けるということは、 これまでのは全て不合格だったということ...
    2015年で松中信彦は引退するのか?すごい自宅と性格の泥臭さ
    ソフトバンク一筋19年になる松中信彦選手。 今年(2015年)で引退説もささやかれているが、まだまだ現役。 松中信彦さんは現在でこそ2軍生活をする局面も多いが、2軍の試合に出ればガンガン打っている。 1軍に定着しないのは、やはりそソフトバンクの選手層の厚さも原因。 普通のチームなら指名打者かファーストか代打の切り札で松...
    金城龍彦が現役引退。登録抹消に泣いた1年。性格の良さが素敵!
    昨年のオフにてFAで横浜から巨人に移籍していた金城龍彦選手。 今季2015年をもって現役引退を決意したそうです。 金城龍彦さんは2000年に首位打者を獲得した逸材でしたが、 しばらくタイトルとは無縁でした。 横浜で16年間プレーした選手ということで、 金城龍彦さんの現役引退は、横浜ファンの反応のほいが多いです。 金城龍...
    花巻東の千葉翔太の現在は日本大学。2013年の甲子園を沸かせた球児はドラフト会議で注目を浴びるのか?
    2年前の2013年度の甲子園で世間を沸かせた、 花巻東高校の2番センターで活躍した千葉翔太選手。 ファイルで粘りに粘って出塁し、 ガッツポーズで1塁に駆けて行く姿は、 多くの高校野球ファンの度肝を抜いた。 千葉翔太選手のみで、 相手投手に何十球も投げさせ、 ランナーではかき回し、 これほど嫌らしい選手はなかなかでてこな...
    最新作『パワプロ2022』が累計50万本突破!記念キャンペーンの内容は?
    最新作『パワプロ2022』が累計50万本突破!記念キャンペーンの内容は?
    数ある野球ゲームのなかでも絶大な人気を誇る「パワプロ」シリーズ。1994年から多くのファンにプレイされている「パワフルプロ野球」ですが、最新作「e-BASEBALL パワフルプロ野球2022」が、4月に発売されたのをご存知ですか?発売されてまだ間もないですが、すでに累計50万本を突破しました。 今回はゲーム紹介と記念キ...
    済美高校野球部の選抜(センバツ2016)落選。二塁走者のサイン盗みの記事と関連してるのか?
    愛媛が誇る名門の済美高校野球部。 これまでにも、 甲子園で劇的な熱戦を繰り広げ、 甲子園に顔を出せば注目カードとして話題を呼びます。 そんな済美高校は、 今年2016年の春のセンバツ大会でも、 出場校候補として注目を集めてました。 しかし、結果は落選・・・。 実は済美高校が落選した理由に、 ある1つの理由が噂されている...
    鹿児島実業野球部の有村健太(串木野出身)と橋本拓実(大学は?)。メンバーの出身中学
    鹿児島男児といえば、頑固で自信家なイメージが強いですが、 鹿児島実業には、冷静で落ち着いたイメージが強いです。 今年の甲子園で5年ぶり18回目の甲子園出場を果たした鹿児島実業野球部。 地区予選ではエースの橋本投手と、 才能豊かな有村選手の2本柱で制してきました。 鹿児島大会では6試合中、 一度も相手にリードを許さず、...
    スケボー初代金メダリスト・堀米雄斗のプロフィールや経歴は?
    スケボー初代金メダリスト・堀米雄斗のプロフィールや経歴は?
    2021年東京オリンピックで正式種目となったスケートボード競技で、初代・オリンピック スケボー金メダリストに輝いた堀米雄斗さん。日本初開催された世界最大のアクションスポーツの祭典「XGames」でも男子スケボー・ストリートで見事金メダルを獲得し、そのゆるぎない高レベルな実力を世間に知らしめました。今回は、日本のスケート...
    中田翔の髪型とネックレスが改善されてる?私服から車まで私生活もイカしてる!
    現在プレミア12にて日本代表の6番打者として活躍してる中田翔選手ですが、この数日の試合は中田翔さんの決勝打やホームランが絡み、今や日本球界で最もホットな存在になりつつあります。 そんな中田翔さんは普段は日本ハムの4番。 大阪桐蔭からプロに入団少しの間はファームを行き来してましたが、 今季から完全なる覚醒を果たし、これか...
    中学時代からの大物・鈴木海世。東海大相模がしばらく安泰の理由
    今年の東海大相模は小笠原&吉田のコンビで全国制覇。 来年のチームでは山田&北村のコンビで秋優勝に王手。 そして、再来年は?・・・というところで、 相模の1年生投手が気になりますね? います、います、天才投手が! その名は「鈴木海世」君です。 中学野球の大物の鈴木海世。東海大入学時点でスポーツ紙に登場して...