慶應義塾高校野球部といえば、
    毎年、神奈川でベスト8以内は硬い、
    言わずと知れた名門です。

    神奈川という強豪ひしめく場所にあって、

    部員は坊主ではなく、
    エンジョイベースボールを掲げ、

    県内・全国でも目立った存在です。

    しかし、ここ近年はなかなか甲子園には顔を出さず、
    横浜・相模に甲子園の切符を奪われ続けてます。

    やはり、中学からのスター選手が集結してる高校には、
    何か大きな壁でもあるのでしょうか?

    いや、秋や春の戦いを見ていたら、
    そんなことはないです・・・。

    気になるのは慶應義塾高校野球部の、
    ベンチ入りメンバーや新入生ですね。

    横浜や東海大相模とはどう違うのでしょうか?

    慶應義塾高校野球部のメンバー(ベンチ入り)

    慶應義塾高校野球部メンバーベンチ新入生20132016

    まずは、今(2016年)の慶應義塾高校野球部の、
    主な主力メンバーです。

    1 一 綿引達也 3年生 取手リトルシニア -
    2 三 水久保佳幸 3年生 東京神宮リトルシニア
    3 右 大串亮太 3年生 世田谷西リトルシニア
    4 左 正木智也 2年生 世田谷西リトルシニア
    5 中 堀内一優 3年生 東練馬リトルシニア
    6 遊 瀬戸西純 3年生 中本牧リトルシニア
    7 二 矢澤慶大 2年生 尾張ボーイズ
    8 捕 西澤俊哉 3年生 北摂リトルシニア
    9 投 木澤尚文 3年生 八千代中央リトルシニア

    そして春のベンチ入りメンバーです。

    1 森田 晃介(3年:橘)
    2 西澤 俊哉(3年:大阪・箕面市立第六)
    3 綿引 達也(2年:千葉・我孫子)
    4 矢澤 慶大(2年:愛知・小牧)
    5 水久保佳幸(3年:埼玉・朝霞市立第三)
    6 瀬戸西 純(3年:横浜市立六浦)
    7 正木 智也(2年:東京・雪谷)
    8 新美 貫太(2男:愛知・阿久比)
    9 大串 亮太(3年:慶應義塾普通部)
    10 木澤 尚文(3年:千葉・船橋市立二宮)
    11 柏木 啓祐(3年:慶應義塾中等部)
    12 寺山 陽太(2年:南生田)
    13 岡本 直樹(3年:横浜市立十日市場)
    14 田口 巧 (3年:アムステルダム日本人)
    15 森野 壮眞(2年:埼玉・早稲田)
    16 加藤 勇希(3年:慶應義塾中等部)
    17 山本 賢太(3年:東京・板橋区立赤塚第一)
    18 堀内 一優(3年:東京・練馬区立開進第一)
    19 近藤 凌 (3年:千葉・浦安市立日の出)
    20 井上 伶 (3年:北海度・札幌市立北辰)
    21 鵜飼 大樹(3年:慶應義塾普通部)
    22 林 和孝 (3年:慶應義塾普通部)
    23 黒川 涼 (3年:東京:江東区立第二砂町)
    24 柳田 海舟(3年:横浜市立鴨志田)
    25 杉山 祐太(3年:慶應義塾中等部)

    そして、今年の新入生です。

    松本浩佑 1年生 横浜青葉リトルシニア - 2012年横浜DeNAベイスターズジュニア出身
    渡部淳一 1年生 東京神宮リトルシニア
    小峯丈明 1年生 上一色中 全中3位右腕。
    丸田俊之介 1年生 春日部ボーイズ
    生井惇己 1年生 常総リトルシニア
    新城塁斗 1年生 東京城南ボーイズ
    下山悠介 1年生 千葉西リトルシニア
    奥村拓馬 1年生 世田谷西リトルシニア -
    宮尾将  1年生 武蔵府中リトルシニア -U-15アジアチャレンジマッチ2015代表
    大川裕也 1年生 浦安リトルシニア -2012年読売ジャイアンツジュニア出身

    いやいや、普通に才能豊かな選手たちが集結してますね!

    個人的には、勉強もある程度できないと入部できないイメージがあるので、
    野球部に進む選手も、他の強豪よりも個人レベルは下がると勘違いしてました!

    今年は3年生のベンチ入りが多いですね、
    新入生は何人入ることができるのでしょうか?

    慶應義塾高校野球部の上田誠監督の退任

    慶應義塾高校野球部といえば、
    「エンジョイベースボール」が持ち味です。

    最初に慶應が甲子園で躍動した時には、
    伸びた髪の選手が笑顔で強豪を倒す痛快な姿に、
    全国の高校野球ファンがショックを受けました!

    しかし、慶應義塾高校野球部は、
    ただ楽しんでただけではなく、
    個人での取り組みなど、人間的成熟の延長に、
    楽しむことを目指すという・・・、

    むしろ、他校の強豪よりも難しい一面もあります・・・。

    勉強ができるような選手の、
    自制心の強さをメリットにした特徴ですね。

    自分で考えて、自分で決めた課題をこなす。
    これって、簡単そうに思えて一番キツイです!

    上田誠監督が慶應義塾高校野球部に就任したのは、
    1991年の頃でした。

    さらには、学校側にも交渉して、ある程度の選手獲得への優遇を図ってもらえるようにはなった。とはいえ、狭き門の慶應義塾高等部である。入試レベルで言えば、全国でもトップレベルである。中等部から内部進学で上がってくるよりも、はるかに難易度が高くなってきている。それでも、有望選手がいれば、受験指導などもしながら、選手獲得に尽力してきた。

    こうして、2003(平成15)年から、スポーツ推薦枠が設けられるようになり、入学希望者の成績がある程度は考慮されるようにはなった。とはいえ、ハードルの高さに変わりはなかった。それでも徐々に成果を出してきて、04年の秋季県大会で準優勝を果たして関東大会に出場。ベスト8に進出して浦和学院と戦い、延長14回日没再試合で敗れはしたものの翌年センバツ代表に選出された。

    上田監督としても、「推薦組と一般組が切磋琢磨し合っていくことは、野球にも勉強にもいい刺激をもたらすようになっている」と感じられるようになっていたところたった。

    引用:http://news.livedoor.com/article/detail/10326421/

    かなり苦労をして現在までの慶應高校の野球を作り上げたんだなと・・・。

    上田さんは1991-2015年までの25年間、
    春夏4回の甲子園出場、明治神宮大会優勝と、
    生徒たちとの自然な笑顔と成熟と共に神奈川で大暴れ。

    これって、ある意味に、
    渡辺監督にも負けない経歴だと思います。
    (エンジョイのテーマ死守した上で)

    信念を持って取り組める人はすごいですね・・。

    慶應義塾高校野球部上田誠監督退任勇退理由原因現在今後

    古い上下関係をなくし、
    伸び伸び野球を続け、
    それでも強豪を倒す!

    新時代型のトレンドとも言える先駆者だと思います。

    ちなみに選手のは「監督」とは呼ばせないようです。
    「上田さん」として、先生とも呼ばせないようです・・・笑。

    土井涼の進路は慶應義塾大学!

    昨年の神奈川大会は、
    横浜の渡辺監督の勇退と、
    小笠原&吉田擁する東海大相模と、

    話題は常に甲子園常連校に・・・。

    しかし、実は慶應義塾にも、
    注目の投手がいたのです!

    その投手の名前は土井涼選手です。

    球速は最速Maxで140キロを超え、
    キレが良く制度の高いスライダーを武器にしてました。

    身長181センチの恵まれた体型。

    大学野球でもこれからが楽しみな選手です!

    ちなみに土井涼選手の進路は慶應義塾大学。
    この先、六大学で土井涼投手の活躍がたくさん見てみたいですね!

    おすすめの記事
    GACKTのSMAPに対する発言が素敵!(ブログ&会見)台湾にいる妹的存在「まきよ」は彼女ではない・・・
    解散騒動もひと段落しているSMAPですが、 まだまだ関心度は高く、各界の著名人の見解が話題になることが多いです。 ジャーナリストやアナウンサーなど、 普段はそこまで発言が大きくならない方の言葉まで、 ツイッターなどで拡散が続いてます。 少しでも、メディアに関わる人間のSMAPに対する意見が知りたい・・・、 そんなことを...
    若松駿太の契約更新と年俸。新人王の可能性。将来、彼女にもチェンジアップ勝負?
    今年、中日ドラゴンズにて2桁勝利を遂げた若松駿太投手。 若松駿太さんは高卒でプロ入りした若干20歳の若手です。 若松駿太さんの2015年の成績はまさかの10勝4敗。 ベテラン選手の引退や不調の機会を経て、たくさんの登板機会をモノにしました。 そんな若松駿太さんのこのオフに契約更新がすごったようです。 ここ近年の中日の契...
    【まとめ】「ウェビナー」とは?基礎知識やメリット
    【まとめ】「ウェビナー」とは?基礎知識やメリット
    社会人になると、勉強する機会が少なくなるため、興味のある分野のセミナーに参加して勉強したことがある方も多いのではないでしょうか。しかし、最近はリモートワークが推進されていることもあり、セミナーが開催される機会が少なくなっています。 そんな中、セミナーの代わりとなる「ウェビナー」の開催が活発に行われているのをご存じでしょ...
    アレックス・カブレラの現在は筋肉ドーピング疑惑で獲得球団がない?モデルガン乱射事件!(笑)
    西武にて7年間、オリックスにて3年、ソフトバンクにて2年間プレーし、 2002年には王さんのホームラン記録55本に並んだことで知られるアレックス・カブレラ選手。 その日本で12年間プレーし、残した通算ホームラン成績は357本と規格外の活躍をした。 アレックス・カブレラはベネゼエラ出身の選手して知られ、 メキシコリーグ、...
    明豊の前田剛vs仙台育英の佐藤世那の対決。どちらの野球部も出身中学の県外率が高い
    いよいよ明日に迫った大分代表の明豊の前田剛くんと、宮城代表の仙台育英の佐藤世那くんの投げ合い。 どちらのエースも甲子園注目で、明日の試合は息の詰まる投手戦になると予想されている。 明豊の前田剛投手は、元々は全国的に注目という選手ではなかったですが、大分の地区予選で決勝の大分商業・森下投手に1−0で投げ勝って評価を急遽高...
    小久保監督の采配。2つの「なぜ?」。無能でも下手でもない!批判はあっても辞任も解任もない。責任感の強い侍。野村さん的にはミス?
    プレミア12にて侍ジャパンの監督を任されている小久保裕紀さん。 選手としては偉大な方だというのは、世間の野球ファンの誰もが知っていることですが、監督としてはまだまだキャリアはありません。 小久保裕紀さんの監督としての采配は、今はまだデータが少なく、具体的にどのような特徴を持った采配なのかは不明でした。 しかし、今回のプ...
    秋山翔吾の嫁は幼馴染!結婚に父も安心?
    二ヶ月連続の40本安打を達成した秋山翔吾さん。 イチロー選手以来の安打製造機として、球界で注目されてます。 八戸大学から2011年にプロ野球入りをし、 今年でプロ4年目の秋山翔吾さん。 そろそろ1軍での覚醒が確実視されています。 もともと秋山翔吾選手はルーキーイヤーが1軍の試合に多く出場し、 打率も2割後半と悪くなく、...
    館山昌平がカムバック賞!ぐう聖な性格と嫁
    今年、怪我から無事復帰を果たしたヤクルトの館山昌平投手。 2013年は0勝0敗の成績で、2014年は一年間は1軍に出場できませんでした。 長期離脱が続く中でのベテランのカムバックに、 ヤクルトも勢いに乗れたことでしょう。 今年の館山昌平さんの復活劇は、 ヤクルトの精神的な部分での強みになったに違いないです。 館山昌平の...
    小川泰弘の契約更改と年俸(2016年)。山田哲人と共にヤクルトのスター選手に!
    今年、セリーグ優勝を果たしたヤクルトの先発中心核である小川泰弘投手。 若干プロ3年目ながらも、すべてのシーズンで安定した成績を残し、ここ近年のヤクルトの若手投手の中でもスバ抜けた成績を残し続けてます。 今年の小川投手の成績は11勝8敗。 若干、不調な時期を乗り越えて、バーターラインギリギリをクリアしました。 25歳の小...
    大阪桐蔭の田端君と近田君の現在。亜細亜大学野球部を退部してる?プロ志願・ドラフトを期待された逸材
    大阪桐蔭といえば4番に、2012年に田端選手、2013年に近田選手と、 例年、全国屈指の好打者を従えて、高校野球を賑わかせていました。 ここ近年の大阪桐蔭の甲子園での活躍は、 常に痛打、痛打の隙のない打線が目立ちました。 歴代には中田翔選手や森友哉選手と、 プロ野球で通用する長距離打者も多く輩出してます。 高卒からプロ...