「火の玉ストレート」と呼ばれた驚異的なストレートで日本球界を席巻してきた元阪神の守護神・藤川球児さん
    藤川球児さんは2013年にメジャーに挑戦しますが、通算で2セーブしか挙げれず、
    今年2015年に四国リーグの「高知」に入団し、世間を騒がせました。

    藤川球児ストレート回転数球速

    藤川球児さんのトレードマークとなっているのが、
    打者の手元で驚異的に伸び続けるストレートです。

    阪神の守護神時代に藤川球児さんが220セーブを挙げられたのも、
    あの果てしなく伸びるストレートの恩恵でしょう。

    藤川球児の握りと回転数

    藤川球児投手のストレートの特徴を挙げるならば、
    「手元でホップする」「プロがわかっていても打てない」
    「バットの上を通過していくイメージ」と、
    まるで、漫画のような解説。

    実際の藤川球児のストレートは、
    「浮く」というよりも「落ちない」というデータがあります。

    通常、普通のプロの投手が投げるストレートは、
    打者の手元で、それなりに下降線を描いてミットに収まりますが、

    藤川球児さんが投げるストレートは、
    打者の手元からミットまで、直線を描いてミットに収まります。

    プロのバッターのストレートに対する感覚は、
    当然、通常の投手のように、下降線を辿るイメージ。

    それに対して、直線を描いたストレートに関しては、
    「あれ、球がバットの上を通過してく!」と、
    なかなかバットに当てることができず、ホップしてる錯覚がするのです。

    しかし、そんなストレートを投げるには、
    藤川球児さんはどのような工夫をしているのか?

    実は、「握り」と「リリースポイント」に秘密があったのです。

    藤川球児ストレート握り回転数

    藤川球児さんのストレートの握りは、
    指と指の感覚を一切開けず、ぴったり付け、
    ボールのワンポイントに力がいくように握られているのです。

    通常の投手のストレートの握りは、
    指と指の間を指一本分は開く感覚なのですが、
    それは「コントロール」を意識してのこと。

    藤川球児さんの握りは、スピードこそは増すものの、
    コントロールが難しいというデメリットもあるのです。

    それもで、上に下にきっちりとコントロールして投げれることが、
    藤川球児さんの凄さなのです!

    そして藤川球児さんは、球を離すポイントが前にあります。
    おそらく、通常の投手とは比較にならないほど前です。

    前でリリースすることで、
    藤川球児さんのストレートは、
    通常の投手よりも、3割も多く、
    球に回転数を与えてるそうです。

    プロのエースクラスの投手の、
    球の1秒間の回転数の平均が38程度なのに対して、
    藤川球児さんの回転数は45もあるのです!
    (松坂投手は41回転)

    1秒間に45回転もするストレートが投げれる投手は、
    おそらく日本で藤川球児さんと山本昌さんぐらいでしょう・・・。

    この回転数の多さも、藤川球児さんのストレートの質の良さの秘密なのです!

    藤川球児が契約切れ。球界復帰なら阪神が有望?

    藤川球児さんは現在、独立リーグ「四国リーグ」の高知に在籍してます。
    高知ではすでに何試合か登板してますが、地元の熱気がすごく、今後も残留を望む声が多いです。

    しかし、藤川球児さんと高知の契約は今月で切れてしまうらしく、
    9月16日が最終登板になるみ込みです。

    本人も球団も発表したということで、
    トップニュース扱いで話題になってますね!

    ただ「契約切れ」という書き方が気になるような・・・

    藤川球児契約切れ阪神復帰

    高知との契約が切れたあとの藤川球児さんの移籍先ですが、
    もし、プロ野球界に復帰するとなると、古巣「阪神」ではないか?と期待されてます。

    阪神ファンも藤川球児さんを両手を広げて待ち受けていることでしょう。
    このまま復帰となれば、甲子園に足を運ぶお客さんも増えること間違いなしです。

    しかし、藤川球児さんの引退説もあります。
    ただ、独立リーグを最後に引退っていうのも、
    さすがにありえないきがするので・・・やっぱり阪神にて復活ですかね?

    松坂投手など同世代の投手が怪我で苦しんでいるので、
    世代最後の希望として、奮闘してほしいです!

    おすすめの記事
    與那原大剛(普天間高)のドラフトでの涙(巨人)。出身中学と高校。読み方は「よなはらひろたか」。
    今年2015年のドラフト会議にて、 読売巨人に3位指名を頂いた與那原大剛選手ですが、 そのドラフト後の会見にて、涙を流しました。 與那原大剛(よなはらたかひろ)投手は、 沖縄出身の選手で、普天間高校からのドラフト指名でした。 ドラフトでの会見の中での與那原大剛さんは、 「親孝行がしたかった」と語り、 自分がプロに入り、...
    中日の和田一浩の嫁がきれい!髪が薄いのはいつから?
    2000本安打を達成した和田一浩さんは、史上最年長での記録達成であった。 和田一浩さんは西武と中日を渡り歩き、今年で19年目になる中での快挙であった。 大学・社会人を経ての2000本安打達成は、 若くしてプロ生活できる期間が少ないため、 歴代の選手の中で、古田と宮本しか達成していなかった。 特に和田一浩さんは規定打席に...
    健大高崎の盗塁戦法は甲子園でどこまで通用するのか?メンバーの出身中学
    機動力野球の本質を語る上で、 群馬の健大高崎の存在というの重要ですね。 昨年と今年の夏の甲子園で機動力野球で、 全国を沸かせている健大高崎高校野球部。 健大高崎の試合を観たことがある人は、 その盗塁やヒットエンドランの頻度にびっくりしたでしょう。 個人的にも、足を生かした高校はいくつから知ってるつもりですが、 健大高崎...
    畠山和洋の素行は問題児クラスだった?嫁も年俸も充実し成功!
    ヤクルトのスラッガー畠山和洋選手。 畠山和洋選手は比較的に覚醒が遅い選手ではありますが、 それは、かつての素行を直した恩恵だと言われています。 畠山和洋さんは子供の頃からやんちゃな子で、 それは、中学、高校でも同じだったそうです。 噂では「野球をやる資格ない」と言われていたそうで、 野球はほとんど才能だけでやる、問題...
    亀井義行の嫁との出会いが純粋!
    巨人の開幕レギュラーを獲得している亀井義行選手。 開幕戦では持ち前の強肩を披露し、ファンを沸かせました。 亀井義行選手の守備力とシュアなバッティングは、 名門巨人の選手の中でも見劣りしません。 亀井義行といえば、既婚者で知られ、 愛妻家であることでも知られてます。 現在の嫁さんのとの出会いは大学時代らしく、 亀井義行さ...
    上野翔太郎のTwitterと彼女。ドラフト候補だが進路は大学進学!
    中京大中京のエース上野翔太郎選手は、 夏の甲子園の後のU-18にも召喚され、 世界レベルのバッターをバタバタ三振に仕留めました! 上野翔太郎選手は甲子園でこそ優勝を逃しましたが、 日本代表では、優勝に期待を添える活躍を見せ、 大会の通じての認知度と人気がグーンっと伸びました。 そんな上野翔太郎さんはTwitterをやっ...
    オンラインカジノで暗号を使うべき5つの理由
    オンラインカジノで暗号を使うべき5つの理由
    暗号を使用することには多くの利点がある 暗号通貨はオンラインギャンブルでも健在です。ネット上のマネーギャンブルよりはるかに優れており、特典の経済も盛んであります。ここでは、暗号通貨がオンライン・ギャンブル・サイトとその顧客にもたらす利点のトップ5を紹介します。 暗号に特化したカジノとロイヤルティプログラムが増加中  カ...
    西口文也の引退。カッコよいフォームと嫁の存在。なんJでは「ぐう聖」な性格だと
    西武に所属する西口文也投手が引退を発表しました。 現在42歳の西口文也さんは近年成績が上がらず、 引退はファンが最悪の想定の中であったことでしょう。 西口文也さん本人も引退は2年前から考えていたそうで、 引退を発表した今は「スッキリした」と、重みから解放されたようです。 2軍では42歳ながらも好成績を残し続けた西口文也...
    富島高校の主将・中川大輝はバイトで遠征費を稼いでいた(建築関連)
    春の甲子園が待ち通しい時期ですが、 昨日、選抜に出場できる全高校が発表されました。 21世紀枠では伊万里と富島高校が選ばれ、 連日、メディアを沸かせています。 特に富島高校は前身の高校が1916年創立されて、 初めての甲子園出場ということで、 歴史の長い高校の、ようやくの甲子園出場に地元は大盛り上がりです。 富島高校の...
    内川聖一の転機と涙の意味。打率3割は横浜時代からだが・・・あごキャラで愛される!
    内川聖一さんといえば、今年すでにリーグ優勝を果たしている、 ソフトバンクのキャプテンであり、4番でもあります。 内川聖一さんはシーズンが始まる前から、 今年から就任した工藤監督に、 「お前のチームだ」と期待を込められたそうです。 内川聖一さんは、これまでにない責任の中で、 チームを引っ張り、見事に結果を残しました。 ソ...