今年のソフトバンクといえば、4番内川5番李大浩(イデホ)の並びが馴染んてます。
    そもそも4番気質の李大浩選手が5番に下がり、1・3番気質の内川選手が4番に座るのには、工藤監督なりの美学があったのでしょう。

    李大浩イデホ親日家

    李大浩選手は2015年シーズンは、
    現時点までにホームラン29本、打率.292、打点95と、
    チームの中でも素晴らしい数字を残してます。

    特に打点95は、李大浩選手よりも前に座る、
    柳田選手・内川選手の出塁率の恩恵が強いことでしょう。

    2012年シーズンから日本プロ野球でプレーする李大浩選手ですが、
    契約更新の際に、年俸にシビアな姿勢を見せたり、
    ファン的には日本が好きっていうよりも・・・という印象もあります。

    親日家のようなエピソードもたくさんありますが、李大浩選手の本心は不明です。

    個人的に李大浩さんは家族想いな選手なため、
    嫁や娘のために、日本に馴染もうと努力をしているようにも感じます。

    李大浩(イデホ)の親日家か?嫁と娘思いな優しい選手

    韓国時代の李大浩選手のあだ名は「大きな子供」。昔から、無邪気は発言や言動が多い選手だったみたいです。

    実は日本に来る前から来日していた噂もあり、てんぷらやガンダムが大好きとのエピソードもあります。

    また、WBCではイチロー選手に握手を求め深深くお辞儀したり、無邪気な一面を見せています。

    第三回WBCに日本が参加を表明したときには、
    李大浩さんはこのようなコメントを残してます。
    「当然だよ。日本は出るべきなんだ。 世界の中でもトップレベルの野球をする日本がWBCに参加しないなんて考えられないからね。」「やはり日本戦は、ほかのどの国と対戦するより特別なものだから、楽しみだよ」

    また、日本に来てオールスターに出場したときには、周囲の選手と楽しそうに談笑していたりと、とても馴染んでいました。

    そして、日本の球場設備の良さや、キャンプや練習の内容の素晴らしさについても言及しており、日本で野球をやれることを嬉しく思ってるようです。

    最近では福岡に賃貸の一軒家を借りたそうで、小さくでよくはしゃぐ娘のために、環境を整えています。

    李大浩嫁娘家族イデホ

    嫁のヘジュンさんに対して、昨年日本一になった後に、
    「妻や家族は1年間本当に苦労が多かった。」
    と、日本に来て、たくさんの苦労を乗り越えたことを語りました。

    そして、嫁のヘジュンさんは李大浩に対して
    「そばで見ていてかわいそうに思うこともあった」
    と家族のためにプレーする旦那に感謝する想いを述べてました。

    親日家なのか、そうでないか、という前に、
    李大浩自身が野球が大好きなのと、自分や家族のために、やるべきことをやっているだけの選手に思えます。

    李大浩のプロ通算成績と年俸。巨人やメジャーに渡る可能性。

    李大浩選手といえば、高年俸の選手として認知されてます。
    それは、オフの契約交渉での、年俸に対する姿勢がわかりやすいからです。

    現在の李大浩さんの年俸は5億。

    この年俸が日本での成績に、
    ふさわしいのか、そうでないのか、

    ちなみに李大浩さんの日本での通算成績(2012~14)

    打率.297、本塁打67、打点250、出塁率.371です。

    たった3年間(今年は含みません)でこの通算成績ですから、
    間違いなく、プロ野球界でもトップの数字です。

    李大浩年俸残留巨人メジャーイデホ

    しかし、5億というと・・・日本時代のイチロー、ダルや、
    全盛期のノリ、松中、城島選手たちと、ほぼ同額です。

    李大浩さんの5億は・・・ちょっと高いかもしれないです。

    韓国時代はメジャーからも注目されていたようですが、
    日本にきてしばらく、李大浩さんとメジャーの報道はありません。

    日本プロ野球入りが決まった当初は巨人なども候補にありましたが、
    結局入団したのはオリックスでした。

    また、オリックスから移籍する際には、ソフトバンクで決まりましたが、
    今年2015年いっぱいで契約は終了します。

    オフに李大浩さんがソフトバンクに残留するのか?移籍するのか?

    高い年俸の関係で、他の球団が手を出しにく状況でしょうが、また巨人が候補に挙げられそうです。

    現在の李大浩さんの年齢は33歳

    次なる複数年の高年俸は、球団からするとギャンブルかもしれません。

    おすすめの記事
    沢村栄治の孫の現在は?
    大昔の日本の大エースといえば沢村栄治が浮かぶことだろう、彼は戦時中に、不幸な最後を辿り、その血の繋がりは途絶えたように思われていた。しかし、当時26歳だった沢村には娘がいたのだ。 その沢村栄治の一人娘である美穂さんは今年で69歳になる。 自分の父のことは自慢のようで、これまでの人生で、 父の名前のおかげで良い想いをたく...
    大竹寛にラーメン禁止令!?広島でのブーイングは落ち着いたか・・・?
    大のラーメン好きで知られる巨人の大竹寛 投手。 ポコっと出たお腹が特徴的で、体重は95キロにもなるという。 そんな大竹寛 投手に、原監督から直々にシェイプアップが命じられたという。 大竹寛選手のラーメンマニアぶりはファンの中でも有名で、 それは広島カープにいた時代から続くそう・・・。 巨人に移籍して、東京都内の美味しい...
    攝津正が始球式のアイドルに無関心なのは嫁がいるから?FAでの去就(移籍?)が気になる!
    ソフトバンクにてイケメンエースとして活躍している攝津正投手。 かねてからのイケメン選手で、ソフトバンクファンの中でも女性ファンの多さはすごいです・・・。 そんな攝津正さんはすでに結婚を果たし、嫁さんがいるようですが、お相手が一般の方なので、顔は公表されていません。 攝津正がアイドルの始球式に興味なし・・・ ソフトバンク...
    GACKTのSMAPに対する発言が素敵!(ブログ&会見)台湾にいる妹的存在「まきよ」は彼女ではない・・・
    解散騒動もひと段落しているSMAPですが、 まだまだ関心度は高く、各界の著名人の見解が話題になることが多いです。 ジャーナリストやアナウンサーなど、 普段はそこまで発言が大きくならない方の言葉まで、 ツイッターなどで拡散が続いてます。 少しでも、メディアに関わる人間のSMAPに対する意見が知りたい・・・、 そんなことを...
    畠山和洋の素行は問題児クラスだった?嫁も年俸も充実し成功!
    ヤクルトのスラッガー畠山和洋選手。 畠山和洋選手は比較的に覚醒が遅い選手ではありますが、 それは、かつての素行を直した恩恵だと言われています。 畠山和洋さんは子供の頃からやんちゃな子で、 それは、中学、高校でも同じだったそうです。 噂では「野球をやる資格ない」と言われていたそうで、 野球はほとんど才能だけでやる、問題...
    中田翔の嫁は美人?写真が出回らないのはなぜか?
    中田翔は2012年1月11日に現在の嫁さんと入籍している。 当時就活生だった嫁に「働かんでえぇ」と一言、 そして結婚に至ったみたいです。 この嫁さんは中田翔と同じ大阪桐蔭出身で、 とても頭の良い生徒だったみたいで、 特定されている大学も、国内屈指のエリート大学です。 しかも、学生時代は学校のマドンナ的な存在で、 モデル...
    法政大学の菅野秀哉(小高工業)。ドラフトと完全試合の記憶
    現在、法政大学にて1年生の菅野秀哉投手。 高校時代は福島県の小高工業にてプロ注目の右腕でした。 菅野秀哉さんはまだ1年生ですが、 法政大学では将来のエース候補で、 この先、出場試合が増えるごとに話題になりそうです。 菅野秀哉さんがドラフトにて注目されるならば、 2018年になりそうです。 高校から大学に進路を決める間際...
    浅尾拓也と嫁さんの間に子供はいるのか、いないのか。
    球界で1番のイケメンのだと言われている中日の浅尾拓也。 芸能人顔負けのルックスを誇り、女性ファンの多さはまるでロックスターのよう。 浅尾拓也投手が結婚の発表をした際には、多くの方面から悲鳴が聞こえてきました。 浅尾拓也さんと嫁さんの間に子供はいるのか? これがすっごく気になるんですが、なかなか正しい情報がないのです。 ...
    福田聡志が例の問題の噂で戦力外?結婚して嫁と子供はいるのか?引退は・・・
    すでに巨人より来季構想外と噂されていた福田聡志さん。 なんと、今日になって、ある賭け事への関与が疑われているとニュースになっています。 福田聡志さんは希望枠からの巨人入団で、 背番号も当初「22番」をもらうなど期待が大きい選手でした。 また、福田聡志さんは一軍の試合に多く登板し、 巨人のリーグ優勝の立役者にもなっており...
    横浜隼人の水谷監督が再び甲子園へ導く日。メンバー(エース林俊太郎投手)とグランド整備のトンボ!
    2009年にまさかの神奈川から夏の甲子園の切符を手にした横浜隼人高校。 神奈川の予選では7試合中5試合が逆転での勝利で、まさにドラマのような優勝劇でした。 甲子園では初戦を難なく突破しましたが、 二回戦目で花巻東に惜しくも敗れてしまいました。 阪神タイガースのユニフォームそっくりなチームが、 まさかの戦国・神奈川からの...