巨人に2008年から7年間在籍していた隠善(いんぜん)智也選手が、
    今季2015年のオフに戦力外通告を受けていました。

    隠善智也戦力外通告トレード

    隠善智也さんは2軍生活の長い選手でしたが、
    ファームでは常に中心打者として活躍。

    2軍まで目を張っている巨人ファンの間では、
    隠善智也さんの認知度は高いことでしょう。

    そんな隠善智也さんも今年で31歳。
    正直、1軍で成果を上げないと難しい時期でした。

    隠善智也の戦力外はショック・・・?

    長く隠善選手を2軍で追っていたファンからすると、
    毎年、「今年こそ、今年こそ」ともどかしい気持ちで見守っていたことでしょう。

    ファームでは首位打者に輝いた実績もあり、
    いつ1軍でブレイクしても不思議ではない選手でした。

    しかし、今季2015年で、ついに戦力外通告・・・。

    今年度の姓さんの1軍成績は、
    3試合に出場して2打席で2安打と良い内容。

    「またまたこれから」と言われても説得力のある数字ですが、
    おそらく原辰則監督の辞任で、新体制を目指す巨人にあって、
    これまでと違った事情で評価され、戦力外に至ったことでしょう。

    姓の「隠善」の由来

    隠善智也さんといえば、名前の隠善(いんざん)が変わった名前だと言われてます。
    巨人への入団会見でも、自分の名前の珍しさについて触れていました。

    隠善智也さんは広島県東広島出身の選手で、
    出身中学から、高校、大学まで広島の選手です。

    姓の「隠善」の由来を調べてみると、
    やはり広島の東広島に集中して多い名前でした。

    ちなみに全国で100人もいない名前ということで、
    同じ名前の人は、隠善智也さんをひっそり応援していたことでしょう。

    隠善智也の嫁の真由美(麻由)さんが美しすぎる!

    隠善智也嫁麻由真由美

    隠善さんは2011年のオフに、
    元タレントで女優の麻由さんと結婚を果たしました。

    隠善さんの結婚を報じるにあたって、
    ほとんどが「真由美」という名前で報じてました。

    これは、実は「麻由」は芸名で、
    「真由美」のほうが本名だったから起きた現象のようです。

    おそらく、2011年の段階で、すでに芸能活動はやめており、
    隠善さんの嫁さんの名前を報じるにあたって本名の「麻由」のほうが適切だと思われたのでしょう。

    おすすめの記事
    ホームスチールとは?広島新庄が成功させた秘儀。プロ野球では新庄、六大では上本が成功例。
    足で相手守備をかき回す野球の強さは、ここ近年の高校野球のトレンドです。 特に「機動破壊」という信念の元、徹底した走塁術で甲子園を沸かせた健大高崎は良い例です。 野球の走塁術を簡単にイメージすると、 盗塁、ヒットエンドラン、バントエンドラン、スクイズ、 などがありますが、その中で難関だとも言われているのが、 「ホームスチ...
    中田翔の髪型とネックレスが改善されてる?私服から車まで私生活もイカしてる!
    現在プレミア12にて日本代表の6番打者として活躍してる中田翔選手ですが、この数日の試合は中田翔さんの決勝打やホームランが絡み、今や日本球界で最もホットな存在になりつつあります。 そんな中田翔さんは普段は日本ハムの4番。 大阪桐蔭からプロに入団少しの間はファームを行き来してましたが、 今季から完全なる覚醒を果たし、これか...
    澤村拓一は離婚して太った?かつての嫁の太らない料理と、澤村拓一の筋肉アップの二人三脚
    現在、巨人にて抑えに転向し活躍してる澤村拓一投手。 魅力の豪速球は健在でも、少し太った印象があるとファンに言われています。 澤村拓一さんはもともと太りやすい体質ではありますが、 シーズン中はわりとシュッとした体型でマウンドに立っていました。 「筋肉」に愛称で呼ばれるほど、 澤村拓一さんは筋力アップトレーニングを徹底して...
    沢村栄治の球速って結局何キロだったのか?
    日本球界屈指の速球王といえば、1934年に日米野球にてベーブルースらから三振を奪いまくった英雄、沢村栄治がいる。沢村が生きていた時代にはしっかりとしたスピードガンがなかったため、この沢村栄治の球速は正式に記録には残っていない。しかし、現代になって多くの専門家や野球人が、沢村の球速を予測するようになった。 日本では15...
    「運命よ、そこをどけ、俺が通る」MJの名言なのか?タイソンの名言なのか?
    この言葉自体は有名で多く使われてるが、 この言葉の発信はマイケル・ジョーダンなのか、マイク・タイソンなのか、 ネット上では意見が割れてる。 俺が分析するにはMJの可能性は低いと見る。 彼の言葉って弱者の視点に立ち「俺は特別じゃない、なぜなら・・・・」と丁寧で優しい語り口だ。 決して偉人ぶった発言はしない人。マイク・タ...
    サミーソーサのコルク事件と現在。マグワイアとホームラン成績を争ったのが全盛期!
    かつてはメジャーリーグで2度のホームラン王を獲得して世界的ホームランバッターであったサミーソーサ。 彼は2003年の6月のデビルレイズ戦で、折れたバットの中にコルクが発見され、主審から退場処分を受けた。 計7試合の出場停止になった後に、連日メディアで批判が続いた。 実際にバットにコルクを詰めても、スイングスピード自体は...
    畠山和洋の素行は問題児クラスだった?嫁も年俸も充実し成功!
    ヤクルトのスラッガー畠山和洋選手。 畠山和洋選手は比較的に覚醒が遅い選手ではありますが、 それは、かつての素行を直した恩恵だと言われています。 畠山和洋さんは子供の頃からやんちゃな子で、 それは、中学、高校でも同じだったそうです。 噂では「野球をやる資格ない」と言われていたそうで、 野球はほとんど才能だけでやる、問題...
    野間口貴彦(巨人)が引退!戦力外・・・。現在でも嫁さんとは仲良し!押切もえとの関係
    巨人に所属する野間口貴彦投手が現役引退を発表しました。 現在の野間口貴彦さんは32歳と、このままベテラン枠として巨人に貢献するとされていましたが、 1軍のマウンドになかなか立てない日々が続いていました。 かねての巨人の優勝には野間口貴彦さんの力も強く、 今回の引退発表は、ファン的に寂しいものでしょう。 野間口貴彦の引退...
    GACKTのSMAPに対する発言が素敵!(ブログ&会見)台湾にいる妹的存在「まきよ」は彼女ではない・・・
    解散騒動もひと段落しているSMAPですが、 まだまだ関心度は高く、各界の著名人の見解が話題になることが多いです。 ジャーナリストやアナウンサーなど、 普段はそこまで発言が大きくならない方の言葉まで、 ツイッターなどで拡散が続いてます。 少しでも、メディアに関わる人間のSMAPに対する意見が知りたい・・・、 そんなことを...