浦和学院にてイケメンキャプテンと評判の津田翔希選手。
    U-18では守備に打撃にチームに貢献し、ファンが激増しました!

    津田翔希兄和歌山

    小柄で細身ながらも、中距離打撃が魅力のようで、
    埼玉県大会では、味方に流れを呼び込むザ・キャプテンなバッティングを披露していました。

    U-18では打撃だけでなく、
    味方投手を援護する華麗な守備で、
    幾度も嫌なムードを一掃してくれました。

    そんな津田翔希さんは、
    お兄さんが元プロ野球選手の、
    「津田大樹」さんのようです。

    津田翔希の兄の津田大樹は元プロの実力!

    津田大樹さんは1989年とまだ若いですが、
    2009年の早い時期にプロを離れました。

    弟の津田翔希さんと同様に和歌山出身ですが、
    兄の大樹さんは岡山県の倉敷にいたそうです。

    高校では甲子園に出場してませんが、
    球速140キロ後半のストレートと高速スライダーが魅力の投手で、
    2007年のドラフト3位で日本ハムに入団したそうです。

    日本ハムでは1軍での試合はなかったそうですが、
    3位で入団しただけあって、その期待値は高かったみたいです。

    弟の津田翔希さんも野球センス抜群ということで・・・。
    才能溢れる兄弟だなんて、羨まし過ぎますね!

    津田翔希さんも、将来プロで活躍してほしいです。
    ちなみに、津田翔希さんが野球を始めたきっかけはお兄さんのようです。

    素敵なサクセスストーリーがあるもんです!

    津田翔希の進路は?Twitterで一時期トレンド化!

    津田翔希さんの進路を気にかける人は多いようですが、
    プロ注目といえども、高卒でプロに進む可能性は少なそうです。

    将来的には絶対にドラフト候補にあがる選手で、
    津田翔希さん自身もプロ志願書を出すでしょう!

    進路は大学なのか、社会人なのかわかりませんが、
    浦和学院にて甲子園にも出場してるので、
    有望な大学に進むことでしょう!

    津田翔希進路ドラフトTwitter

    津田翔希さんはU-18にて見事な守備を連発し、
    Twitterなどで代表戦を実況してたファンからは人気です!

    内野のポジションの攻守は、高校生らしい泥臭さもあり、
    元常葉菊川の町田さんの、第二の候補を探す人もいるでしょう。

    Twitterでは一時期、津田選手の名前が頻繁に上がり、
    「このままいけばトレンド化されるか?」と期待しちゃいました。

    おすすめの記事
    今宮健太のグローブのメーカー
    ここ最近ではすっかりとソフトバンクのショートレギュラーとして、 定着してつづある今宮健太。 ここ最近ではミズノから今宮健太モデルのグローブが発売されている。 しかし、実際に今宮健太が使用してるグローブはミズノではないと言われている。 今宮健太は昔から久保田のグローブを気に入っており、 プロでも、公式戦では久保田のグロー...
    日本のバスケ王国で開催!FIBAバスケットワールドカップ開催地はどこ?
    日本のバスケ王国で開催!FIBAバスケットワールドカップ開催地はどこ?
    2023年8月25日から全17日間の日程で、4年に一度のバスケットボールの祭典であるFIBAバスケットボールワールドカップ2023が開催されます。 今大会は3カ国共催となり、その一つが日本で、日本のバスケ王国で行われることが決まっています。地元の方々や日本全国のバスケットボールファンは、今から大会の開催を待ちわびていま...
    浦和レッズが決勝進出!アジアチャンピオンズリーグ(ACL)について
    浦和レッズが決勝進出!アジアチャンピオンズリーグ(ACL)について
    アジアチャンピオンズリーグ2022にて、浦和レッズが決勝進出しました! 浦和レッズは、これまでアジアチャンピオンズリーグで2度の優勝を果たしており、今回日本クラブ初である3度目の優勝をかけた試合となっており、日本中から期待が集まっています。そこで今回は、アジアチャンピオンズリーグについて解説していきたいと思います。 ア...
    松井裕樹がスライダー投げない理由。契約更新ではプレミア12は関係なし?彼女の存在とアナとの噂
    楽天にて守護神としてチームを支える松井裕樹投手。 高卒からの異例の早さでの抑え就任に、多くの野球ファンが松井裕樹さんに期待してることでしょう。 そんな松井裕樹さんが高校時代から投げている決め球が「スライダー」です。 独自の変化を持つスライダーに、高校時代は三振の山を築きました。 しかし、ここ最近の松井裕樹さんは、 その...
    常葉菊川の栩木捕手が好きだった
    かつて2007年の夏ベスト4の常葉菊川のベンチには1年生は栩木雅暢くんしかおらず、 2008年度の夏準優勝の正捕手は二年生になった彼の姿がいた。 自分の栩木選手のイメージは、彼が1年生でブルペンキャッチャーをしている時期がメインであった。 栩木選手は1年でベンチしていた時期にはほとんど試合に出ておらず、 監督に将来を...
    松井裕樹のスライダーはどれほど凄いのか?握り方や投げ方を検証!
    プロに入って早々プロの打者を空振りにとっている、 楽天に所属する松井裕樹投手。 松井裕樹投手の代名詞とも言われているのが、 縦に鋭く曲がるスライダーですね! 松井裕樹投手はこのスライダーを武器に、 高校時代は三振記録を塗り替え、 その後の高校生先発では世界のバッターを三振に仕留めてました。 プロに入ってそうそう、 ブル...
    大橋未歩と城石憲之が子供がいないまま離婚、そして再婚?年俸や年収は問題ない!
    元プロ野球選手の城石憲之さんと、 テレビ東京の人気アナウンサー・大橋未歩さんが離婚したそうです! 芸能界きってのおしどり夫婦の離婚に、 業界の関係者は驚いてるそうです。 大橋未歩さんと城石憲之さんは2007円に結婚。 結婚した後はブログにて仲の良い様子がアップされていました。 しかし、昨年(2015年)の春に離婚してい...
    天理のエース斎藤佑羽は身長166センチ!ケガ(骨折)からの復帰に期待
    先日、上田東高校の身長168センチのエース草海投手が、 日大宮城の試合に登板し、相手の強力打線をシャットアウト! 体の小さなエースが甲子園で躍動する姿に、多くの野球ファンが熱狂しました。 そして、奈良代表の天理高校にて、 さらに身長の小さなエースがいるのです。 その名は「斎藤佑羽」選手です。 身長はわずか166センチの...
    映画『KANO 1931海の向こうの甲子園』レビュー
    映画『KANO 1931海の向こうの甲子園』レビュー
    二宮和也が主演の映画『ラーゲリより愛を込めて』が公開されましたね。第二次世界大戦後のシベリアにて起こった実話が基になっている作品です。 この記事では『ラーゲリより愛を込めて』の公開にちなんで、日本統治時代の台湾の嘉義(かぎ)市に実在した、嘉義農林学校の野球部を描いた『KANO 1931海の向こうの甲子園』のレビューをし...
    バムガーナーはバッティングも魅力?打率が二刀流ばり!球速と変化球
    日本では日ハムの大谷翔平選手が二刀流選手として話題になっていますが、 実はメジャーでも、現役最高の二刀流と言われてる選手がいるのです。 それはサンフランシスコ・ジャイアンツに所属するマディソン・バムガーナー投手です。 バムガーナーといえば、ジャイアンツのエースとして活躍していますが、 実はバッティングセンスにも優れ、打...