今日ソフトバンクの松中信彦選手が約2年ぶりとなる7番DHでのスタメン出場を果たしました。
    第一打席は初球ライトフライ、第二打席は一二塁のチャンスにて三振、第三打席はセカンドフライでした。

    松中信彦今季初先発スタメン引退試合

    引退疑惑が続いてるも、引退公表はされていない松中信彦さん。
    最近1軍に戻り、「もしかして引退試合への布石?」と思っていました。

    今日の3打数無安打は、今後の起用にどう響くのか?
    今後の松中信彦さんの引き際の難しさが深刻になっています。

    松中信彦の引退試合はいつになるのか?

    今年のソフトバンクホークスは劇的に強く、
    特に柳田・内川・イデホ・松田が並ぶ打線は破壊力抜群で、
    最終的にはぶっちぎりのスピードでリーグ優勝を果たしました。

    それも、今年だけでなく、昨年2014年も松中信彦さんの力なしで優勝・・・。
    松中信彦さんが不振になり始め、2軍暮らしが長くなった当初と違い、ファンの関心や心配が遠くなっているように感じます。

    ただ、誰もが思うのは、綺麗な引退をしてほしい選手。
    城島選手と小久保選手ともに優勝を果たした時代の松中信彦さんを知る人は、少なくともそう思うはずです。

    今年の残りの消化試合の中で松中信彦さんを引退させるのか、
    また、クライマックスまで1軍入りで、そこで引退されるのか、
    常勝軍団にあって、尊いベテラン選手の引き際は難しいです。

    個人的にはクライマックスまで1軍にいてほしいですが・・・。

    松中信彦の問題行動と工藤監督との関係

    かつて松中信彦さんは秋山監督時代に、
    試合前に「代打はない」と言われたのにも関わらず、
    いきなり代打に送り出されたことに不満を持ち、
    そのシーズンの優勝セレモニーをボイコットしたと問題になりました。

    このことは「問題行動」とみなされ、監督から2軍行きを言い渡されたそうです。
    後に松中信彦さんは
    「問題は優勝セレモニーに出なかったのが一番。
    監督、チームメート、ファンに迷惑をかけたのは事実。
    意識を高めて若手の見本になれるように頑張ります」と話していました。

    また今年からソフトバンクの監督を務める工藤公康さんは、
    監督に就任する直前のラジオ解説にて、
    松中信彦さんの走塁に痛烈なダメ出しをしていたそうです。

    松中信彦工藤監督問題行動

    先日の松中信彦さんの1軍昇格の際には、工藤監督は、

    「上げるからには戦力として出てもらう。代打か指名打者として。 」
    「(左肩痛で)守れないし(練習で)みんなが守っている時は、外野でランニングだよ。」
    「遊びに来るのではない。あの人だけ特別というのは違う」

    と松中信彦さんを特別扱いする気はゼロの発言と、
    松中信彦さんを「あの人」という形容をし、話題になりました。

    ただ、守備や走塁での貢献度が低い分、その打撃を見定める目は厳しいようです。

    工藤監督と松中信彦さんはかつて共にプレーした仲で、
    かわいい後輩なのには違いない思いますが、
    アメとムチをうまく使ってるのかもしれません。

    おすすめの記事
    松井裕樹がスライダー投げない理由。契約更新ではプレミア12は関係なし?彼女の存在とアナとの噂
    楽天にて守護神としてチームを支える松井裕樹投手。 高卒からの異例の早さでの抑え就任に、多くの野球ファンが松井裕樹さんに期待してることでしょう。 そんな松井裕樹さんが高校時代から投げている決め球が「スライダー」です。 独自の変化を持つスライダーに、高校時代は三振の山を築きました。 しかし、ここ最近の松井裕樹さんは、 その...
    三浦大輔にとっての娘の存在。2015年の成績を予想!
    ツッパリの象徴リーゼントヘアーをトレードマークに、 「ハマの番長」の愛称で呼ばれている三浦大輔選手。 実は横浜というチームに誰よりも愛着を持っており、 ファンのためになら何でもしたいと思うような、 横浜にとっては仏様のような存在で知られている。 そんな三浦大輔には年頃の娘がいるというのだが、 ここ最近、自分のブログに「...
    柳田悠岐の怪我の状態は?状況は悪くないよう
    ロッテ戦にてイ・デウン投手の148キロの直球を膝裏に受けていた柳田悠岐選手。 デッドボールを受けた当初の柳田悠岐さんは、その場で立てなくなり、関係者に肩をもたれてそのまま負傷交代していました。 その試合以降の柳田悠岐さんは欠場が増え、 ベンチにすら入っていなかったため、ファンの心配はピークに達していました。 しかし、柳...
    桜井俊貴の肌は縁起が良い?エースの顔つきで球速MAX150キロ!プロフィールでは吉田(青学)ほど注目されてなかった?
    立命館大学の所属する桜井俊貴投手。 今年度2015年のドラフトで、見事に1位指名で巨人への入団が決定しました! 桜井俊貴さんを獲得した当初のファンのリアクションは低かったものの、 ドラフト直後の神宮大会にて18奪三振で大会タイ記録。 巨人ファンへのあいさつ代わりにでもなるような、 そんな圧巻の奪三振ショーで完封勝利を遂...
    岸孝之の復帰とおしゃれな私服。嫁さんが美人!
    現在、左脇腹炎症でチームを離脱してる岸孝之。 西武ではエース的存在で、彼の離脱はチームにとってマイナスである。 岸孝之投手は、昨年の日米野球に選出された直後の、 10月後半に、左脇腹に違和感を覚え、参加を辞退した。 そんな岸孝之投手が、5月以降に復帰すると最新ニュースで伝えられている。 現在のチーム状況的に、 岸孝之さ...
    大田阿斗里がオリックスの入団テストへ!これまでは過大評価だった?遅刻の噂や球種と年俸。嫁の名前は?
    昨年に横浜DeNAを戦力外になっていた大田阿斗里投手が、 これから控えるオリックスの入団テストを受けることがわかりました。 大田阿斗里さんは横浜を戦力外になったオフには、 合同トライアウトに参加し、メジャー傘下のテストも受けていました。 オリックスのテストまで受けるということは、 これまでのは全て不合格だったということ...
    天理のエース斎藤佑羽は身長166センチ!ケガ(骨折)からの復帰に期待
    先日、上田東高校の身長168センチのエース草海投手が、 日大宮城の試合に登板し、相手の強力打線をシャットアウト! 体の小さなエースが甲子園で躍動する姿に、多くの野球ファンが熱狂しました。 そして、奈良代表の天理高校にて、 さらに身長の小さなエースがいるのです。 その名は「斎藤佑羽」選手です。 身長はわずか166センチの...
    ジョックロック(智弁学園・和歌山の魔曲)の原曲。楽譜がなく高校野球の応援歌として真似できない?
    智弁学園と智弁和歌山の応援は毎年激アツです。 スタンドを埋め尽くす応援団の声と、チアのスキルの素晴らしさ。 個人的には千葉の習志野高校に負けないほど、 智弁は甲子園を揺らす応援団を抱える魔物だと思います。 そんな智弁の代名詞ともなっているのが、 「魔曲」と評される「ジョックロック」です。 このジョックロックが流れ出した...
    元常葉菊川の町田友潤は現在は、ヤマハを最後に引退。
    常葉菊川の町田友潤くんといえば、 高校野球を愛する多くの人が知っていることだろう。 2007年度は2番バッターとしてチーム起動の中心におり、 春の甲子園では優勝、夏の甲子園ではベスト4までいった。 3年生が引退した後も、秋の神宮大会で、決勝で横浜を下し優勝。 さらに、春の甲子園でも明豊高校の今宮を攻略し、夏の甲子園では...
    木村昇吾(広島)がFA権行使!(同期には巨人の村田)。嫁も子供もいる強肩は魅力の選手!
    広島カープに所属する木村昇吾選手が、 取得したFA権を行使するとニュースになっています。 現在、35歳になる木村昇吾さんは1980年生まれ。 遅咲きの松坂世代として知られてました。 今になって、木村昇吾さんのFAの行使は意外な選択らしく、 多くの方がカープにてゆっくりと引退していく姿を想像していたことでしょう。 木村昇...