昨年2015年まで在籍していた広島カープから西武ライオンズに移籍した木村昇吾選手。
    プロ入り14年目の木村昇吾さんは35歳。お世辞にも若い選手でもないです・・・。

    2003年から横浜に入団し、そこから2008年かエア広島で長年プレーしていました。
    木村昇吾さんを知る長年のファンからすれば、この時期での移籍には驚いたことでしょう。

    木村昇吾の年俸推移と家族

    木村昇吾さんは長年広島に必要にされていた選手です。
    シュアなバッティングと、どこでも守れるユーノリティなプレーヤー。
    ある意味、過去に在籍していた木村拓也選手に似ていますね!

    派手さはないですが、ファンにとって木村昇吾さんの存在は大きく、
    今回の移籍劇は、多くの方がショックを受けたことでしょう。

    そんな木村昇吾さんの年俸推移さんを振り返ってみましょう!

    木村昇吾西武移籍人的補償FAランク

    2015年 4100万円 広島東洋カープ
    2014年 3100万円 広島東洋カープ
    2013年 2800万円 広島東洋カープ
    2012年 2800万円 広島東洋カープ
    2011年 1900万円 広島東洋カープ
    2010年 1400万円 広島東洋カープ
    2009年 1300万円 広島東洋カープ
    2008年 900万円 広島東洋カープ
    2007年 840万円 横浜ベイスターズ
    2006年 660万円 横浜ベイスターズ
    2005年 680万円 横浜ベイスターズ
    2004年 680万円 横浜ベイスターズ
    2003年 600万円 横浜ベイスターズ

    こうやって見てみると、ベテランになるにつれて年俸が上がっていってるのがわかります。
    ある意味、広島の中でも順調に年俸が上がっていってる選手の一人だったのです。

    今回、木村昇吾さんが広島を出るということで、
    家族のことを考えても、心配する声が多くありました。

    ただ、木村昇吾さんの意思を尊重した家族は素敵で素晴らしく思います。
    この先の木村昇吾さんの野球人生は、そんな家族に支えられたモノになっていくことでしょう!

    木村昇吾のFAランクと「セルフ戦力外」とは?人的補償は発生せず

    木村昇吾さんは昨年2015年の11月10日に海外フリーエージェントの行使を発表しました。
    35歳までカープに在籍していた木村昇吾さんは、この先もカープで野球人生を終えると思われていたので、球界は衝撃を受けました。

    その際、球団は木村昇吾さんと再契約を望まなく、あれこれ結果的に「セルフ戦力外」となりました。
    木村昇吾さんのFAランクは「Cランク」と、その後西武に移籍しても、人的補償は発生しませんでした。

    木村昇吾年俸推移家族セルフ戦力外

    また、広島時代は年俸4000万を突破していましたが、
    西武にテスト入団を通って入団した木村昇吾さんは、
    最終的に広島時代を大幅に下回る年俸となりました。

    それでも木村昇吾さんは、
    「思い切って野球ができる幸せ、ありがたい気持ちでいっぱいです」
    と語り、心境の変化に関しては、
    「自分を高めるために練習をする。やることは変わらない」

    と、ハングリーな気持ちを持って、新しいチームに挑む志を示しました。

    もう、35歳とプロ野球選手として人生も終盤に近づいてる木村昇吾さん。
    きっと、心の中で、新天地を望み、最後に大きな思い出を作ることを望んでいるはずです。

    ある意味、ベテランになってから巨人に移籍した木村たくや選手にそっくり。
    野球人生の最後も、木村たくやさんとと同じく、多くの野球ファンに惜しまれる引退を行うことが予想できます。

    しかし、木村昇吾さんが引退したとしたら、当然コーチのオファーもあると思いますが、
    果たして、どこの球団に入るのか?

    また現役の選手ですか、この先の未来予想図が面白い選手だと思います。

    おすすめの記事
    横浜創学館(神奈川)野球部メンバーと監督。OBに秋山と二宮和也の・・?軟式も超強豪!
    神奈川の高校野球にて、 常に ベスト8に食い込む実力を持つ創学館。 スポーツ全般が強いイメージがありますが、 当然、創学館は野球部も強いです! しかし、例年、甲子園に行けそうで行けない・・・、 向上・立花・相洋と比較すれば、 近年、頭一つ出た存在感を示しているのですが。 横浜創学館のメンバーと監督について調べてみました...
    岡大海は大学時代の乱闘で素行が疑問視されるが実は天然さん!応援歌のファンファーレは「エースをねらえ!」
    かつて明治大学時代は「大学No. 1野手」と話題になった岡大海選手。 岡大海選手は2013年にドラフト3位で日本ハムに入団しました。 高校は岡大海さんの地元岡山県の倉敷商高で、 投打ともにチームをひっぱり、高校を甲子園に導きました。 自分の岡大海さんの高校時代の印象は、 常葉菊川と倉敷商の対戦で、 相手(常葉)のセカン...
    大嶺祐太が彼女の「琴菜」と結婚へ!年俸もこれからアップへ!ヤンキーだったという噂は・・・?
    千葉ロッテに所属する大嶺祐太投手が、 歌手でDJの琴菜さんと結婚を予定してるようです! 大嶺祐太さんと琴菜さんは長年の恋人関係にあり、 10年以上も彼女として大切にしてきてるようです。 プロ野球選手がまだ結婚をしてない段階で、 結婚宣告をするのは珍しいことで、 彼女が歌手でDJというファジーな部分が生んだ、不思議な話題...
    二保旭が契約更改で年俸4倍(2015年〜2016年)。嫁と子供に感謝!父親の噂は?
    ソフトバンクに在籍する二保旭投手。 今年25歳と若い投手ですが、今季まで1軍勝利はなく、 まさに崖っぷち状態でした。 そんな二保旭さんは今季2015年には、 6勝1敗5ホールドの好成績を残し、 このオフの契約更改では、年俸が一気に跳ね上がりました! 二保旭さんのこれまでの年俸は750万でしたが、 まさかの4倍増の300...
    隆乃若の父は元ヤクルトの尾崎亀重氏。現役時代はどのような選手だったのか?
    元大相撲力士で、現在タレントの隆乃若さん(尾崎勇気)。 身長190センチと恵まれた身長に、端正な顔立ちが「イケメンだ!」と人気です。 そんな隆乃若さんの、最近多い話題は、父の尾崎亀重さん。 なんと、父親の尾崎亀重さんは、ヤクルトの所属していたプロ野球選手だったのです! 隆乃若の父の元プロ野球選手の尾崎亀重氏(元ヤクルト...
    馬原孝浩が現役引退へ。オリックス退団後の去就は中日か阪神の獲得かで噂されていたが・・。通算成績は182セーブ
    今季限りでオリックスを退団していた馬原孝浩投手ですが、 なんと、現役引退が温厚なことが、関係者が明らかにしてます。 今年2015年の馬原孝浩さんは怪我と不調に苦しみ、 オフの年俸提示額が1億3500万からの40%以上の減額で、 馬原孝浩さんは自由契約の道を選んでました。 現在の馬原孝浩さんは34歳と、 まだ、もうひと絞...
    勝俣翔貴のドラフト評価。箱根出身で中学時代のシニアは?Twitterではファン多し!
    U-18も大会終盤、多くの方が今年の日本代表の初優勝を間違いないものと見てます。 そんなU-18日本代表の中でも、 大会の中で注目度は高まったのが勝俣翔貴選手です。 勝俣翔貴さんは東海大菅生高校(東京)の投打に活躍した選手です。 今年の夏の甲子園に出場ならず、地方大会でもオコエと清宮に埋もれて注目度は低かったのです。 ...
    呉高校野球部(選抜甲子園)の中村信彦監督。メンバーの出身中学(池田投手)と主将
    広島代表として初出場を決めた、 呉高校野球部ですが、 この2017年の春選抜の、 ダークホースになりかねない存在です! 近年では広島代表からは、 広島新庄が快進撃を見せ話題になりました。 そして、広島カープの奮闘してきており、 この初で呉高校や甲子園で活躍すれば、 広島県内での野球人気はさらに高まることでしょう。 そん...
    中島裕之が結婚!相沢紗世はすでに出産したが、結婚の決断は遅かった・・。対談からのなれそめは事実だった?
    中島裕之選手と相沢紗世さんが、ようやく結婚を果たしていたようです。 昨年メジャーから帰り、現在オリックスでの日本復帰を果たしていた中島裕之選手。 相沢紗世さんとの交際はオリックスと契約する前が噂になっており、今回の結婚の報道は、多くの方が「本当に相沢紗世が彼女だったのか」と実感したことでしょう。 結婚に至るまでに中島裕...
    大竹寛にラーメン禁止令!?広島でのブーイングは落ち着いたか・・・?
    大のラーメン好きで知られる巨人の大竹寛 投手。 ポコっと出たお腹が特徴的で、体重は95キロにもなるという。 そんな大竹寛 投手に、原監督から直々にシェイプアップが命じられたという。 大竹寛選手のラーメンマニアぶりはファンの中でも有名で、 それは広島カープにいた時代から続くそう・・・。 巨人に移籍して、東京都内の美味しい...