今日、甲子園にて宮崎代表の宮崎日大に勝利、
    甲子園の初戦を突破した長野代表の上田西野球部

    上田西高校野球部メンバー

    上田西のエース・草海が宮崎日大打線を封じ込め、
    今期の夏の甲子園の完封1番乗りを果たしました。

    今日の対戦相手の宮崎日大は、
    試合が始まる前から、榊原監督が話題で、
    今大会のダークホースになると思っていたので、
    今日の上田西のエース草海投手による完封試合にはびっくりしました。

    上田西は序盤に先制点を入れ、
    そのままペースを終盤まで保持、
    見事な試合だったと思います。

    上田西の草海の球速と中学時代

    草海光貴投手は若干168センチの身長ですが、
    今日最速143キロもの球速のストレートで、グイグイと宮崎日大を抑え込みました。

    しかも、草海投手は若干2年生と経験が浅いにも関わらず、
    堂々としたマウンドさばきで、甲子園の舞台で躍動しました。

    上田西野球部草海球速中学

    草海くんはスライダーが得意球で、
    伸びのあるストレートとうまく組み立て、
    打者のタイミングをずらす投球術も絶賛されています。

    さらに、草海くんは投球フォームが美しく
    今日の試合をみた、多くの方が、
    「ピッチャーの理想的なフォーム」と惚れ惚れしていました。

    ただ、投げるだけでなく、
    守備のフィールディングもうまく
    今大会屈指の、安定した投手といえるでしょう!

    ちなみに草海投手の出身中学は更北中学で、
    兄貴も元高校球児で、弟さんを懸命に応援しているとか。

    草海投手はイケメンと評判なので、
    ツイッターでの女性の反応が面白いですね!

    上田西野球部メンバーの出身中学

    上田西野球部は、ほとんどの部員が県内組で、
    県外からの特待生はいないようです。

    とくに、主力選手の何人かが、
    「上田」の付く名前の中学出身で。
    県内の中でも、超地元の選手が集まってるようです。

    上田西高校野球部出身中学

    しかも、同校の監督である原さんも上田高校出身の方のようで、
    思いっきり地元パワー全開のチームということがわかります。

    長野県代表のチームが甲子園大会で活躍光景は、
    ここ数年見れないので、上田西への期待は大きいみたいです。

    まるで2007年の佐賀北のように、
    ハングリーなままに、全国の強豪を倒して、
    大会の頂点に立ってほしいと思います。

    左打者が多いチームで、機動力が持ち味で、
    とくに一番の河野選手を塁に出すと厄介です。

    基本的な野球を徹底したチームが、
    大会注目のスター軍団を倒す光景を、
    甲子園では何度もみてきてます。

    上田西には、それと同じドラマを期待しちゃいます。

    おすすめの記事
    アレックス・カブレラの現在は筋肉ドーピング疑惑で獲得球団がない?モデルガン乱射事件!(笑)
    西武にて7年間、オリックスにて3年、ソフトバンクにて2年間プレーし、 2002年には王さんのホームラン記録55本に並んだことで知られるアレックス・カブレラ選手。 その日本で12年間プレーし、残した通算ホームラン成績は357本と規格外の活躍をした。 アレックス・カブレラはベネゼエラ出身の選手して知られ、 メキシコリーグ、...
    浦和レッズが決勝進出!アジアチャンピオンズリーグ(ACL)について
    浦和レッズが決勝進出!アジアチャンピオンズリーグ(ACL)について
    アジアチャンピオンズリーグ2022にて、浦和レッズが決勝進出しました! 浦和レッズは、これまでアジアチャンピオンズリーグで2度の優勝を果たしており、今回日本クラブ初である3度目の優勝をかけた試合となっており、日本中から期待が集まっています。そこで今回は、アジアチャンピオンズリーグについて解説していきたいと思います。 ア...
    清水次郎が教師転身!(小中高どこの学校先生?)嫁と子供。巨人阪神ファン?鶴岡へのヒーローインタビュー。「そうですね」は終了・・
    野球中継に欠かせない逸材であった清水次郎さん。 これまでにテレビにラジオに高校野球に、実況中継の顔として重宝されていました。 そんな清水次郎さんがなんと、 今年の6月を目安に退社し、 学校の教師への転身を目指すことがわかりました! あれだけ野球が好きで、 野球に関わる立場にいて、 まさかここに来ての転身・・・。 もしか...
    上重聡の退社報道否定。安座間美優と破局の理由は?(メレンゲ・行列・画像)森との関係
    遥か昔にPL学園のエースとして、 横浜高校の松坂大輔投手と、 対等に投げ合った上重聡さん。 そのPLのエースが、 日本テレビで人気アナになる未来なんて、 当時は誰も想像もしてなかったでしょう。 現在の上重聡さんは、 男性アナウンサーの中でも、 もっともイケメンとして評価され、 当然ながら、女性からの人気が高いです。 そ...
    クロマティの現在。乱闘と敬遠サヨナラ打の伝説!成績は巨人助っ人史上最強?
    かつて巨人にて助っ人選手として活躍していたウォーレン・クロマティ選手。 クロマティは現在でも古くからの巨人ファンに愛され、その知名度は衰えてません! クロマティが巨人で活躍したのは1984年から1990年。 巨人退団後のメジャー復帰後は、ロイヤルズで1年だけプレーしました。 そんなクロマティは現在では61歳! 現在はど...
    菅野智之が嫌いになれない理由。好き嫌い分かれてこそ巨人のエース!
    巨人の将来のエースになると言われている菅野智之投手。 世間では一浪してまで、巨人への入団にこだわった経歴が有名です。 菅野智之投手は25歳にして年俸1億をもらうまでになり、 1年目で13勝、2年目で12勝と、巨人に入団してから好成績を残し続けています。 昨年2014年と、今年2015年の巨人の開幕投手を任されるほど、 ...
    落合博満の伝説と好きな名言たち。現在でも落合博満が伝説であり続ける理由
    球界関係者や野球ファンにとって、 落合博満氏は好き嫌いがハッキリと分れる男。 落合博満さんは残した通算成績もすごいが、 プレー以外にも行動や言動が、 今でも伝説として残されている。 野球ファンに限らず、 普通の仕事をしてる人の中でも、 落合博満さんの言葉や行動に共感し、 良いバイブルとなっている人は多いだろう。 今日は...
    サミーソーサのコルク事件と現在。マグワイアとホームラン成績を争ったのが全盛期!
    かつてはメジャーリーグで2度のホームラン王を獲得して世界的ホームランバッターであったサミーソーサ。 彼は2003年の6月のデビルレイズ戦で、折れたバットの中にコルクが発見され、主審から退場処分を受けた。 計7試合の出場停止になった後に、連日メディアで批判が続いた。 実際にバットにコルクを詰めても、スイングスピード自体は...
    呉高校野球部(選抜甲子園)の中村信彦監督。メンバーの出身中学(池田投手)と主将
    広島代表として初出場を決めた、 呉高校野球部ですが、 この2017年の春選抜の、 ダークホースになりかねない存在です! 近年では広島代表からは、 広島新庄が快進撃を見せ話題になりました。 そして、広島カープの奮闘してきており、 この初で呉高校や甲子園で活躍すれば、 広島県内での野球人気はさらに高まることでしょう。 そん...
    肘井竜蔵の顔面死球と父親。北条の捕手としての期待。(出身中学は?)
    千葉ロッテマーリンズの期待の若手・肘井竜蔵選手。 肘井竜蔵さんは2013年に育成ドラフト1位でロッテに入団しました。 肘井竜蔵さんは育成選手ながらも、 1年目から1軍に絡む話題を集め、ファンからは将来が期待されていました。 そんな肘井竜蔵さんは昨年2015年は開幕から1軍でスタートし、 日ハムとの開幕戦では、相手先発の...