かつて明治大学時代は「大学No. 1野手」と話題になった岡大海選手。
    岡大海選手は2013年にドラフト3位で日本ハムに入団しました。

    岡大海素行

    高校は岡大海さんの地元岡山県の倉敷商高で、
    投打ともにチームをひっぱり、高校を甲子園に導きました。

    自分の岡大海さんの高校時代の印象は、
    常葉菊川と倉敷商の対戦で、
    相手(常葉)のセカンド町田選手の好守備に苦戦している姿です。

    それでも岡大海さんは打球が早く、
    常葉の投手陣を苦しめていました。
    当時ながら「この岡くんって選手だけ、他の選手と全然と違う!」と注目していたのです。

    岡大海選手は高校時代からプロに注目されていましたが、
    直でプロには行かず、野球の名門明治大学に進学してました。

    その明治大学での活躍には、正直驚きでした・・・、
    投げては150キロを超え、打ってもすごい。

    岡大海の大学時代の乱闘は有名だが、素行は?

    岡大海さんは大学時代に、
    アメリカの大学選抜との対戦に、
    日本のの大学の選抜として選ばれ出場しました。

    そこで、岡大海さんは、
    相手投手に続けて危険な球を投げられ、
    体の部分に当てられたときには、(デッドボール)
    ヘルメットを地面に叩きつけ、
    両軍が集まる乱闘のような騒ぎになってしまったのです。

    岡大海乱闘

    岡大海さんの行為に相手選手は触発され、
    試合の合間で、かなりやりあってるイメージでした。

    大学では、なかなか乱闘というのは見れないので、
    当時は動画サイトで、
    その岡大海選手のシーンがたくさん視聴されました。

    それだけ気持ちの入る選手ということで、
    個人的には、「岡くんすごい!」と感動したのを覚えてます。

    しかも、実際は乱闘というほど乱闘でもなく、
    岡大海さんよりも、相手がずっと引っ張ってる感じでした。

    きっと、野球には熱くても、
    冷静な判断のできる選手だったのでしょう。

    しかし、その乱闘っぽい騒ぎがあってからか、
    岡大海さんの素行に疑問視する人が多くいたのです。

    実際に岡大海さんの素行はそこまで悪くなく、
    プロに入ってからは「天然キャラ」として可愛がられてます。

    その天然ぶりから「糸井2世」とも呼ばれ、
    将来が期待されています。

    昨日の試合では大谷翔平と岸投手の、
    長くも緊張感あふれる投手戦にて、
    決勝点となるスクイズを成功させました。

    あのような場面で、スクイズを成功させる根性も、
    岡大海さんの気持ちの強さや、天然な性格が功を奏したのかもしれません。

    これからが本当に楽しみな選手だと思います。

    岡大海の応援歌は「エースをねらえ」。ファンファーレ

    岡大海さんは今年(2015)の交流戦あたりから、
    応援歌が「エースをねらえ」のアレンジが使用され話題になりました。

    このようなアレンジはプロ野球でも珍しいので、
    エースがねらえが好きな人や、
    プロ野球の応援歌やファンファーレが好きなマニアが絶賛されているのです。

    ただ、なぜ岡大海選手に対して、
    エースをねらえのテーマなのか・・・?

    実は「エースをねらえ」の主人公の、
    「岡ひろみ」さんと、岡選手の名前が一緒なのです!

    これは面白いアレンジですね!
    最近の日本ハムは杉谷選手いじりなど楽しいパフォーマンスが多くて良いですね。
    この先も、日本ハムが日本野球界を盛り上げてくれそうです!

    おすすめの記事
    平塚学園野球部のメンバー(出身中学)。上野監督から八木監督へ。熊谷拓也(法政)はドラフトされる?
    全国的には無名でも、 神奈川では無類の強さを誇る平塚学園。 地元では「平学」の愛称で親しまれ、 ここ数年は安定して地区予選ベスト4に食い込んでます。 力をつけてきてる平塚学園野球部ですが、 横浜、相模、桐光学園とランバルは常に多い・・。 戦国神奈川の中でも、 平塚学園の調子が良いのか悪いのか、 それだけで大会全体の印象...
    横浜隼人の水谷監督が再び甲子園へ導く日。メンバー(エース林俊太郎投手)とグランド整備のトンボ!
    2009年にまさかの神奈川から夏の甲子園の切符を手にした横浜隼人高校。 神奈川の予選では7試合中5試合が逆転での勝利で、まさにドラマのような優勝劇でした。 甲子園では初戦を難なく突破しましたが、 二回戦目で花巻東に惜しくも敗れてしまいました。 阪神タイガースのユニフォームそっくりなチームが、 まさかの戦国・神奈川からの...
    橋上秀樹が退団。戦略コーチとしての年俸は?麻生太郎と似てる・・・
    今季2015年の楽天にてヘッドコーチを任されていた橋上秀樹さん、今日付けで楽天を退団したようです。 今シーズンが始まる前から、大久保監督に関して賛否はあったものの、橋上秀樹さんのヘッドコーチ就任はファンにも期待されており、今日の退団劇は、橋上秀樹さんだけ「?」と思うような事態です。 もともと橋上秀樹さんは巨人時代から「...
    澤村拓一は離婚して太った?かつての嫁の太らない料理と、澤村拓一の筋肉アップの二人三脚
    現在、巨人にて抑えに転向し活躍してる澤村拓一投手。 魅力の豪速球は健在でも、少し太った印象があるとファンに言われています。 澤村拓一さんはもともと太りやすい体質ではありますが、 シーズン中はわりとシュッとした体型でマウンドに立っていました。 「筋肉」に愛称で呼ばれるほど、 澤村拓一さんは筋力アップトレーニングを徹底して...
    吉川大幾の素行は巨人で変わった?PL出身の意地でファインプレー!動画が人気。
    大阪の名門PL学園から2010年にドラフト会議にて中日に入団した吉川大幾選手。 中日に入団した当初は、中日の名手立浪和義がつけていた背番号3を継承するなど、首脳陣に多いに期待されていた。 そんな吉川大幾選手だが、なかなか1軍に定着することなく、 2軍生活を長く続け、2012年にスイッチヒッターに挑戦するなど、 いろいろ...
    横浜創学館(神奈川)野球部メンバーと監督。OBに秋山と二宮和也の・・?軟式も超強豪!
    神奈川の高校野球にて、 常に ベスト8に食い込む実力を持つ創学館。 スポーツ全般が強いイメージがありますが、 当然、創学館は野球部も強いです! しかし、例年、甲子園に行けそうで行けない・・・、 向上・立花・相洋と比較すれば、 近年、頭一つ出た存在感を示しているのですが。 横浜創学館のメンバーと監督について調べてみました...
    小久保監督の采配。2つの「なぜ?」。無能でも下手でもない!批判はあっても辞任も解任もない。責任感の強い侍。野村さん的にはミス?
    プレミア12にて侍ジャパンの監督を任されている小久保裕紀さん。 選手としては偉大な方だというのは、世間の野球ファンの誰もが知っていることですが、監督としてはまだまだキャリアはありません。 小久保裕紀さんの監督としての采配は、今はまだデータが少なく、具体的にどのような特徴を持った采配なのかは不明でした。 しかし、今回のプ...
    冨田真由はAKBではない!wikiはないがフォーゼに出演。トッキュウジャーやゴーバスターズは未出演。彼氏の存在は?
    アイドルと言われる女性が、 路上でファンに傷害されるという、 衝撃的な事件が起きてしまいました・・・。 そのアイドルの名前は、 冨田真由さんといいます。 無名アイドルだったせいか、 メディアは「アイドルの女性」と報道。 一瞬、 「え?知ってるアイドルだったどうしよう・・・」 と不安に思った人も多いでしょう。 し...
    サミーソーサのコルク事件と現在。マグワイアとホームラン成績を争ったのが全盛期!
    かつてはメジャーリーグで2度のホームラン王を獲得して世界的ホームランバッターであったサミーソーサ。 彼は2003年の6月のデビルレイズ戦で、折れたバットの中にコルクが発見され、主審から退場処分を受けた。 計7試合の出場停止になった後に、連日メディアで批判が続いた。 実際にバットにコルクを詰めても、スイングスピード自体は...
    元常葉菊川の町田友潤は現在は、ヤマハを最後に引退。
    常葉菊川の町田友潤くんといえば、 高校野球を愛する多くの人が知っていることだろう。 2007年度は2番バッターとしてチーム起動の中心におり、 春の甲子園では優勝、夏の甲子園ではベスト4までいった。 3年生が引退した後も、秋の神宮大会で、決勝で横浜を下し優勝。 さらに、春の甲子園でも明豊高校の今宮を攻略し、夏の甲子園では...