野球中継に欠かせない逸材であった清水次郎さん。
    これまでにテレビにラジオに高校野球に、実況中継の顔として重宝されていました。

    そんな清水次郎さんがなんと、
    今年の6月を目安に退社し、
    学校の教師への転身を目指すことがわかりました!

    あれだけ野球が好きで、
    野球に関わる立場にいて、
    まさかここに来ての転身・・・。

    もしかして、高校の教師になって、
    高校野球の監督にでもなりたいのか?と思いました。

    清水次郎が目指すのは中学・高校の教師。甲子園であった人と先生と青春

    清水次郎教師転身嫁子供家族小中高先生画像

    早稲田大学を卒業し、社会人になったあともアナウンサーとして活躍、
    清水次郎さんの器用であれば、教師の道も不可能性ではないです。

    しかし、清水次郎さんは早稲田時代に教員免許を取っていなかったため、
    2011年から通信教育で中学と高校の教職課程を学び、
    4年をかけて教員免許を取得したのです。

    この話を聞くだけで、
    かなり前から夢として持っていたのだろうと・・・。

    7月に採用試験が待っている清水次郎さん、
    3月の終わりでアナウンサーの仕事を辞めて、
    その期間で、受験勉強に励むようです。

    アナウンサーの仕事の中で出会った、
    高校野球の監督や大人、
    そして甲子園を目指す子供たち、
    筋書きのないドラマに、魅了されたようです。

    「甲子園で出会った監督の方々のように、
    思春期の生徒と本気で向き合いたい」

    と強い熱意を持っています!

    また嫁さんも納得しているようで、
    子供がいても、教師になる清水さんを応援してるそうです。

    清水次郎は阪神ファンだが・・・鶴岡へのヒーローインタビュー

    ヒーローインタビューのインタビュアーのなることの多い清水次郎さん。
    プロ野球の試合でも、多く試合後のインタビューを担当してます。

    特に大好きな阪神でのヒーローインタビューの時は、
    気合い十分に、ファンの気持ちを代理した質問を並べます。

    しかし、阪神ファンとしての清水次郎さんが、
    ヒーローインタビューで空回りしてしまった事件がありました。

    それは2014年の4月30日の本拠地甲子園にて、
    広島カープを相手に8−4で勝利した試合後のヒーローインタビューです。

    この日先取点に貢献した鶴岡選手はお立ち台に呼ばれ、
    清水次郎さんからのインタビューを受けました。

    この日甲子園10連勝を達成したこと知っていた清水次郎さんは、
    鶴岡選手に「甲子園10連勝は2003年以来の記録です。」と、
    そして、「2003年のタイガースは鶴岡さんから見てどんなチームでしたか?」と、
    当時横浜に在籍していた鶴岡選手に、イケイケであった阪神の印象を聞こうとしてました。

    しかし、2003年の鶴岡選手は1軍出場なしで、
    正直、その時期の敵チームの印象など覚えていないはず・・・。

    鶴岡選手は「覚えてません」と発言・・・なぜか滑らされた空気になりました。

    阪神愛が強く、知識も豊富なだけに、
    その日の歴史的な10連勝に、気持ちが先走ってしまったのでしょう。

    清水次郎巨人阪神ファン鶴岡ヒーローインタビューそうですね

    「失礼だ」という反応もあれば、
    「面白い」という方もおり、
    「結局阪神が好きなんだ」と感心する方も多かったです。

    清水次郎は実は阪神ファンではなく巨人ファン?

    阪神ファンとして知識豊富な清水次郎さんですが、
    一部では「実は巨人ファンではないか?」と言われてます。

    阪神に負けじと、巨人の情報にも詳しく、
    本当に心から一途に阪神を応援してるのか?と。

    しかし、仕事でアナウンサーをしてる以上は、
    阪神のライバルである巨人の知識も必要ですし、
    清水次郎さんは全国に対応した実況ができないといけません。

    巨人自体が全国よりに放送されるので、
    その点、清水次郎さんも巨人よりに見える時があるのかもしれません。

    清水次郎の「そうですね」

    「そうですね」これを流行らせた背景には、
    清水次郎さんがいるようです。

    もともとプロ野球選手には、
    インタビューの際に「そうですね」という方が多かったので、
    もしかしたら、選手の口癖が移ってしまったのでしょうか?

    清水さんの「そうですね」が聞けなくなるのは、なんか寂しいですね。

    おすすめの記事
    藤浪晋太郎と山本彩。大谷翔平と成績比較。彼女とのプリクラの噂
    現在、阪神の勝ち頭として期待される藤浪晋太郎投手。 昨年は14勝7敗という素晴らしい成績を残し、エースとしての認知も高まってます。 そんな藤浪晋太郎投手は関西地区で大人気の選手。 若くて独身でイケメンですでに1億円プレーヤーともなれば、当然ですね・・・。 最近では山本彩さんとの対談の中で、 彼女が藤浪晋太郎さんに好感触...
    中村剛也の年俸が4億越え!(2016年契約更改)。年俸推移とメジャー移籍の可能性
    西武が誇る長距離バッター、中村剛也さんの2016年に向けての契約更改が終わりました。 今年の中村剛也さんは2年連続でのホームラン王を獲得。契約更新での年俸が注目でした。 これまでの中村剛也さんの年俸は3億8000万でしたが、 このオフの契約更改では、4億1000万の年俸でサインしました。 今の時点で野手の最高年俸は阪神...
    タイ・カッブのバットの特徴
    タイ・カッブといえばその確実なバットコントロールで安打を量産したことで有名だが、その安打の秘密の1つにタイ・カッブの使用してるバットがあると言われている。 バットに特徴があるといえば日本のイチローも細く削ったバットを、 長年変わらずに愛用していることで有名である。 こうやって、名プレーヤーには道具のこだわりが付きもので...
    津田翔希の兄は元プロ選手!和歌山が生んだ才能。進路はやはりドラフト?Twitterで話題!
    浦和学院にてイケメンキャプテンと評判の津田翔希選手。 U-18では守備に打撃にチームに貢献し、ファンが激増しました! 小柄で細身ながらも、中距離打撃が魅力のようで、 埼玉県大会では、味方に流れを呼び込むザ・キャプテンなバッティングを披露していました。 U-18では打撃だけでなく、 味方投手を援護する華麗な守備で、 幾度...
    岡田俊哉には嫁と子供がいた!西川遥輝とのイケメン対決はいつになるのか?
    智弁和歌山から2009年にドラフト1位で中日に入団した岡田俊哉投手。 期待の若手とされながらも、プロ6年目まで奮起したとは言い難い。 岡田俊哉は先日に巨人戦にて阿部に死球を与えてしまい、 一瞬、両ベンチが緊迫し、警告試合となってしまっていた。 まさか、こんな騒ぎで名前が売れてしまうとは・・・・。 岡田俊哉は高校時代から...
    宮本慎也の守備力とグラブ(グローブ)。引退前の武蔵小山のパレードは凄かった・・・・
    守備の達人とも言われたヤクルトスワローズの宮本慎也さん。 宮本慎也さんは2013年までヤクルトで19年プレーし、 華麗な守備と、シュアな打撃と、リーダーシップでチームの貢献していた。 宮本慎也さんは引退するまでの現役生活19年の中で、 ゴールデングラブ賞を10回も獲得しており、 その守備力の素晴らしさは、野球ファンの誰...
    【高校野球】センバツ2022年の出場校・大会日程
    【高校野球】センバツ2022年の出場校・大会日程
    30年ぶりに開幕が順延となり、開幕前から話題となった春の甲子園(センバツ高校野球)。プロ野球のことはよくわからないけど、高校野球のことなら知っているという方も少なくないと思います。 今大会はどの高校が出場しているのか、一覧で紹介し、特に注目すべき選手と、大会日程を順番にご紹介します! 出場校一覧 センバツ高校野球は秋の...
    栗山監督が戦力外になっていた?続役は誰か・・・。未だに結婚せずに独身?
    ドラフトの話題で盛り上がってるなか、 「栗山監督が戦力外?」と気になる見出しの記事が! しかし、実際の内容は想像したのとは違い、 栗山監督がドラフトの「くじ引きを戦力外」にされただけで、 監督自体が戦力外になったわけではなかったのです。 長年、日本ハムで監督を担い、 ここ近年は、定着しつづある方。 ドラフト直前に本当に...
    内川聖一の転機と涙の意味。打率3割は横浜時代からだが・・・あごキャラで愛される!
    内川聖一さんといえば、今年すでにリーグ優勝を果たしている、 ソフトバンクのキャプテンであり、4番でもあります。 内川聖一さんはシーズンが始まる前から、 今年から就任した工藤監督に、 「お前のチームだ」と期待を込められたそうです。 内川聖一さんは、これまでにない責任の中で、 チームを引っ張り、見事に結果を残しました。 ソ...
    東大野球部の新入部員と出身校。宮台の球速Max(エースピッチャーはドラフト候補)。東京大学だけに就職先は?
    今日、2016年4月18日に、 12年ぶりに明治大学に勝利した、 東京大学野球部が話題となってます。 また、劇的なサヨナラ勝利を決めましたが、 東大にとってのサヨナラは8年ぶりの快挙でした。 低迷を続けていた東京大学野球部も、 今日の名門への勝利を励みに、 今後は大逆進して欲しいです! なかなか勝てないことで話題が続い...