スポンサーリンク

元大相撲力士で、現在タレントの隆乃若さん(尾崎勇気)。
身長190センチと恵まれた身長に、端正な顔立ちが「イケメンだ!」と人気です。

そんな隆乃若さんの、最近多い話題は、父の尾崎亀重さん。
なんと、父親の尾崎亀重さんは、ヤクルトの所属していたプロ野球選手だったのです!

隆乃若の父の元プロ野球選手の尾崎亀重氏(元ヤクルト)

尾崎亀重父隆乃若ヤクルト

息子の隆乃若さんの身長が190センチあるのに対して、
父の尾崎亀重さんは、意外に、身長177センチだったようです。

隆乃若さんの経歴を見てると、
中学時代にバスケをやっていたようで、
身長の高さは、その恩恵だったことでしょう。

しかし、父がプロ野球選手であったのにもかかわらず、
構わず、大相撲の世界に入るというのは、
なんか家族で変な縛りのない、自由さが垣間見れて良いですね!

スポンサーリンク

尾崎亀重氏は現役プロ野球選手時代はどのような選手だったのか?

尾崎亀重さんは、なんと捕手でありながらも、
1番を打つ、今では珍しいタイプのバッターだったようです。

プロ入りは高卒でも大卒でもなく、
社会人からのようで、ドラフト順位は8位でした。

高校時代は甲子園へは出場ならず、
大学時代も、一部昇格ならず、
雑草系の選手だったようです。

尾崎亀重プロ野球選手成績現役時代ヤクルト

ヤクルトとの契約は、
契約金500万の年俸150万だったそうです。

大型捕手としての活躍が期待されていましたが、
1軍ではなかなか活躍できず、すぐに引退してしまいました。

4番と1番が打てるキャッチャーということで、
なんとくなく、古田選手の全盛期に似てるなと、思いました。

2軍では好成績を残し、ベストナインまで受賞してるので、
もう少し長く在籍していれば、まだまだ1軍での覚醒に可能性はあったことでしょう。

スポンサーリンク
おすすめの記事