一場靖弘の現在。嫁/安田芽衣子と離婚と子供。破産理由は保険屋と営業の仕事

    現役時代は「楽天」や「ヤクルト」に在籍していた一場靖弘選手ですが、現在はYouTuberとしての活動が有名ですね!

    楽天に入団する前はドラフトで「一場事件」を起こし、悪い意味で注目を浴びてしまった彼ですが、その後プロの舞台でスター選手になることはありませんでした。

    引退後は実業家としても活躍していた時期もありましたが、その後に自己破産していたことを告白し世間の注目を集めました。

    現在の一場さんの仕事や嫁さんについて書いてみたいと思います。

    一場靖弘が自己破産!その理由は不動産事業

    2019年に週刊誌「FLASH」で一場選手についての記事が出ていました。

    その内容では、2019年に自己破産したこと、現役中から現在までの生活について本人が赤裸々に告白しています。

    「はい。事実です。今年(2019年)8月22日に自己破産しました」

    本誌の問いかけに、一場靖弘(37)はそう答えた。

    「水戸で働いていたころから、弁護士と話していました。

    実は一場さんは、楽天に在籍していた現役中の頃から、楽天の本拠地から近い仙台市内でマンションを購入していたのです。

    当時は引退後も家賃収入を得られると思っての投資だったそうです。

    しかし、その後(2011年)に購入した建物が震災で半壊扱いになり、満足な家賃収入が得られないという事態になってしまったそうです。

    建物の価値自体が下がって売却してしまったのも想定外だったそうです。

    また、一場さんがマンションを買うのにローンを組んだいのが2018年に不正な不動産融資が発覚して社会問題になった「スルガ銀行」でした。

    当時、プロ野球選手でありながらもローンが組めたのは、そこの銀行だけだったそうです。

    売却したマンションのローンの支払いがキツくて破産・・・

    スルガでキツいローンを組んでしまった一場さん。

    震災の影響で売却し、収入もない状態で支払うのには無理があったそうです。

    「プロ野球選手ということもあって、ローンを組めたのがそこだけでした。

    引退後、ローンを月々約30万円返しても、元金が数千万円から減らない状態になりました。

    正直言うと、支払いがキツかったんです」

    (2019年12月10日配信)

    簡潔に自己破産の理由を並べるなら、

    「不動産の購入」、

    「東日本大震災」、

    「スルガ銀行」、

    という流れですね。

    一場さんが自己破産するのは、すぐではなかったので、長くローンの支払いに苦しんでいたということです。

    一場靖弘は引退後の2015年に外資系の保険会社に勤務

    不運が重なりローン地獄に陥った一場さんですが、引退後はサラリーマンとして再起を誓ったそうですが、かなり苦しかったそうです。

    一場さんは外資系の保険会社に勤務していたものの、給料が”完全歩合制”だったために収入は少なく、さらには給料のほとんどが経費に消えてしまったそうです。

    そして、2019年8月に、ついに自己破産したというわけです。

    一場の自己破産に対する世間の反応

    ・当時思ったのが、栄養費をもらってたのが一つの球団ではなく複数球団なのか!ということでした。そういう点でもいい感じのしない選手ではありました。

    ・元プロ野球選手がこの有り様なら、昔だったらとっくに終わってたが、ouTuberがあったか。

    ・期待値と結果が比例しないプロ野球選手の現実を見せられる記事だな。

    ・この方の場合はツッコミどころ満載だけど、これからの時代、不動産で自己破産する人が増えそう…

    ・人口が減るにつれ不動産の価値も当然下がるし、外国人が購入するという話もあるがそうなると日本の領土への侵略の危険性も考えなくてはならなくなるし、実際某国は対馬を自分の領土と言い始めてるし…

    過去に勤務していた保険会社/ジブラルタ生命とパーソナル電電

    引退後の一場さんについて当時はニュースにもなっていました。

    営業マンとして成功し、第二の人生を楽しんでいるというような内容でした。

    一場靖弘さんが営業マンとして勤めていた会社は「パーソナル電電」。

    当時、会社での営業成績は社内トップ3に入っており、課長を勤めていたそうです。

    ちなみに、パーソナル電電に入社できたのは、一場靖弘さんが楽天イーグルス時代にお世話になった紀藤真琴さんから紹介があったからだったそうです。

    当時の記事では、

     

    楽天時代に先輩やコーチとしてお世話になった紀藤(真琴)さんに声をかけていただき、今年1月から営業をしてます。事務用の電話機とかコピー機、防犯カメラとかの商材を建築屋さん、美容室、介護施設とかに提案するのが仕事。お客さんには野球好きの方も多く、話がしやすいですね」

    と語っています。

    そして、その後にYouTuberに転職する以前の4年間に勤めた保険会社は「ジブラルタ生命」です。

    現在は、生命保険会社の「ジブラルタ生命」に勤務している。同社関係者が言う。「一場さんが入社したことは話題になりました。保険会社にとっては、おカネを持っているプロ野球選手はいい顧客になりますからね。元プロを雇って、現役選手に営業で食い込むという作戦です」※「週刊現代」より引用(2018年3月5日配信)

    せっかく社内でトップの成績を残した会社を、なぜ辞めてしまったのか・・・。もしかしたら保険屋の方が本人に還元される額が大きかったのかもしれませんね。

    記事の通りに元プロ野球選手の肩書と、アスリート人脈でジブラルタ生命で期待された一場さんですが、収入のほとんどは経費に消え、2019年に自己破産してしまうという悲しい結果となりました。

    元嫁:安田芽衣子と2人の子供の現在

    一場さんには離婚歴があります。

    野球選手の頃に一度結婚し、二人の子供が誕生。しかし現役中に離婚。

    そして、引退後に2度の結婚を経験しています。

    (1度目の結婚:2004年「~2012年に離婚」。2度目の結婚:2014年)

    再婚相手は一般人ですが、一場さんの最初の結婚相手はタレント(当時)の「安田 芽衣子」さんです。

    2004年12月24日に須藤芽衣子さん(当時22歳)とできちゃった結婚しています。

    楽天の一場靖弘投手(22)が群馬県在住の専門学校生・須藤芽衣子さん(22)と結婚、24日に入籍することになった。来夏には第一子が誕生するという。23日に楽天が発表した。芽衣子さんは身長164センチ・バスト81・ウエスト58・ヒップ83のスレンダーボディーで、おしとやかな表情が印象的な美女。安田芽衣子の芸名で95年に安達祐実主演で放送された日本テレビ「家なき子2」などに出演。最近はモデルとして注目を集めていたが、既に芸能界を引退している。

    発表によると、お相手の須藤さんは栃木県出身で、現在、医療系の専門学校に在籍している。趣味はネイルアート。結婚について「かねてより希望していたクリスマスイブに入籍できて、大変うれしく思っています。靖弘さんが、野球に打ち込める環境を作り、当面は元気な赤ちゃんの誕生に向けてがんばりたいと思っています」とコメントした。
    なお、24日午後に一場投手と米田球団代表が仙台市の球団事務所で記者会見する。

     

    できちゃった婚をしたイチバさんですが、2012年に離婚するまでの間に2人の子供(長女・長男)に恵まれました。

    2005年7月1日に第一子となる長女・悠梨(ゆうり)ちゃんが誕生し、2006年11月21日に第二子となる長男・大輝(だいき)くんが誕生しました。

    2012年に離婚しますが、2人の子供の親権は須藤芽衣子さんが持ったそうです。

    現在も子供と会っているのか分かりませんし、元嫁の安田さんのSNS(Facebook・Twitterも確認できないので、現状は不明です。

    2014年にネイリストの女性と再婚!

    2012年に元嫁と別れた後、2年後の2014年には2度目の結婚をしてます。

    相手は一般人の方なので顔も名前も伏せられていますが、職業はネイリストだそうです。

    現在の嫁さんと一場さんとの間に子供がいるかは不明です。

    元嫁・須藤芽衣子のプロフィール・経歴・出身大学

    プロフィール

    本名:須藤 芽衣子

    生年月日:1982年5月14日生まれ

    出身地:群馬県

    出身中学:栃木県佐野日本大学 中学校

    出身高校:栃木県佐野日本大学 高校

    出身大学:不明(中退したそうです)

    一場靖弘のプロフィール

    一場 靖弘(いちば やすひろ)

    出身地: 群馬県吾妻郡吾妻町(現:東吾妻町)
    生年月日: 1982年7月5日
    身長: 183 cm
    体重: 88 kg

    • 東北楽天ゴールデンイーグルス (2005~ 2008)
    • 東京ヤクルトスワローズ (2009~ 2012)
    おすすめの記事
    清田育宏は子供を授かるべき!連続安打ストップも、バスターやノーステップなど多彩なバッティングが魅力!
    千葉ロッテマーリンズに所属する清田育宏選手だが、 先日の巨人戦で、バスターの構えからホームランを放ち話題になった。 清田育宏さんは5月から6月の頭まで、 23試合連続安打も記録し、 今年のロッテの選手の中で、最も話題になっていた野手だ。 清田育宏さんは2009年にドラフト4位でロッテに入団。 毎年、覚醒の兆しを見せるも...
    初芝橋本の黒瀬健太のドラフトは?指名されるなら巨人?プロ志願書提出へ!
    高校通算97本塁打を放つ初芝橋本(和歌山)の黒瀬健太選手は、 ドラフト指名を目指し、プロ志願者を提出したことで話題になってます。 黒瀬健太さんは初芝橋本では主将で4番のポジション。 和歌山県大会では、優勝ならず、甲子園には出場できませんでした。 黒瀬健太はキャッチャーというポジションにあって、 遠投100メートルの強肩...
    マック鈴木の現在の仕事。ハーフではない。自宅は日本。嫁・小原との間には子供が誕生!
    元メジャーリーガーのマック鈴木さん。 波乱の野球人生が好かれ、メジャー絡むのエピソードに先駆者のマック鈴木さんの名前はよく上がります。 マック鈴木さんは高校を退学した後に早い段階でアメリカに渡っており、メジャーを夢見る若者らしい生活をしていたそうです。 下部リーグからコツコツとメジャー傘下で活躍し、 最終的にはメジャー...
    平野佳寿の嫁へのアタックがイケメン!なんJにファンが多く阪神タイガースファンが欲しがっている?
    最優秀中継ぎ賞に最多セーブなど、 オリックスの継投の柱になっているのが平野佳寿投手。 平野佳寿投手はガンガンストレートで押し、 相手バッターを翻弄する気持ちのいい投手。 オリックスの守護神(平野投手)登場のシーンは、 他球団のファンもドキドキすることだろう。 平野佳寿さんはただストレートが早いだけでなく、 コントロール...
    スケボー初代金メダリスト・堀米雄斗のプロフィールや経歴は?
    スケボー初代金メダリスト・堀米雄斗のプロフィールや経歴は?
    2021年東京オリンピックで正式種目となったスケートボード競技で、初代・オリンピック スケボー金メダリストに輝いた堀米雄斗さん。日本初開催された世界最大のアクションスポーツの祭典「XGames」でも男子スケボー・ストリートで見事金メダルを獲得し、そのゆるぎない高レベルな実力を世間に知らしめました。今回は、日本のスケート...
    広島新庄高校のチアがかわいい・・。野球部メンバーの出身中学と堀の球速。迫田監督は素敵な人!
    広島の地区予選にて、過去2回も決勝まで進み、 初めて甲子園出場を逃していた広島新庄高校。 「今年こそは3度目の正直」と言わんばかりに、 今年2015年大会も決勝まで進み、見事に勝利をおさめ、 同校として初めての甲子園出場を果たしました。 さらに、広島新庄は甲子園初出場にして、 初戦の霞ケ浦(茨城代表)を破り、 いきなり...
    金城龍彦が現役引退。登録抹消に泣いた1年。性格の良さが素敵!
    昨年のオフにてFAで横浜から巨人に移籍していた金城龍彦選手。 今季2015年をもって現役引退を決意したそうです。 金城龍彦さんは2000年に首位打者を獲得した逸材でしたが、 しばらくタイトルとは無縁でした。 横浜で16年間プレーした選手ということで、 金城龍彦さんの現役引退は、横浜ファンの反応のほいが多いです。 金城龍...
    河原純一の引退。元嫁やスキャンダルってなんだろう?
    巨人や中日で活躍した河原純一さんが引退を決断したそうです。 河原純一さん駒沢大学からドラフト1位でプロ入りし、「ミスター完封」と言われるほど活躍した投手です。 現在の河原純一さんは42歳。 中日ドラゴンズを去った後は独立リーグで活躍されてました。 河原純一さんは所属する愛媛のチームから引退を発表し、 チームでは今シーズ...
    創成館の校長の応援がユニーク!野球部メンバーは全員九州の中学出身!
    甲子園の初戦にて、強豪・天理高校を破った長崎代表の創成館。 創成館は夏の甲子園初出場としての快挙でした。 今年の甲子園は初出場高校が、初戦で強豪を破り大誤算を巻き起こしてますが、 天理を下した創成館の注目度も、相当なものです。 創成館高校は、春選抜には2回出場してますが、 これまで夏の甲子園への出場はなく、 今年201...
    五十嵐亮太の嫁は?キムタクに似ているが太った・・・現在でも年俸1億越え!
    かつてヤクルトに在籍し、メジャーに挑戦していた五十嵐亮太投手。 メジャーから日本復帰は、ソフトバンクにて実現しました。 ヤクルト時代は日本人史上初めての160キロを期待されるほどの速球投手で有名。 当時のオールスターではイチロー選手とストレートの真っ向勝負を仕掛けましたが、 まさかのホームランを浴びていました。(それで...