ついに各国のプレミア12の代表メンバーが固まってきました。
    日本は中村選手や山田選手など、シーズンを見守っていたファンには偉大なネームバリューが揃っているように思えます。

    プレミア12アメリカ代表メンバーメジャーマイナー

    国際試合となると、やはり気になるのは野球の本場アメリカですね。
    アメリカが本気のメンバーを集めるのか、マイナーを揃えるのか、それだけで大会全体の雰囲気はガラッと変わってしまいます。

    WBCでこそはオールメジャーで相当たるメンツを集めるアメリカですが、今回の2015年のプレミア12ではどのようなメンバーを集めるのでしょう?

    プレミア12のアメリカ代表はマイナー選手・・・メジャーは参加しない?

    投手

    ジェイク・バレット(ダイヤモンドバックス2A)
     ジョン・チャーチ(メッツ3A)
     ケーシー・コールマン(ロイヤルズ3A)
     ジョーイ・ディネイト(フィリーズ3A)
     デイナ・イブランド(オリオールズ3A)
     コーディ・フォーサイス(フィリーズ1A)
     ジャレット・グルーベ(インディアンズ3A)
     アーロン・ラフィー(ロッキーズ3A)
    コーディ・サターホワイト(メッツ3A)
     ザック・セゴビア(パドレス3A)
     セス・シモンズ(ダイヤモンドバックス3A)
     ジーク・スプライル(レッドソックス3A)
     アンソニー・バスケス(フィリーズ3A)
     ジェフリー・ヴェンデルケン(ホワイトソックス3A)
     アーロン・ウィルカーソンP(レッドソックス2A)
    捕手

     パーカー・モリン(ロイヤルズ2A)
     ダン・ロールフィング(メッツ3A)
    野手

     ダン・ブラック(韓国・Kt)
     ギャビン・セッキーニ(メッツ2A)
     カイル・マーティン(フィリーズ1A)
     タイラー・パストルニッキー(フィリーズ3A)
     ブレット・フィリップス(ブルワーズ2A)
     ブレット・アイバーン(ロイヤルズ3A)
     ジェイコブ・メイ(ホワイトソックス2A)
     マット・マクブライド(ロッキーズ3A)
     ジョー・スクラファーニ(アストロズ3A)
     エリオット・ソト(マーリンズ2A)
    記念すべき第一回のWBSCプレミア12ですが、
    この大会が今後大きく進展していくのか、後退していくのか・・・

    一発目での盛り上がりが重要といえるでしょう。

    そんな中でのアメリカ代表のメンバーは・・・

    まさかのマイナー選手ばかり・・・・。

    韓国とドミニカの代表メンバーは日本でも馴染み深い顔ぶれ?

    WBCでは日本のライバルとして立ちふさがっていた韓国代表と、前回のWBCにて圧倒的な強さで初優勝を果たしたドミニカ代表。

    プレミア12に参加すると言われる両国のメンバーを覗いてみると、日本球界にいた助っ人選手や、日本国内でも馴染み深いネームバリューが多くいました。

    韓国代表のメンバーには、今年ソフトバンクの優勝に貢献したイ・デホ選手や、ロッテのイ・デウン投手がいます。

    プレミア12韓国ドミニカメンバー代表

    またドミニカ代表のメンバーには中日のルナ選手、元中日のカブレラ投手、そしてマリナーズにてイチロー選手とチームメイトだったミゲル・オリーボ、その他も知られた選手の名前があります。

    一応、日本は世界ランク1位ということで、優勝も期待されていますが、いろんな意味で日本が中心になりすぎた大会になるかなと思います。

    これまでの日本は、世界に挑む側のチームで、キューバ・アメリカに勝てるのか?そしてドミニカや韓国など、どう戦っていくのか、常に注目されていました。

    しかし、実際のメンツはどこのチームもメジャー組を入れるの消極的に思えました。
    もう少し世界的な選手が揃ってほしかったなというのが本音です。

    ただ、韓国に関しては、日本に対して相変わらずなライバル心を見せており、大会前のインタビューでも、日本を意識するようなコメントを残してます。

    おすすめの記事
    ヤマイコ・ナバーロ(千葉ロッテマーリンズ)の逮捕に見る助っ人事情と年俸。メジャー時代の素行と成績。守備とホームラン数は魅力!
    今年から千葉ロッテマーリンズで活躍が期待されていた、 新助っ人外国人のヤマイコ・ナバーロさんが、 なんと、昨日、沖縄の空港に逮捕されてしまいました。 ヤマイコ・ナバーロさんの獲得は、ロッテファンからすれば明るいニュースで、 今年の千葉ロッテの打線の火力として、大いに期待されていました。 日本球界入りする際には、ある程度...
    今宮健太のグローブのメーカー
    ここ最近ではすっかりとソフトバンクのショートレギュラーとして、 定着してつづある今宮健太。 ここ最近ではミズノから今宮健太モデルのグローブが発売されている。 しかし、実際に今宮健太が使用してるグローブはミズノではないと言われている。 今宮健太は昔から久保田のグローブを気に入っており、 プロでも、公式戦では久保田のグロー...
    日本語で利用可能!リリベットカジノの紹介
    日本語で利用可能!リリベットカジノの紹介
    日本から利用できるオンラインカジノの1つに「リリベットカジノ」があります。この記事では、リリベットカジノがどのようなオンラインカジノなのか、わかりやすく解説しています。   リリベットカジノとは?安全性はどうなの? リリベットカジノは、日本ではあまり知られていないオンラインカジノです。 そのため、リリベットカジノに登録...
    東大野球部の新入部員と出身校。宮台の球速Max(エースピッチャーはドラフト候補)。東京大学だけに就職先は?
    今日、2016年4月18日に、 12年ぶりに明治大学に勝利した、 東京大学野球部が話題となってます。 また、劇的なサヨナラ勝利を決めましたが、 東大にとってのサヨナラは8年ぶりの快挙でした。 低迷を続けていた東京大学野球部も、 今日の名門への勝利を励みに、 今後は大逆進して欲しいです! なかなか勝てないことで話題が続い...
    松井裕樹のスライダーはどれほど凄いのか?握り方や投げ方を検証!
    プロに入って早々プロの打者を空振りにとっている、 楽天に所属する松井裕樹投手。 松井裕樹投手の代名詞とも言われているのが、 縦に鋭く曲がるスライダーですね! 松井裕樹投手はこのスライダーを武器に、 高校時代は三振記録を塗り替え、 その後の高校生先発では世界のバッターを三振に仕留めてました。 プロに入ってそうそう、 ブル...
    渡辺俊介がコーチ就任!社会人にて現役続行?現在では引退は・・・?
    長年ロッテにてサブマリン投手として活躍した渡辺俊介投手。 活躍はロッテだけでなく、WBCなどの国際試合でも光りました。 そんな渡辺俊介さんは一時期メジャー挑戦なども果たし、 自分の野球人生に悔いのない選択を常に選び、 今後は引退が待たれると思われていました。 しかし、渡辺俊介さんが社会人野球のコーチに就任! まさかのニ...
    唐川侑己のトレードはあるのか?引退しても安定してそう・・・
    成田高校から千葉ロッテに進んだ唐川侑己選手。 プロに入団してから、登板日が早く、話題になることが多かった。 これまで多くの解説者に期待される肯定されたコメントをもらっていたが、 肝心な数字がイマイチついてこないのが現状だ。 唐川侑己投手は中田翔・佐藤と共に高校ビッグ3と言われた中でも、 一番最初に成果を見せ、一番最初に...
    福田秀平の顔は目鼻顎が端正でイケメン!?彼女の存在は?
    ソフトバンクの背番号37番の盗塁が得意な福田秀平選手。 福田秀平さんは走塁と守備の名手としてソフトバンクファンに信頼されており、 福田秀平さんは、今日行われた交流戦の広島カープ戦ではフェン直ギリギリの大飛球をダイレクトキャッチするというスーパーファインプレーで話題になった。 そんな福田秀平さんだが、 古くからコアな女性...
    亀井義行の嫁との出会いが純粋!
    巨人の開幕レギュラーを獲得している亀井義行選手。 開幕戦では持ち前の強肩を披露し、ファンを沸かせました。 亀井義行選手の守備力とシュアなバッティングは、 名門巨人の選手の中でも見劣りしません。 亀井義行といえば、既婚者で知られ、 愛妻家であることでも知られてます。 現在の嫁さんのとの出会いは大学時代らしく、 亀井義行さ...
    タフィローズが現在になって日本球界復帰!年俸は不明だが成績予想!
    かつて近鉄・巨人・オリックスなどで活躍したタフィ・ローズ選手。 王さんに並ぶ55本のシーズン本塁打の成績を残したことで有名です。 タフィ・ローズ選手は長年のプロ野球生活を、 近鉄で過ごしていたため、関西弁が上手。 日本をこよなく愛した助っ人外国人で、 近鉄時代の伊勢ヘッドコーチを「お父さん」と呼ぶほど、 タフィローズ自...