最新作『パワプロ2022』が累計50万本突破!記念キャンペーンの内容は?

    数ある野球ゲームのなかでも絶大な人気を誇る「パワプロ」シリーズ。1994年から多くのファンにプレイされている「パワフルプロ野球」ですが、最新作「e-BASEBALL パワフルプロ野球2022」が、4月に発売されたのをご存知ですか?発売されてまだ間もないですが、すでに累計50万本を突破しました。

    今回はゲーム紹介と記念キャンペーンの内容を皆さんに紹介していきます。

    e-BASEBALL パワフルプロ野球2022(パワプロ2022)について

    • タイトル:e-BASEBALL パワフルプロ野球2022
    • 発売日:2022年4月21日
    • 対応機種:Playstation4、Nintendo Switch
    • ジャンル:野球・育成
    • 希望小売価格:通常版(パッケージ・DL))8,250円 、パワフルエディション(DL専売) 10,450円

    今作はシリーズの中でも、最大のボリュームを誇っています。中でも注目なのは、イチロー選手が「パワプロ2022」で野球ゲームで戻ってきたこと!パワプロ イチローは、ステータスはもちろんのこと、「アベレージヒッター」や「レーザービーム」といった本物のイチロー選手のような特殊能力を兼ね備えています。また、「ゴジラ」の愛称で有名な松井秀喜選手や「二刀流」大谷翔平選手、ダルビッシュ有投手など、メジャーリーグで活躍しているの選手も「パワプロ2022」に登場します。

    パワプロ 2022のおすすめモード

    「パワプロ」シリーズおなじみのモードから新モードまで、10以上の様々なモードがプレイ可能になっています。ここからは、数あるモードの中からイチオシの3つのモードを紹介します。

    サクセスモード

    パワプロおなじみのサクセスモード。ストーリーを楽しみながら、選手の育成ができます。友情やライバルとの高め合い、恋愛といった学園生活が描かれるストーリーは、育成を単調に感じさせません。今作では高校を舞台に、3つの新シナリオが搭載されています。

    栄光ナインモード

    こちらは2007年に発売された「パワプロ14」で初登場となったモード。プレイヤーは監督となって、弱小高校野球部を甲子園優勝まで導きます。選手の名前や容姿も変えることができるのも魅力です。従来のサクセスモードとは異なり、明確な終わりがないため、好きなだけプレイできます。アクション要素が少なく、初心者でも楽しめます。

    パワフェスモード

    数多くの個性的なキャラクターが参戦する野球大会。試合に勝利することで相手チームの選手を仲間にすることができるシステムに加え、スカウト機能が新たに搭載されています。強力な選手を集め、グランドチャンピオンを目指す大会ですが、オリジナル選手の育成もできます。シリーズ最多の300以上のキャラクターに新キャラクターも登場している今作は目が離せない内容になっています。

    50万本突破記念キャンペーン開催中!

    発売されて間もないのに、既に50万本突破!それを記念したキャンペーンが行われており、野球ファンにとって嬉しい豪華キャンペーンになっています。

    選手サインボール抽選プレゼント

    パワプロ・プロスピの公式Youtubeチャンネルに投稿されている「パワプロ2022」プロ野球選手プレイ動画に出演している選手の直筆サイン入りボールが各1名、計24名に当たります。プロ野球 2022でも活躍中の広島東洋カープの栗林良吏選手や千葉ロッテマリーンズの佐々木郎希選手など、プロ野球選手のサイン入りボールは喉から手が出るほど欲しいと思う人も多いと思います。応募方法も難しくないため、欲しいと思う方はこの機会をお見逃しなく!

    ゲーム内アイテム全員プレゼント

    キャンペーン期間中( 6月7日〜7月13日)にログインすることでゲーム内で使えるアイテムが全員にプレゼントされます。1週間ごとに貰えるアイテムが変わっていくので、注意が必要です。

    まとめ

    今回は「パワプロ2022」について紹介しました。野球というスポーツに詳しくなくても楽しむことができる「パワプロ」シリーズの最新作ということで、ボリュームもクオリティもとても高い作品になっています。パワプロファンはもちろん、そうでない方にもおすすめできる作品になっていますので、自分だけのオリジナルチームを作ってみてはどうでしょうか。

     

    おすすめの記事
    ラガーさんごと善養寺隆一さん(某印刷会社)がドリームシートで立ち退き?甲子園の名物おじさんがテレビ鑑賞に切り替える可能性・・・
    高校野球の聖地・甲子園の名物は多くあります。 その中でも近年ずっと甲子園を愛した善養寺隆一さんは有名です。 善養寺隆一さんは約15年もの間、 甲子園のバックネット裏にて、 黄色の帽子とラガーシャツで応援を続けてきた方です。 何度も甲子園をテレビで鑑賞したことがある方なら、 一度でも「ラガーおじさん」ごと、善養寺隆一さん...
    中田賢一の嫁と「暴れ馬」だけに実家お金持ち?二段モーション疑惑と、本多とトレードはなかった。
    優勝を果たしたソフトバンクのローテーションの一角を担う中田賢一投手。 今年のこれまでの成績は9勝6敗と、このまま2桁勝利が期待されます。 昨日のロッテ戦でも8回を投げ、自責点0の好投を披露し、 33歳にして、2年前までの中日時代の成績を超える、 皮肉な活躍ぶりでこれまでの過小評価を覆してます。 そんな中田賢一さんは昨年...
    現在の井川慶は構想外(オリックス)で引退可能性。移籍するなら阪神復帰?全盛期の伝説エピソード
    現在の井川慶は36歳で、阪神からヤンキースに大々的にメジャー挑戦し、 2012年からオリックスにて日本球界復帰を果たしていました。 井川慶さんは今季は1試合も1軍マウンドには立っておらず、 昨年の中旬から1軍の試合とはご無沙汰という現状です。 そんな井川慶さんはすでにオリックスの来季構想から外れてるようで、 現在の井川...
    知識は専門家レベル!本当に参考になるガジェット系YouTuber・家電芸人4選
    知識は専門家レベル!本当に参考になるガジェット系YouTuber・家電芸人4選
    日常生活において、必要不可欠なスマートフォンやデジタル家電。科学技術の進歩に比例して便利になっていく一方、多種多様な機能を前に頭を悩ませた経験はありませんか?使いこなせないスペックや多機能な製品を選んでしまい、必要以上に出費がかさんでしまった経験をしたことがある方も多いのでは? 一方、実店舗で購入すると専門家の話が聞け...
    オリックスの塚原頌平は年上彼女と結婚していた!つくば秀英高校の伝説のエース。
    23歳になったオリックスバファローズの塚原頌平投手。 塚原頌平投手は今年すでに30試合以上に登板しており、 念願の1軍に定着しつづあります。 塚原頌平さんは茨城県のつくば秀英高校出身で、 高卒で2010年にオリックスにドラフト4位で入団してます。 高校時代の塚原頌平選手は、 県内屈指の投手として評判で、 最速146キロ...
    いまさら聞けない!世界一の大富豪・イーロンマスクについて
    いまさら聞けない!世界一の大富豪・イーロンマスクについて
    「イーロンマスク」と聞いて、「どこで」「何してる人」とスパッと答えられますでしょうか。 「名前はよく聞くんだけど具体的には・・・」という方がほとんどではないでしょうか。さらに「周りに聞くのは今さら感が・・・」という方もいらっしゃるでしょう。そこで今回は、イーロンマスク氏について網羅的に解説していきます。世間を度々騒がす...
    オンラインカジノで暗号を使うべき5つの理由
    オンラインカジノで暗号を使うべき5つの理由
    暗号を使用することには多くの利点がある 暗号通貨はオンラインギャンブルでも健在です。ネット上のマネーギャンブルよりはるかに優れており、特典の経済も盛んであります。ここでは、暗号通貨がオンライン・ギャンブル・サイトとその顧客にもたらす利点のトップ5を紹介します。 暗号に特化したカジノとロイヤルティプログラムが増加中  カ...
    沢村栄治の孫の現在は?
    大昔の日本の大エースといえば沢村栄治が浮かぶことだろう、彼は戦時中に、不幸な最後を辿り、その血の繋がりは途絶えたように思われていた。しかし、当時26歳だった沢村には娘がいたのだ。 その沢村栄治の一人娘である美穂さんは今年で69歳になる。 自分の父のことは自慢のようで、これまでの人生で、 父の名前のおかげで良い想いをたく...
    島野修の武相から巨人時代。子供連れの家族のためにマスコットになった男。病名は?
    島野修さんといえば、オリックスブルーウェーブの「ブレービー」のマスコットを演じた方として有名。現在のマスコットたちの、大きなモチベーションとなる存在で、尊敬の声は現場から多いそうです。 この島野修さんはマスコットの中に入る前は、普通に現役のプロ野球選手でした。 地元の神奈川では、武相高校時代から有名な選手で、 巨人・阪...
    【まとめ】「ウェビナー」とは?基礎知識やメリット
    【まとめ】「ウェビナー」とは?基礎知識やメリット
    社会人になると、勉強する機会が少なくなるため、興味のある分野のセミナーに参加して勉強したことがある方も多いのではないでしょうか。しかし、最近はリモートワークが推進されていることもあり、セミナーが開催される機会が少なくなっています。 そんな中、セミナーの代わりとなる「ウェビナー」の開催が活発に行われているのをご存じでしょ...