今年の春の甲子園にて準優勝を遂げた東海大四の大澤志意也投手。
    残念ながら、夏には北海道の地区予選で敗れ、甲子園まで話題にはなりませんでしたが、
    野球のオフシーズンに入ると、進路を気にかける方が多かったようです。

    大澤志意也進路東海大学

    大澤志意也さんの魅力は「成長力」ですね。
    神宮での惨敗を春の甲子園で晴らした爽快なストーリーは野球ファン好みです。

    そんな大澤志意也さんの進路はプロではなく進学。
    進路先に選んだ大学は、「東海大学」のようです。

    大澤志意也の進路は名門「東海大学」。その後はプロの世界へ?

    大澤志意也さんは夏の予選で負けた時点で、
    プロ志願の意思はないことを明らかにしてました。

    当時から予想された進路は東海大学でしたが、
    実際に、大澤志意也さんは東海大学への進学を決めたようです。

    今年の夏の甲子園で優勝を果たした東海大相模の主力メンバーである、
    ショートの杉崎選手と、外野の豊田選手も、同じく東海大学への進学を決定してます。

    まさに豊作の年だった今年2015年の高校野球。

    その中でも春準優勝に東海大四、夏優勝に東海大相模と、
    東海大学に成功経験が豊富な選手が多く集まる部分で、
    来季からの大学リーグの内情も面白いことになりそうです!

    大澤志意也のライバル・平沼翔太・佐藤世那はプロへ

    大澤志意也さん擁する東海大四を破り優勝した平沼翔太さん。
    そして、夏に東海大相模に敗れて準優勝だった佐藤世那さん。

    なにかと、因縁的なつながりを感じる彼らですが、
    プライベートではお互いにラインを通じて盛り上がってるようです。

    こういうやり取りを聞くと、今の若い子の世界って面白ろそうだなと思いますね。

    実力的にプロ志願を出してもおかしくなかった大澤志意也さんですが、
    大学進学決定ということで、プロの世界への挑戦は4年後となります。

    大澤志意也平沼翔太佐藤世那インスタグラム

    平沼翔太さんは日本ハム。
    佐藤世那さんはオリックス。

    戦友たちは先にプロの世界に入ることになっていますが、
    大学で洗練された大澤志意也さんが、プロで再び彼らと対戦する姿に期待したいです!

    素敵なライバル関係をいつまでも鮮度よく保って欲しいですね。
    今の子には、今の子なりの距離の取り方があるということを、今年の高校球児などを見て想いました。

    インスタグラムでも大澤志意也を祝福?

    今流行りのインスタグラムでも、
    大澤志意也さんの東海大学進学への祝福の声がありました。

    野球ファンの声といえばツイッターだとばかり思っていたので、
    この部分においても、近年のアマチュア選手の人気の物差しになるので、面白いなと思いました。

    おすすめの記事
    元巨人の松谷竜二郎さんが建設会社の社長に!(名前は?)息子は学法福島にて活躍してた!
    プロ野球を引退していく選手の末路に、 明るい未来があることは・・・、 プロ野球ファンとしてはあまり聞きたくないパターンもあります。 テレビでたまに放送される野球選手のその後は、 放送されるたびに、ショッキングな反応が飛びます。 そんな中で、元巨人の松谷竜二郎さんは、 引退後に0から社会人人生を再開させ、 最終的には、見...
    東出輝裕の現在(引退)になってからの後悔?嫁と子供
    今年限りで広島カープにて引退を決めた東出輝裕さん。 長くプロ野球を応援していた方からすると、 カープ打線の東出輝裕さんには、器用なイメージが強いでしょう。 東出輝裕さんは松坂世代と呼ばれる世代の選手で、 1年目の1999年から1軍に試合に出場してます。 ドラフト1位で獲得された高卒の野手としては、 プロでの対応力はずば...
    法政大学の菅野秀哉(小高工業)。ドラフトと完全試合の記憶
    現在、法政大学にて1年生の菅野秀哉投手。 高校時代は福島県の小高工業にてプロ注目の右腕でした。 菅野秀哉さんはまだ1年生ですが、 法政大学では将来のエース候補で、 この先、出場試合が増えるごとに話題になりそうです。 菅野秀哉さんがドラフトにて注目されるならば、 2018年になりそうです。 高校から大学に進路を決める間際...
    横浜DeNAの乙坂智が侮辱行為で注意されていた!ヤンキー疑惑が急浮上(笑)
    昨年から1軍での出場の機会が増えた横浜DeNAベイスターズの乙坂智選手。 アメリカとのハーフで端正なルックスなため、女性ファンが多く、 プレーでは、代打で初出場したロッテ戦にてホームランを打ったことで横浜ファンの心を掴んでいる。 そんな乙坂智選手だが、 1軍デビューする前の2013年に、 イースタンリーグの試合にて、 ...
    鳥谷敬が浮気はありえない、嫁が美しすぎる!7番起用は何だったのか?
    阪神タイガース率いる、選手の中心である鳥谷敬選手。 プレイも振る舞いも完璧な鳥谷敬選手は、多くの阪神ファンのオアシスのような存在。 ベストナイン5回、ゴールデングラブ賞3回の実力は、 阪神の歴代のショートストッパーの中でも、最高潮の選手とされる。 打率3割を3回も残したシュアな打撃と、 場面で走れる走塁力、 さらに...
    中田賢一の嫁と「暴れ馬」だけに実家お金持ち?二段モーション疑惑と、本多とトレードはなかった。
    優勝を果たしたソフトバンクのローテーションの一角を担う中田賢一投手。 今年のこれまでの成績は9勝6敗と、このまま2桁勝利が期待されます。 昨日のロッテ戦でも8回を投げ、自責点0の好投を披露し、 33歳にして、2年前までの中日時代の成績を超える、 皮肉な活躍ぶりでこれまでの過小評価を覆してます。 そんな中田賢一さんは昨年...
    久保康友のクイックはやはり早い。嫁とのなれそめで分かる謙虚で誠実な性格。
    現在、日本プロ野球界の中で、久保康友投手ほどの高速クイックを投げれる投手はそうはいない。 久保康友投手のクイックが高速化させられたのは横浜に移籍するよりも前。 社会人時代には1秒を切るスピードでクイック投法で投げれたという。 久保康友投手、クイックを早くしようと意識して練習し、 現在のように、球界でナンバーワンスピー...
    森友哉の乱闘騒ぎ。死球は場所で決まる?ヤンキー疑惑は晴れているが・・・
    西武ライオンズの2年目の19歳・森友哉選手は、先日のロッテ戦にて、腰付近の死球を受け、一瞬だけ、投手のいるマウンド側をチラっと見た為、 ロッテベンチから「なんだ、お前?」と言わんばかりの視線を浴び、結果、両ベンチが飛び出し、乱闘寸前までにいきました。 自分は実際に7月3日の西武対ロッテ戦の、 森友哉選手のデッドボールを...
    藤浪晋太郎の彼女は女子アナ?なんJでの評価
    今季12勝6敗とプロ3年目にしてキャリアハイな数字が見込める阪神の藤浪晋太郎投手。 藤浪晋太郎さんは2012年に大阪桐蔭にて春夏連覇を成し遂げ、阪神に入団したあともルーキーイヤーから活躍しています。 1年目から10勝、2年目に11勝、そして3年目の今年にすでに12勝。 着実にプロのキャリアを積みかさねている藤浪晋太郎さ...
    勝俣翔貴のドラフト評価。箱根出身で中学時代のシニアは?Twitterではファン多し!
    U-18も大会終盤、多くの方が今年の日本代表の初優勝を間違いないものと見てます。 そんなU-18日本代表の中でも、 大会の中で注目度は高まったのが勝俣翔貴選手です。 勝俣翔貴さんは東海大菅生高校(東京)の投打に活躍した選手です。 今年の夏の甲子園に出場ならず、地方大会でもオコエと清宮に埋もれて注目度は低かったのです。 ...