28年ぶりの快挙!完全試合達成のロッテ・佐々木朗希の生い立ちや経歴

    千葉ロッテマリーンズの佐々木朗希投手が28年ぶりの完全試合を達成しました。史上最年少での歴史的快挙に、国内外から注目が集まっています。こちらでは、千葉ロッテマリーンズ 選手 佐々木朗希投手のプロフィールや生い立ち、プロでの経歴についてご紹介します。

    ロッテ・佐々木朗希のプロフィールや生い立ち

    まずは、佐々木朗希選手のプロフィールからみていきましょう。

    プロフィール

    • 氏名:佐々木朗希(ささきろうき)
    • 生年月日:2001113
    • 年齢:20歳(20225月現在)
    • 身長:190cm
    • 体重:85kg
    • 出身:岩手県陸前高田市
    • 出身校:岩手県立大船渡高等学校
    • 所属:千葉ロッテマリーンズ
    • ポジション:投手
    • 投球・打席:右投右打

    生い立ち

    小・中学校時代

    佐々木朗希選手は2001113日、岩手県陸前高田市で生まれました。小学校は地元にある陸前高田市立高田小学校へ入学。しかし、2011311日、佐々木朗希選手が小学校3年生の時に東日本大震災が発生、津波にのまれて祖父母・父を亡くしました。実家も流されてしまったため、小学校4年生で大船渡市に引越し、大船渡市立猪川小学校へ転校しました。そこで地元にある少年野球クラブに入部し、野球を始めます。中学に進学後も野球部に入部。2年生でチームのエースになりました。中学校3年生では東北大会で準優勝、全国大会に出場し、自己最速の141km/hを記録しました。

    高校時代

    県内外の強豪校からスカウトを受けますが、「地元の仲間達と甲子園を目指したい」という想いから、大船渡高校へ進学します。高校3年生では、高校生史上最速タイとなる160km/hを記録。高校生離れした剛速球に「令和の怪物」と名づけられました。センバツ大会出場がかかった決勝戦では、故障防止のため佐々木朗希選手を出場させず、チームも敗退。この判断に、高校野球ファンから高校に苦情の電話が殺到。さらにメディアに取り上げられるなど、物議を起こしました。

    2019年のドラフト会議では、

    • 北海道日本ハムファイターズ
    • 千葉ロッテマリーンズ
    • 東北楽天ゴールデンイーグルス
    • 埼玉西武ライオンズ

    4球団から1位指名を受け、抽選の結果、千葉ロッテマリーンズへの入団が決定しました。

    ロッテ・佐々木朗希の経歴

    プロ1年目

    2020年に千葉ロッテマリーンズに入団。背番号の17番は、将来170km/hを投げてほしいという想いが込められています。しかし、プロ1年目の佐々木朗希選手は井口監督から「試合レベルに達していない。今シーズンはちょっと難しそう。」と言われてしまいます。一軍に帯同するものの、公式戦での登板はせず、肉体づくりに励みました。

    プロ2年目

    プロ2年目の2021年4月2日、ヤクルト戦で公式戦デビュー。その1ヶ月後の5月16日に西武戦でプロ初先発し、阪神戦でプロ初勝利を達成しました。CSファーストステージでは先発ピッチャーに選ばれ、チームの勝利に貢献しました。1年目の肉体強化が功を奏し、着々と結果を出していきます。

    プロ3年目

    3年目の2022年3月、楽天戦で164km/hを測定し、自己最速記録を更新しました。さらに4月10日、オリックス戦でプロ野球新記録となる13者連続三振、歴代タイ記録の19奪三振を記録。元巨人・槙原さん以来、28年ぶりの完全試合を成し遂げました。史上最速の14試合での達成、史上最年少(20歳5ヶ月)という驚異的な記録を樹立させました。

    バッテリーを組んだのは、高卒ルーキー松川 虎生(まつかわ こう)捕手。新人捕手が完全試合を達成したのは、こちらも史上初の快挙です。記録ずくめの異例の試合となり、歴史に名を刻む1日となりました。若いバッテリーの活躍にさらなる期待がかかります。

    さらに勢いは止まらず、続くオリックス戦で17イニング連続無安打と52者連続アウトとプロ野球新記録を達成しました。野球ファンの間では、史上初となる2試合連続完全試合が期待されていましたが、佐々木朗希選手の大事を取って、9回に交代されたため幻となりました。

    まとめ

    千葉ロッテマリーンズ 選手 佐々木朗希選手のプロフィールや生い立ち、プロでの経歴をまとめました。中学・高校時代から最速記録を計測されるなど、当時から注目選手でした。ロッテに入団後は、28年ぶり史上最年少となる20歳で完全試合を達成。さらに17イニング連続無安打と52者連続アウトと新記録を樹立。プロ野球の歴史を次々と塗り替えています。野球シーズンはこれからが本番、新たな記録が生まれそうです。佐々木朗希選手の更なる活躍に目が離せません。

    おすすめの記事
    ヤクルトが鵜久森淳志をトライアウトから獲得!中田翔との噂・・・嫁は誰?
    今年、日本ハムから戦力外通告が言い渡されていた鵜久森淳志さん。 このオフのトライアウトを経て、無事、ヤクルトのからの獲得が決定したようです。 まだ28歳の鵜久森淳志さん、正直日本ハムからの戦力外通告されても、すぐに新しい入団先が見つかる予感がしてました。 今年の2軍での成績が良かったので、まだまだ球界から離れるにはもっ...
    片岡治大の性格は血液型通り!(O型)
    巨人に移籍してもなお活躍を続ける元西武の片岡治大選手。 試合中では闘志溢れるアクションが多く、多くのファンと感動を共有してきた。 片岡治大は若手の頃から自分に厳しい結果主義で、 どれだけ強いチームにいても、 そこで溺れずに自分を磨き続けてきた。 感情的なイメージを片岡治大さんに持っており人が多いと思うが、 実はすごい冷...
    脳腫瘍を克服したオリックス山崎福也。兄と父共に野球一家!彼女はかわいいタイプが好き?
    現在オリックスで活躍する山崎福也選手は、中学3年生の頃に脳腫瘍があると、 一時期、野球を断念しざるおえない状況に耐えた経験があったのです。 山崎福也選手は埼玉出身で、高校は東京の名門・日大三高です。 高校生時代から「脳腫瘍」と戦った球児として有名で、 「球児は将来プロ野球選手になれたのか?」と、気になっていた方が多かっ...
    加藤哲郎(近鉄)の現在(麻雀が強い?)。「巨人はロッテより弱い」発言の真相と駒田との因縁。韓国プロ野球も行けた?
    プロ野球選手の言葉・発言も世間には注目されていますが、 その中で、自身の言葉で立場を悪くした選手も少なくありません。 野球選手同士の舌戦というのは、見ていて新鮮。 ファン的には、正直「面白い」と感じてします。 しかし、当人たちは、 その言葉1つ1つに悩み苦しむことがあるようです。 かつて、「巨人はロッテよりも弱い」と報...
    プレミア12のアメリカ代表メンバーはマイナーばかり・・・。韓国代表とドミニカ代表には日本で著名な選手が多い?
    ついに各国のプレミア12の代表メンバーが固まってきました。 日本は中村選手や山田選手など、シーズンを見守っていたファンには偉大なネームバリューが揃っているように思えます。 国際試合となると、やはり気になるのは野球の本場アメリカですね。 アメリカが本気のメンバーを集めるのか、マイナーを揃えるのか、それだけで大会全体の雰囲...
    藤川球児のストレートの握りと回転数。「契約切れ」でプロ(阪神)復帰か?
    「火の玉ストレート」と呼ばれた驚異的なストレートで日本球界を席巻してきた元阪神の守護神・藤川球児さん。 藤川球児さんは2013年にメジャーに挑戦しますが、通算で2セーブしか挙げれず、 今年2015年に四国リーグの「高知」に入団し、世間を騒がせました。 藤川球児さんのトレードマークとなっているのが、 打者の手元で驚異的に...
    タイ・カッブのバットの特徴
    タイ・カッブといえばその確実なバットコントロールで安打を量産したことで有名だが、その安打の秘密の1つにタイ・カッブの使用してるバットがあると言われている。 バットに特徴があるといえば日本のイチローも細く削ったバットを、 長年変わらずに愛用していることで有名である。 こうやって、名プレーヤーには道具のこだわりが付きもので...
    ジョックロック(智弁学園・和歌山の魔曲)の原曲。楽譜がなく高校野球の応援歌として真似できない?
    智弁学園と智弁和歌山の応援は毎年激アツです。 スタンドを埋め尽くす応援団の声と、チアのスキルの素晴らしさ。 個人的には千葉の習志野高校に負けないほど、 智弁は甲子園を揺らす応援団を抱える魔物だと思います。 そんな智弁の代名詞ともなっているのが、 「魔曲」と評される「ジョックロック」です。 このジョックロックが流れ出した...
    中越高校野球部メンバーの出身中学(2015)と本田監督
    新潟代表として、史上最強の呼び声高い中越高校。 中越高校は今年度2015年は、地元新潟では公式戦無敗の強さを誇ります。 中越高校は歴史の古い高校であり、 学校の創立は1905年です。 今回の100年記念大会にふさわしい、 歴史ある高校の出場ということで、 地元・新潟の方はとても喜んでいることでしょう! 今回の新潟代表の...
    久保康友のクイックはやはり早い。嫁とのなれそめで分かる謙虚で誠実な性格。
    現在、日本プロ野球界の中で、久保康友投手ほどの高速クイックを投げれる投手はそうはいない。 久保康友投手のクイックが高速化させられたのは横浜に移籍するよりも前。 社会人時代には1秒を切るスピードでクイック投法で投げれたという。 久保康友投手、クイックを早くしようと意識して練習し、 現在のように、球界でナンバーワンスピー...