28年ぶりの快挙!完全試合達成のロッテ・佐々木朗希の生い立ちや経歴

    千葉ロッテマリーンズの佐々木朗希投手が28年ぶりの完全試合を達成しました。史上最年少での歴史的快挙に、国内外から注目が集まっています。こちらでは、千葉ロッテマリーンズ 選手 佐々木朗希投手のプロフィールや生い立ち、プロでの経歴についてご紹介します。

    ロッテ・佐々木朗希のプロフィールや生い立ち

    まずは、佐々木朗希選手のプロフィールからみていきましょう。

    プロフィール

    • 氏名:佐々木朗希(ささきろうき)
    • 生年月日:2001113
    • 年齢:20歳(20225月現在)
    • 身長:190cm
    • 体重:85kg
    • 出身:岩手県陸前高田市
    • 出身校:岩手県立大船渡高等学校
    • 所属:千葉ロッテマリーンズ
    • ポジション:投手
    • 投球・打席:右投右打

    生い立ち

    小・中学校時代

    佐々木朗希選手は2001113日、岩手県陸前高田市で生まれました。小学校は地元にある陸前高田市立高田小学校へ入学。しかし、2011311日、佐々木朗希選手が小学校3年生の時に東日本大震災が発生、津波にのまれて祖父母・父を亡くしました。実家も流されてしまったため、小学校4年生で大船渡市に引越し、大船渡市立猪川小学校へ転校しました。そこで地元にある少年野球クラブに入部し、野球を始めます。中学に進学後も野球部に入部。2年生でチームのエースになりました。中学校3年生では東北大会で準優勝、全国大会に出場し、自己最速の141km/hを記録しました。

    高校時代

    県内外の強豪校からスカウトを受けますが、「地元の仲間達と甲子園を目指したい」という想いから、大船渡高校へ進学します。高校3年生では、高校生史上最速タイとなる160km/hを記録。高校生離れした剛速球に「令和の怪物」と名づけられました。センバツ大会出場がかかった決勝戦では、故障防止のため佐々木朗希選手を出場させず、チームも敗退。この判断に、高校野球ファンから高校に苦情の電話が殺到。さらにメディアに取り上げられるなど、物議を起こしました。

    2019年のドラフト会議では、

    • 北海道日本ハムファイターズ
    • 千葉ロッテマリーンズ
    • 東北楽天ゴールデンイーグルス
    • 埼玉西武ライオンズ

    4球団から1位指名を受け、抽選の結果、千葉ロッテマリーンズへの入団が決定しました。

    ロッテ・佐々木朗希の経歴

    プロ1年目

    2020年に千葉ロッテマリーンズに入団。背番号の17番は、将来170km/hを投げてほしいという想いが込められています。しかし、プロ1年目の佐々木朗希選手は井口監督から「試合レベルに達していない。今シーズンはちょっと難しそう。」と言われてしまいます。一軍に帯同するものの、公式戦での登板はせず、肉体づくりに励みました。

    プロ2年目

    プロ2年目の2021年4月2日、ヤクルト戦で公式戦デビュー。その1ヶ月後の5月16日に西武戦でプロ初先発し、阪神戦でプロ初勝利を達成しました。CSファーストステージでは先発ピッチャーに選ばれ、チームの勝利に貢献しました。1年目の肉体強化が功を奏し、着々と結果を出していきます。

    プロ3年目

    3年目の2022年3月、楽天戦で164km/hを測定し、自己最速記録を更新しました。さらに4月10日、オリックス戦でプロ野球新記録となる13者連続三振、歴代タイ記録の19奪三振を記録。元巨人・槙原さん以来、28年ぶりの完全試合を成し遂げました。史上最速の14試合での達成、史上最年少(20歳5ヶ月)という驚異的な記録を樹立させました。

    バッテリーを組んだのは、高卒ルーキー松川 虎生(まつかわ こう)捕手。新人捕手が完全試合を達成したのは、こちらも史上初の快挙です。記録ずくめの異例の試合となり、歴史に名を刻む1日となりました。若いバッテリーの活躍にさらなる期待がかかります。

    さらに勢いは止まらず、続くオリックス戦で17イニング連続無安打と52者連続アウトとプロ野球新記録を達成しました。野球ファンの間では、史上初となる2試合連続完全試合が期待されていましたが、佐々木朗希選手の大事を取って、9回に交代されたため幻となりました。

    まとめ

    千葉ロッテマリーンズ 選手 佐々木朗希選手のプロフィールや生い立ち、プロでの経歴をまとめました。中学・高校時代から最速記録を計測されるなど、当時から注目選手でした。ロッテに入団後は、28年ぶり史上最年少となる20歳で完全試合を達成。さらに17イニング連続無安打と52者連続アウトと新記録を樹立。プロ野球の歴史を次々と塗り替えています。野球シーズンはこれからが本番、新たな記録が生まれそうです。佐々木朗希選手の更なる活躍に目が離せません。

    おすすめの記事
    至学館高校野球部の麻王監督と交通事故。選手メンバーの出身中学と校歌(2017年春選抜甲子園)
    いよいよ始まっている2017年度の春選抜甲子園ですが、 今年の愛知代表は至学館高校です。 愛知といえば、昨年から東邦が優勝候補に挙げられ、 甲子園はでは劇的な試合を続け、高校野球ファンの心を掴みました。 東邦以外にも愛工大名電・中京大中京など強豪校が多い愛知県、 その中で代表の座を掴んだ至学館高校は、かなりの快挙です。...
    角屋龍太(オリックス)のベンツと時計。居酒屋の料理人(職業)からドラフト8位指名!彼女の気配は?
    昨年2015年のドラフト会議にて、 オリックスバッファローズからドラフト8位で指名された角屋龍太選手。 社会人選手ということで25歳でのプロ入り。 150キロ近くの直球が持ち味の右腕のようです。 今年のオリックスは相模の吉田投手や育英の佐藤投手、 または角屋龍太さんと、投手の美味しいどこ取りといった感じですね。 そんな...
    平塚学園野球部のメンバー(出身中学)。上野監督から八木監督へ。熊谷拓也(法政)はドラフトされる?
    全国的には無名でも、 神奈川では無類の強さを誇る平塚学園。 地元では「平学」の愛称で親しまれ、 ここ数年は安定して地区予選ベスト4に食い込んでます。 力をつけてきてる平塚学園野球部ですが、 横浜、相模、桐光学園とランバルは常に多い・・。 戦国神奈川の中でも、 平塚学園の調子が良いのか悪いのか、 それだけで大会全体の印象...
    亀井義行の嫁との出会いが純粋!
    巨人の開幕レギュラーを獲得している亀井義行選手。 開幕戦では持ち前の強肩を披露し、ファンを沸かせました。 亀井義行選手の守備力とシュアなバッティングは、 名門巨人の選手の中でも見劣りしません。 亀井義行といえば、既婚者で知られ、 愛妻家であることでも知られてます。 現在の嫁さんのとの出会いは大学時代らしく、 亀井義行さ...
    山本昌の引退試合。これでラジコンと愛車に集中できる!
    今日ついに中日ドラコンズの山本昌さんが50歳での先発登板を達成し、プロ野球史上最年長での先発登板を成し遂げました。 山本昌さんの先発は昨日から決まっており、 本人は相手広島カープに対して「ご了承ください」と笑いを誘いようなユニークなコメントを残してました。 引退試合が行われるか、ギリギリまで心配されていただけに、 今回...
    栗山監督が戦力外になっていた?続役は誰か・・・。未だに結婚せずに独身?
    ドラフトの話題で盛り上がってるなか、 「栗山監督が戦力外?」と気になる見出しの記事が! しかし、実際の内容は想像したのとは違い、 栗山監督がドラフトの「くじ引きを戦力外」にされただけで、 監督自体が戦力外になったわけではなかったのです。 長年、日本ハムで監督を担い、 ここ近年は、定着しつづある方。 ドラフト直前に本当に...
    CCサバシアが劣化?「年俸のわりにたいしたことない」←言わせないで!300勝に向けて食事の改善などで成績向上を・・・
    かつてヤンキースにて最多勝2回を獲得したエースのCCサバシア選手。 今日、深刻な依存症を抱えてることが発覚しファンを心配させてます。 CCサバシア選手といえば2メートルの長身と、強気に攻めるピッチングで奪三振率の高さが特徴です。 かつてはヤンキースのエースの座を不動のものとしてましたが、 2013年頃から、いきなり荒れ...
    吉川大幾の素行は巨人で変わった?PL出身の意地でファインプレー!動画が人気。
    大阪の名門PL学園から2010年にドラフト会議にて中日に入団した吉川大幾選手。 中日に入団した当初は、中日の名手立浪和義がつけていた背番号3を継承するなど、首脳陣に多いに期待されていた。 そんな吉川大幾選手だが、なかなか1軍に定着することなく、 2軍生活を長く続け、2012年にスイッチヒッターに挑戦するなど、 いろいろ...
    陽岱鋼が谷口雄也と巨人にトレードされる噂はなくなった。保留中の契約更改を2度目でサイン!(2016年)
    今年2015年のオフの行われた日本ハム・陽岱鋼選手の契約更改。 陽岱鋼選手は来季2016年は4000万減の年俸が提示され、 本人は納得いかず、そのまま保留という状態が続いてました。 そんな保留中の陽岱鋼さんに、 まさかの「トレード疑惑」が流れてました。 陽岱鋼さんがトレードされると噂された球団は、 長年のライバル・巨人...