阪神タイガース率いる、選手の中心である鳥谷敬選手。
    プレイも振る舞いも完璧な鳥谷敬選手は、多くの阪神ファンのオアシスのような存在。

    鳥谷敬浮気

    ベストナイン5回、ゴールデングラブ賞3回の実力は、
    阪神の歴代のショートストッパーの中でも、最高潮の選手とされる。

    打率3割を3回も残したシュアな打撃と、
    場面で走れる走塁力、
    さらに、鉄壁な守備を兼ね備え、
    阪神ファンの子供に、鳥谷敬さんを目指す子は多い。

    そんな鳥谷敬さんは年俸も阪神選手の中でも高給。
    成績だけでなく、普段の振る舞いなども好評で、
    選手を引退したあと、指導者として阪神に残る可能性が高いです。

    鳥谷敬さんはすでに結婚を果たし、
    子供も3人いる既婚者なのですが、
    過去に「浮気」の疑惑がかかったことがあったのです。

    鳥谷敬の嫁は美しい!浮気は・・・・?

    その浮気疑惑の頃の鳥谷敬さんは、
    新婚で、しかもスタメンからは外れてたと聞きました。
    さらに、浮気の場所が、選手の宿舎だったと・・・・。

    うーん、これはさすがに信じられませんね・・笑

    鳥谷敬嫁
    ちなみに、鳥谷敬さんの結婚した相手の女性が、
    あまりにも美人なので、そこらの女性が勝てるのか?と思っちゃいます。

    鳥谷敬さんの嫁さんは、
    高校時代の野球部の元マネージャーで、
    1歳年上の女性のようです。

    1歳しか変わらないので、
    姉さん女房とは言い難いですが、

    仕事では、仲間を引っ張る存在の鳥谷敬さんには、
    落ち着いた女性が一番だと思うので、ぴったりだと思いました。

    鳥谷敬を7番起用?

    鳥谷敬さんは、試合に出続ける、
    鉄人気質なところがあり、
    これまでフルシーズン出場をずっと続けています。

    鳥谷敬さんも、メジャーで連続試合出場を果たした、
    リプケンを尊敬しているようで、
    この先も、試合に出ることにこだわり続けることでしょう。

    そんな鳥谷敬さんは、
    最近、打順7番で起用され、
    「ついに劣化?」とファンを心配させました。

    鳥谷敬7番

    現在34歳になる鳥谷敬さんですが、
    昨年は3割を超える打率を残し、
    常に1番3番で打線を引っ張りました。

    いきなりの7番起用に、
    多くのファンがショックを受けましたが、
    鳥谷敬さんを7番に動かした理由は、
    デッドボールによる症状の悪化を恐れたためとされています。

    その七番で起用された試合では、
    ショートの守備ではセンターに抜けるヒット性の当たりをファインプレー、
    打っては、鮮やかな流打ちでレフト前ヒット、
    これまでのパフォーマンスと、何も変わりはなかったです。

    ただ、一応、年齢のこともあるので、
    これから、調整で7番などの下位に動くこともあるかもしれません。

    おすすめの記事
    韓国でコーチを務める西本聖。シュートの名手で江川卓と巨人エースを争った。夫人とのエピソード
    2015年から韓国プロ野球チーム「ハンファイーグルス」にて、 1軍の投手コーチを務めることになった西本聖さん。 日本球界では阪神・ロッテ・オリックスにてコーチ経験を持ち、 指導者として、選手に信頼され、評判は高かった。 西本聖さんは現役時代、巨人で13年、中日で3年、オリックスで1年プレーし、 その中でも、巨人時代...
    清田育宏は子供を授かるべき!連続安打ストップも、バスターやノーステップなど多彩なバッティングが魅力!
    千葉ロッテマーリンズに所属する清田育宏選手だが、 先日の巨人戦で、バスターの構えからホームランを放ち話題になった。 清田育宏さんは5月から6月の頭まで、 23試合連続安打も記録し、 今年のロッテの選手の中で、最も話題になっていた野手だ。 清田育宏さんは2009年にドラフト4位でロッテに入団。 毎年、覚醒の兆しを見せるも...
    チェン・グァンユウ(陳冠宇)の成績が日本語と共に向上。横浜から戦力外でロッテで飛躍!(柳田に当てた投手ではない)
    今日のクライマックスの日本ハムーロッテの第2戦の先発のマウンドに上がったチェン・グァンユウ投手。 相性の良い日本ハム打線を5回5安打1失点の好投を見せ、ロッテのクライマックス勝利に向けて大きく貢献しました。 台湾出身のチェン・グァンユウ投手は、 「チェン」と報道されることが多いので、 一瞬、中日にいたチェン投手と間違え...
    勝俣翔貴のドラフト評価。箱根出身で中学時代のシニアは?Twitterではファン多し!
    U-18も大会終盤、多くの方が今年の日本代表の初優勝を間違いないものと見てます。 そんなU-18日本代表の中でも、 大会の中で注目度は高まったのが勝俣翔貴選手です。 勝俣翔貴さんは東海大菅生高校(東京)の投打に活躍した選手です。 今年の夏の甲子園に出場ならず、地方大会でもオコエと清宮に埋もれて注目度は低かったのです。 ...
    小川泰弘の契約更改と年俸(2016年)。山田哲人と共にヤクルトのスター選手に!
    今年、セリーグ優勝を果たしたヤクルトの先発中心核である小川泰弘投手。 若干プロ3年目ながらも、すべてのシーズンで安定した成績を残し、ここ近年のヤクルトの若手投手の中でもスバ抜けた成績を残し続けてます。 今年の小川投手の成績は11勝8敗。 若干、不調な時期を乗り越えて、バーターラインギリギリをクリアしました。 25歳の小...
    今江敏晃の嫁は性格通りの年上!2000本安打までバット投げヒットを続けて欲しい
    千葉ロッテマーリンズきってのイケメンともてはやされる今江敏晃選手。 今江敏晃選手は「ゴリ」という愛称で親しまれているが、 実際の性格は愛情豊かで優しい性格だと言われています。 今江敏晃さんはプロ3年目の2004年に、 10歳年上の女性と結婚を果たしました。 まだまだプロとして芽が出てない時期の結婚だったので、 当時はあ...
    バリーボンズの現在は?松葉杖をついて始球式に登場・・・笑
    メジャーの殿堂入りの件でずっともめていたバリーボンズ。 彼の功績を疑問視する声と、結局は肯定したがる声と、 現在のバリーボンズの球界への意心地は最悪なはずだ。 メジャー最多の762本のホームランが彼最大の功績であるが、 今の若いメジャーリーガーにバリーボンズのようになりたいという選手はでてこない。 きっと、これから先の...
    イチローが飲んでるユンケルの種類とドーピング知識
    イチローがイメージキャラクターを勤めている栄養ドリンク「ユンケル」。 イチロー選手が実際に試合前に飲んでいることで、国内で大ヒットし、その人気は海外のメジャーリーガーにまで影響を与えている。 WBCの優勝会見では、イチローの弟分の川崎選手が「イチローさんが試合の1時間前にユンケルを飲むことが分かりました。」と発言し、ユ...
    中嶋聡(捕手兼任バッテリーコーチ)が引退!強肩で子供の頃の頃からの憧れ。星野とのエピソード
    実働29年という工藤監督の記録に並んだベテラン捕手。日ハムの中嶋聡さんが引退を意思を固めてるそうです。 中嶋聡さんは捕手兼任バッテリーコーチという変わったポジションで、日本ハムを支えてました。 古くからのプロ野球ファンには知られた存在が、 そもそも「まだ現役だったのか?」ということも衝撃的なようです。 中嶋聡さんはバッ...
    富島高校の主将・中川大輝はバイトで遠征費を稼いでいた(建築関連)
    春の甲子園が待ち通しい時期ですが、 昨日、選抜に出場できる全高校が発表されました。 21世紀枠では伊万里と富島高校が選ばれ、 連日、メディアを沸かせています。 特に富島高校は前身の高校が1916年創立されて、 初めての甲子園出場ということで、 歴史の長い高校の、ようやくの甲子園出場に地元は大盛り上がりです。 富島高校の...