知識は専門家レベル!本当に参考になるガジェット系YouTuber・家電芸人4選

    日常生活において、必要不可欠なスマートフォンやデジタル家電。科学技術の進歩に比例して便利になっていく一方、多種多様な機能を前に頭を悩ませた経験はありませんか?使いこなせないスペックや多機能な製品を選んでしまい、必要以上に出費がかさんでしまった経験をしたことがある方も多いのでは?

    一方、実店舗で購入すると専門家の話が聞ける反面、「セールスがうっとうしい」「ネット販売に比べて価格が高そう」ということを考える方も多いはず。

    今回は、そんなあなたにおすすめできる専門家に匹敵する知識を持ち合わせた本当に参考になるガジェット系YouTuber家電芸人を厳選してご紹介します!

    カズチャンネル/Kazu Channel

    • チャンネル登録者数:186万人

    老舗ガジェット系YouTuberのカズチャンネルのカズさん。2010年より動画投稿を始め、2013年からHIKAKINが所属する大手YouTuber事務所UUUMに初期メンバーとして所属。最大の特徴は、企業からの案件として商品を紹介するのではなく、自腹で商品を購入してレビューを行うスタイル。そのため、製品に関する消費者としての本音を語ってくれます。

    冷蔵庫などの大型家電からスマートフォンやパソコン、その周辺機器までというジャンルの幅広さも魅力となっています。

    瀬戸弘司 / Koji Seto

    • チャンネル登録者数:166万人

    瀬戸弘司さんもカズさん同様、2013年にUUUMへの所属を決めた、老舗ガジェット系YouTuberのひとりです。瀬戸弘司さんはカメラやスマートフォン、パソコンとその周辺機器のレビューに特化しています。いかにもYouTuberらしいジャンルですよね()

    こちらも自腹での購入なので企業ひいきの発言がありません。中でも数か月や数年単位といった長期的な使用感の感想は非常に参考になります。

    せろりんね

    • チャンネル登録者数:6万人

    近年、一目置かれる存在となりつつあるeスポーツ。そのeスポーツに必要不可欠なのが「ゲーミングPC」ですが、スペックの選択を間違えてしまい、ゲームの起動すらできないという致命的なミスにつながることも。また、価格帯も高いことから購入を尻込みしている方も多いかと思います。そんなあなたに寄り添ってくれるのが、せろりんねさんです。

    取り扱っているジャンルは、ゲーミングヘッドセットやマウス、モニターなどのゲーミングデバイス全般から、自作ゲーミングPCを制作する際に必要となる各種パーツの詳細まで、とにかく幅が広いんです。PCケースやCPU、マザーボード、グラフィックボード、CPUクーラーやSSD、電源まで、単体で扱った動画も多くあり、自作PC初心者から上級者まで参考になる内容となっています。

    そして、なんといっても、それらのパーツを込みこんだ前後でゲームの試合にどのような違いが表れるのかをプレイ動画付きで比較してくれます。それらの情報がコンマ数秒やフレーム単位の世界で争うゲームにおいて、勝敗を左右する大きな情報となりうることは言うまでもないでしょう。

    がじがや電器店(かじがや卓哉)

    • チャンネル登録者数:3万人

    吉本興業に所属するピン芸人で、元祖家電芸人のかじがや卓哉さん!大人気トークバラエティ番組『アメトーーク!』内の人気コンテンツのひとつである「iPhone使いこなせてない芸人」にて、iPhoneを使いこなすアドバイザー側として出演し、知名度を獲得しました。

    かじがや卓哉さんの家電愛は自他ともに認めるほど異常だそうで、家電量販店でのアルバイトで生計を立てて生活する中、他店からもヘッドハンティングされるほどに売り上げを上げていたそうです。また、25歳という若さにして最難関国家試験のひとつである税理士試験に合格して税理士となりますが、その後も税理士となった後も家電量販店でアルバイトを続けたというエピソードを持っています。

    「家電量販店で10年以上働いた経験」と「家電製品総合アドバイザーの資格」を持ち併せるかじがや卓哉さんこそ、芸能界一の家電狂いといっても過言ではありません!

    そんなかじがや卓哉さんは「かじがや電器店」という自身のYouTubeチャンネルにて情報を発信しています。メインジャンルは『アメトーーク!』同様、Apple製品が中心となっています。中でも最大の魅力がアプリやiPhoneを最大限に活用するための小ネタや裏ワザ、各キャリアプランの比較など元家電のプロらしい痒い所に手が届くような内容となっています。最近では小型家電の紹介などの内容も取り扱いつつあるため今後にも期待です!

    最後に

    いかがだったでしょうか。日常の充実度を段違いに上げてくれるガジェットやデジタル家電ですが、大きな出費となるため頻繁に買い換えられるものではありませんよね。自身に最適な製品を選択する手段として、今回紹介したインフルエンサーの方々の意見を取り入れ、選択の幅を増やしてみてはいかがでしょうか!

    おすすめの記事
    津田翔希の兄は元プロ選手!和歌山が生んだ才能。進路はやはりドラフト?Twitterで話題!
    浦和学院にてイケメンキャプテンと評判の津田翔希選手。 U-18では守備に打撃にチームに貢献し、ファンが激増しました! 小柄で細身ながらも、中距離打撃が魅力のようで、 埼玉県大会では、味方に流れを呼び込むザ・キャプテンなバッティングを披露していました。 U-18では打撃だけでなく、 味方投手を援護する華麗な守備で、 幾度...
    福田聡志が例の問題の噂で戦力外?結婚して嫁と子供はいるのか?引退は・・・
    すでに巨人より来季構想外と噂されていた福田聡志さん。 なんと、今日になって、ある賭け事への関与が疑われているとニュースになっています。 福田聡志さんは希望枠からの巨人入団で、 背番号も当初「22番」をもらうなど期待が大きい選手でした。 また、福田聡志さんは一軍の試合に多く登板し、 巨人のリーグ優勝の立役者にもなっており...
    大竹寛にラーメン禁止令!?広島でのブーイングは落ち着いたか・・・?
    大のラーメン好きで知られる巨人の大竹寛 投手。 ポコっと出たお腹が特徴的で、体重は95キロにもなるという。 そんな大竹寛 投手に、原監督から直々にシェイプアップが命じられたという。 大竹寛選手のラーメンマニアぶりはファンの中でも有名で、 それは広島カープにいた時代から続くそう・・・。 巨人に移籍して、東京都内の美味しい...
    横浜隼人の水谷監督が再び甲子園へ導く日。メンバー(エース林俊太郎投手)とグランド整備のトンボ!
    2009年にまさかの神奈川から夏の甲子園の切符を手にした横浜隼人高校。 神奈川の予選では7試合中5試合が逆転での勝利で、まさにドラマのような優勝劇でした。 甲子園では初戦を難なく突破しましたが、 二回戦目で花巻東に惜しくも敗れてしまいました。 阪神タイガースのユニフォームそっくりなチームが、 まさかの戦国・神奈川からの...
    元巨人の松谷竜二郎さんが建設会社の社長に!(名前は?)息子は学法福島にて活躍してた!
    プロ野球を引退していく選手の末路に、 明るい未来があることは・・・、 プロ野球ファンとしてはあまり聞きたくないパターンもあります。 テレビでたまに放送される野球選手のその後は、 放送されるたびに、ショッキングな反応が飛びます。 そんな中で、元巨人の松谷竜二郎さんは、 引退後に0から社会人人生を再開させ、 最終的には、見...
    オリックスの西勇輝は彼女すらいない独身貴族。そろそろ結婚して嫁をもらう時期だと思う。
    今年2015年のオールスターにも選出された西勇輝投手。 西勇輝さんは1年目から1軍登板を果たし、 歴代のオリックス投手の中では稀な高卒からの最速で覚醒を果たしている。 西勇輝さんは高校時代は菰野高校にて、 3年の夏に甲子園に出場を果たしていましたが、 当時から、大会で目立った存在ではなかったのです。 しかし、2008年...
    今江敏晃の嫁は性格通りの年上!2000本安打までバット投げヒットを続けて欲しい
    千葉ロッテマーリンズきってのイケメンともてはやされる今江敏晃選手。 今江敏晃選手は「ゴリ」という愛称で親しまれているが、 実際の性格は愛情豊かで優しい性格だと言われています。 今江敏晃さんはプロ3年目の2004年に、 10歳年上の女性と結婚を果たしました。 まだまだプロとして芽が出てない時期の結婚だったので、 当時はあ...
    筒香嘉智の守備は上手い?(下手なわけない)応援歌と年俸
    昨日のプレミア12の準々決勝にて、怪我で離脱してる中村選手(おかわり)に変わって4番を務めた筒香嘉智選手。 終わってみれば猛打賞に得点に絡む大活躍。 中村選手の代役を任される責任とプレッシャーを見事に乗り越えたのです! しかし、筒香嘉智さんの守備の面では、悪いところ少し見せてしまい、「筒香っての守備下手なの?」と不名誉...
    浅尾拓也の年俸が1億を割る(減俸でサイン)。イケメンの引退は間近な予感・・。タバコは?
    ここ近年、怪我や不調でファームと1軍を行ったり来たりしていた浅尾拓也投手。 成績自体は、数年前よりも劣ってしまっていますが、その人気は未だに健在で、イケメンなプロ野球選手の話題になると、欠かさず「浅尾拓也」の名前が登場します。 そんな浅尾拓也さんは11月7日に契約更新に挑み、 これまで1億2000万だった年俸が、220...
    プレミア12のアメリカ代表メンバーはマイナーばかり・・・。韓国代表とドミニカ代表には日本で著名な選手が多い?
    ついに各国のプレミア12の代表メンバーが固まってきました。 日本は中村選手や山田選手など、シーズンを見守っていたファンには偉大なネームバリューが揃っているように思えます。 国際試合となると、やはり気になるのは野球の本場アメリカですね。 アメリカが本気のメンバーを集めるのか、マイナーを揃えるのか、それだけで大会全体の雰囲...