すでプロ2年目で知らぬ人はいないほどの知名度を誇る大瀬良大地さん。
    広島では、黒田投手が復帰する前から、この大瀬良大地さんの入団で「投手王国確実!」と熱狂させた。

    大瀬良大地フライデー彼女

    大瀬良大地さんは九州共市大から、2013年にドラフト1位で広島カープに抽選で入団。
    このドラフトの開票の様子は、野球ファンにとっては名シーンとして扱われており、
    長年、大瀬良大地さんを追った田村スカウトの執念が実ったドラマとして、現在でも動画サイトなどで、ドラフトの開票の瞬間は人気動画となっている。

    大瀬良大地さんは大学時代から、大学トップの投手として注目を集め、
    プロに加入する前からすでに特集を組まれてたりしていた。
    大学時代から大瀬良大地さんは人間性が素晴らしいと評判で、
    大学の野球部の監督はじめ、教授までもが大瀬良大地さんを絶賛していた。

    そんな大瀬良大地さんはプロに入ってすぐに2桁勝利を記録し、
    2年目の今年も開幕から絶好調で、オールスターのファン投票では上位に食い込み、すでに球宴への出場が確実視されている。

    大瀬良大地の弟との絆は兄弟ドラマそのもの

    大瀬良大地さんには弟がいるのですが、
    産まれながらの病気を抱えていて、
    その病気は外見的にも人と違うようなもの。

    ある日、大瀬良大地さんのお母さんが、
    大瀬良大地さんに、弟が試合を観に来ることが嫌ではないか?
    恥ずかしくないか?と質問すると、

    大瀬良大地さんは、弟が野球が好きなのを知っており、
    弟の喜びが1つ増えたら嬉しい、
    弟のために野球で活躍したいと、

    弟の存在をそのままに受け止め、
    自分の可愛い弟でしかないと、

    病気に対する色眼鏡もなにもない、
    大きな兄弟愛で弟を励ましたいと前向きだった。

    この大瀬良大地さんの兄弟のエピソードはテレビで放映され、
    番組でスタジオにいた北斗晶さんなどの芸能人は号泣、
    ネット上では「聖人すぎる」「心が洗われた」と感動したコメントが多い。

    なるべくして、人に感動を与えられる選手のような気がしますよね。

    また、大瀬良大地さんは大学に在学している段階で、
    将来、野球を引退したら先生になりたいと、大きな志を見せ、
    他のプロ注目選手とは、良い意味で違和感のある存在だった。

    大瀬良大地に彼女はいるのか?

    大瀬良大地さんは子供からのインタビューで、
    「彼女はいないですか?」と聞かれ、
    「彼女欲しい」と発言。

    どうやら、いまの段階では彼女の存在はいないみたいです。

    今の大瀬良大地さんは、野球に集中したいらしく、
    彼女を作る気はないような感じでした。

    現在では広島カープの選手は、
    「カープ女子」と言われるファンが登場するほど、
    その世間の注目度が高いです。

    当然、フライデーなどの週刊誌は、
    大瀬良大地のような広島の人気選手を狙うことでしょう。

    正直、大瀬良大地さんのような、
    内面が真っ直ぐで、人間性が素晴らしい選手は、
    ちょっとしたスクープで悪い方向に向かうような気がするので、
    フライデーなどには、注意してもらいたいですね。

    ここ最近は広島・横浜と、
    野球人気が復活しているので、
    フライデーの目が向きそうで怖いです。

    おすすめの記事
    中田賢一の嫁と「暴れ馬」だけに実家お金持ち?二段モーション疑惑と、本多とトレードはなかった。
    優勝を果たしたソフトバンクのローテーションの一角を担う中田賢一投手。 今年のこれまでの成績は9勝6敗と、このまま2桁勝利が期待されます。 昨日のロッテ戦でも8回を投げ、自責点0の好投を披露し、 33歳にして、2年前までの中日時代の成績を超える、 皮肉な活躍ぶりでこれまでの過小評価を覆してます。 そんな中田賢一さんは昨年...
    松井裕樹のスライダーはどれほど凄いのか?握り方や投げ方を検証!
    プロに入って早々プロの打者を空振りにとっている、 楽天に所属する松井裕樹投手。 松井裕樹投手の代名詞とも言われているのが、 縦に鋭く曲がるスライダーですね! 松井裕樹投手はこのスライダーを武器に、 高校時代は三振記録を塗り替え、 その後の高校生先発では世界のバッターを三振に仕留めてました。 プロに入ってそうそう、 ブル...
    法政大学の菅野秀哉(小高工業)。ドラフトと完全試合の記憶
    現在、法政大学にて1年生の菅野秀哉投手。 高校時代は福島県の小高工業にてプロ注目の右腕でした。 菅野秀哉さんはまだ1年生ですが、 法政大学では将来のエース候補で、 この先、出場試合が増えるごとに話題になりそうです。 菅野秀哉さんがドラフトにて注目されるならば、 2018年になりそうです。 高校から大学に進路を決める間際...
    阪神屈指の強肩、曽我部直樹は現在オリックス関係者?
    曽我部直樹という選手を知っている人は少ないと思いますが・・・。 実は阪神の歴代の外野手の中でも、肩の強さが異常に強いということで、最近認知されている方なのです。 曽我部直樹さんは阪神に4年間在籍してましたが、 なかなか出場機会には恵まれなかったみたいです。 そんな曽我部直樹さんが、 なぜ、今になって話題になっているのか...
    横浜DeNAの乙坂智が侮辱行為で注意されていた!ヤンキー疑惑が急浮上(笑)
    昨年から1軍での出場の機会が増えた横浜DeNAベイスターズの乙坂智選手。 アメリカとのハーフで端正なルックスなため、女性ファンが多く、 プレーでは、代打で初出場したロッテ戦にてホームランを打ったことで横浜ファンの心を掴んでいる。 そんな乙坂智選手だが、 1軍デビューする前の2013年に、 イースタンリーグの試合にて、 ...
    松井裕樹がスライダー投げない理由。契約更新ではプレミア12は関係なし?彼女の存在とアナとの噂
    楽天にて守護神としてチームを支える松井裕樹投手。 高卒からの異例の早さでの抑え就任に、多くの野球ファンが松井裕樹さんに期待してることでしょう。 そんな松井裕樹さんが高校時代から投げている決め球が「スライダー」です。 独自の変化を持つスライダーに、高校時代は三振の山を築きました。 しかし、ここ最近の松井裕樹さんは、 その...
    館山昌平がカムバック賞!ぐう聖な性格と嫁
    今年、怪我から無事復帰を果たしたヤクルトの館山昌平投手。 2013年は0勝0敗の成績で、2014年は一年間は1軍に出場できませんでした。 長期離脱が続く中でのベテランのカムバックに、 ヤクルトも勢いに乗れたことでしょう。 今年の館山昌平さんの復活劇は、 ヤクルトの精神的な部分での強みになったに違いないです。 館山昌平の...
    今季限りで退任!阪神・矢野監督のプロフィールや経歴
    今季限りで退任!阪神・矢野監督のプロフィールや経歴
    熱狂的なファンがおり、近年は優勝争いに必ず顔を出している阪神タイガースですが、2022年シーズンは異変が起きているようです。 キャンプイン前日に監督の矢野燿大(やの あきひろ)さんが今シーズン限りでの退任を発表し、その影響も多少関係しているのか阪神タイガースはシーズン開幕からプロ野球新記録の大型連敗。13試合終了時点で...
    中嶋聡(捕手兼任バッテリーコーチ)が引退!強肩で子供の頃の頃からの憧れ。星野とのエピソード
    実働29年という工藤監督の記録に並んだベテラン捕手。日ハムの中嶋聡さんが引退を意思を固めてるそうです。 中嶋聡さんは捕手兼任バッテリーコーチという変わったポジションで、日本ハムを支えてました。 古くからのプロ野球ファンには知られた存在が、 そもそも「まだ現役だったのか?」ということも衝撃的なようです。 中嶋聡さんはバッ...
    森友哉の乱闘騒ぎ。死球は場所で決まる?ヤンキー疑惑は晴れているが・・・
    西武ライオンズの2年目の19歳・森友哉選手は、先日のロッテ戦にて、腰付近の死球を受け、一瞬だけ、投手のいるマウンド側をチラっと見た為、 ロッテベンチから「なんだ、お前?」と言わんばかりの視線を浴び、結果、両ベンチが飛び出し、乱闘寸前までにいきました。 自分は実際に7月3日の西武対ロッテ戦の、 森友哉選手のデッドボールを...