かつてはメジャーリーグで2度のホームラン王を獲得して世界的ホームランバッターであったサミーソーサ。
    彼は2003年の6月のデビルレイズ戦で、折れたバットの中にコルクが発見され、主審から退場処分を受けた。
    計7試合の出場停止になった後に、連日メディアで批判が続いた。

    サミーソーサ コルク

    実際にバットにコルクを詰めても、スイングスピード自体は上がるが、
    飛距離が伸びるというわけでもないらしく、
    サミーソーサがバットにコルクを詰めた意図は不明。
    本人は、ファンに見せる打撃練習用のバットを間違えて使用したとも言われている。

    現在のサミーソーサはすでに引退しているが、
    最後に活躍したチームがレンジャーズで、
    その後に薬物疑惑で契約がもらえなかった話はマイナー。

    サミーソーサ 現在

    サミーソーサほどの成績を残した選手が盛大なセレモニーなしに引退となるのは寂しかった。
    地元のドミニカでは英雄のような扱いなのに、ファンはガッカリしたことだろう。
    ちなみに、彼がテキサスで最後に残した成績は114試合で21HRの92打点。
    契約してくれる球団さえあれば、もっと成績を伸ばすことは可能だったはずだ。

    日本では1998年の日米野球で豪快なホームランを見せつけ、スポーツ紙の一面を飾った。
    サミーソーサはもともと日本でも有名であったが、日米野球でのケタ違いな活躍は衝撃だったはずだ。

    そんなサミーソーサも2006年には日本の阪神へ入団すると話題になった。
    しかも、近づいたのはサミーソーサ側。しかし、阪神的には年棒を用意するのも大変で、ソーサの年齢が嫌だ断ったそう。
    当時のサミーソーサの年棒を考えると、5億以上は確実に用意しないといけない。阪神の性質上、そういう選手は嫌だろうね。(過去の失敗もありますし)

    マグワイアとホームランを争っていた時期に、
    報道陣の両者の扱いに差があったと、
    彼の深刻な人種差別が持ち上がった。
    今考えると、サミーソーサも個人的に逆行に立ち向かった選手であった。

    今ではドミニカの選手が多くMLBで活躍しているが、
    それはサミーソーサの活躍による恩恵が強いことだろう。

    人種差別がなくなるのは、才能の世界から先だ。

    おすすめの記事
    秋山翔吾が年俸1億5000万円で契約更新!これで愛車を乗り換えるのか?台湾でも人気?
    今年度、西武ライオンズにてシーズン通算記録の216安打を達成した秋山翔吾選手。 いきなりの大覚醒に、多くの野球ファンが秋山翔吾さんに驚愕したことでしょう。 これまでの秋山翔吾さんの年俸は6200万でしたが、 安打記録を更新したことで、このオフの契約更新が注目されていました。 実際の契約更新の結果、秋山翔吾さんの年俸は8...
    鹿児島実業野球部の有村健太(串木野出身)と橋本拓実(大学は?)。メンバーの出身中学
    鹿児島男児といえば、頑固で自信家なイメージが強いですが、 鹿児島実業には、冷静で落ち着いたイメージが強いです。 今年の甲子園で5年ぶり18回目の甲子園出場を果たした鹿児島実業野球部。 地区予選ではエースの橋本投手と、 才能豊かな有村選手の2本柱で制してきました。 鹿児島大会では6試合中、 一度も相手にリードを許さず、...
    ラガーさんごと善養寺隆一さん(某印刷会社)がドリームシートで立ち退き?甲子園の名物おじさんがテレビ鑑賞に切り替える可能性・・・
    高校野球の聖地・甲子園の名物は多くあります。 その中でも近年ずっと甲子園を愛した善養寺隆一さんは有名です。 善養寺隆一さんは約15年もの間、 甲子園のバックネット裏にて、 黄色の帽子とラガーシャツで応援を続けてきた方です。 何度も甲子園をテレビで鑑賞したことがある方なら、 一度でも「ラガーおじさん」ごと、善養寺隆一さん...
    木村昇吾(広島)がFA権行使!(同期には巨人の村田)。嫁も子供もいる強肩は魅力の選手!
    広島カープに所属する木村昇吾選手が、 取得したFA権を行使するとニュースになっています。 現在、35歳になる木村昇吾さんは1980年生まれ。 遅咲きの松坂世代として知られてました。 今になって、木村昇吾さんのFAの行使は意外な選択らしく、 多くの方がカープにてゆっくりと引退していく姿を想像していたことでしょう。 木村昇...
    藤浪晋太郎とヒロド歩美の写真(画像)。熱愛否定も復縁や大谷のガセも。
    阪神のエースとして活躍している藤浪晋太郎投手ですが、 ついに球速は160キロに到達し、 現在ではWBCのマウンドで奮闘しています。 若くして球界を代表するピッチャーに育った藤浪晋太郎投手で、 気になるプライベートでは未だに独身です。 しかし、藤浪晋太郎投手は独身であっても、 熱愛報道や疑惑は、度々登場します。 一番最近...
    呉昇桓(オスンファン)の逮捕はさすがに・・・。引退疑惑と年俸推移
    色々と大変な問題を抱える呉昇桓さん。 ついには、噂の一部を認めたようです。 阪神は呉昇桓さんとの残留交渉を打ち切ったようで、 今後の移籍やらの去就よりも先に、 例の疑惑に関する課題が先走る事でしょう。 そんな呉昇桓さんが、 そのうち逮捕されると思ってる人がいるようです。 呉昇桓(オスンファン)が逮捕される事はあり得るの...
    中村悠平(背番号27)の盗塁阻止率がすごい・・・、性格も捕手的?ムーチョは昨年結婚していた!
    今年の劇的優勝を成し遂げたヤクルトの正捕手にあって、 今年の侍ジャパンにサプライズ選出された中村悠平さん。 正直、ヤクルトファン以外であれば、中村悠平さんの知名度はイマイチ。なんせ、正捕手に就任したのは最近なのです。 中村悠平さんは高校時代から身体能力に優れ、 特に遠投は110メートルを超え、その地肩の強さが魅力の選手...
    大沢志意也がドラフトされるなら日本ハム?東海大四高校野球部のメンバーといつでも会える!
    今年の春選抜で準優勝したことで話題になった、 東海大四高校の大沢志意也投手。 春選抜では健大高崎・浦和学院など、 全国屈指の強豪の打者たちを手玉に取りました。 しかし、東海大四高校は、 今年の夏の甲子園の地区予選にて、 準々決勝の札幌円山高校に敗戦・・・。 春夏連続での甲子園出場はなりませんでした。 特に、準々で3本ホ...
    柳田悠岐が死球で負傷交代。離脱(怪我)して故障者リストに入ったらシャレにならない!「FAでカープに行かないで!」の声
    今季パリーグで大活躍中のソフトバンク柳田悠岐選手が、 今日行われたロッテ戦にて、相手投手のイ・デウンから死球を浴び負傷交代したそうです。 柳田悠岐さんの死球の場面は1回の第一打席の2球目。 相手投手のイ・デウンの148キロのストレートを左膝の裏に当てられ、 その場でうずくまり、立てず、そのまま負傷交代となりました。 柳...
    與那原大剛(普天間高)のドラフトでの涙(巨人)。出身中学と高校。読み方は「よなはらひろたか」。
    今年2015年のドラフト会議にて、 読売巨人に3位指名を頂いた與那原大剛選手ですが、 そのドラフト後の会見にて、涙を流しました。 與那原大剛(よなはらたかひろ)投手は、 沖縄出身の選手で、普天間高校からのドラフト指名でした。 ドラフトでの会見の中での與那原大剛さんは、 「親孝行がしたかった」と語り、 自分がプロに入り、...