悲劇のエース・丹波慎也(横浜高校)。上地雄輔が憧れた男。渡辺監督は彼の写真を大事に持ち歩いていた・・・。

    横浜高校といえば、今年で長年「名将」として全国に知られた渡辺元智監督が退任したことで話題になりました。
    今年の横浜高校は神奈川県大会の決勝で、東海大相模に破れますが、夏のあとの大会では大勝でリベンジを成し遂げました。

    今後も横浜高校を語る上で渡辺元智さんの存在は大きく、
    それと共に1998年の春夏連覇した松坂時代も記憶され続けることでしょう。

    しかし、渡辺元智さんいわく、
    そんな松坂選手以上の逸材が、
    かつて横浜高校に在籍していたというのです。

    その名は「丹波慎也」です。

    悲劇のエース「丹波慎也」

    コアな高校野球ファンであれば、
    一度は丹波慎也さんの名前を聞いたことがあるでしょう。

    丹波慎也さんは松坂大輔選手の2歳上の学年の方だったようです。

    丹波慎也横浜高校松坂上地雄輔
    1年生から背番号「11」を背負い、投手としての素質は、渡辺監督いわく松坂選手以上だったようです。

    しかし、丹波慎也さんはある日の練習後に、自宅で寝ているところ、急心不全で亡くなってしまったようです。

    渡辺監督は、「もしかしたら自分の指導が・・」と自分を責めたそうですが、本来の原因はまた違うところでしょう。

    このときのこともあり丹波慎也さんは、
    「悲劇のエース」と呼ばれるようになり、
    この選手が渡辺監督の転機となったそうです。

    選手の体調や、痛い場所への配慮を、
    これまで以上に徹底していったようです。

    丹波慎也は上地雄輔が横浜高校入りを決めた憧れの人

    丹波慎也さんのことは、芸能人として活躍している元横浜高校野球部の上地雄輔さんもブログで語っています。

    上地雄輔さんは、中学生の頃にテレビで横浜高校にて背番号11番を背負う、当時一年生投手であった丹波慎也さんの姿をみて、憧れ、横浜高校への進学を決めたそうです。

    丹波慎也悲劇のエース写真

    丹波慎也さんは野球の才能がずば抜けているだけでなく、
    顔もイケメンで、勉強も完璧。

    入学した後も、上地さんは丹波慎也さんにべったりだったそうです。
    さらに丹波慎也さんは投手、上地さんは捕手ということで、
    よく一緒に練習し、周囲からは兄弟のようだと言われていたようです。

    しかし、2年生の春の甲子園の予選で、
    4番エースで横浜高校をノーヒットノーランで勝利に導いた、
    その2日後に、丹波慎也さんは亡くなってしまったそうです。

    そのときの甲子園大会では、横浜高校は背番号「1」を欠番にして挑んだようです。

    全国的に強豪な横浜高校にて、これまでに多くに影響を与えた選手がいたなんて、不思議ですね・・・・。

    渡辺監督は丹波慎也の写真を持ち歩いていた

    渡辺元智監督、それ以降、
    丹波慎也さんの写真を肌身離さず持ち歩いたそうです。

    今でもインパクト抜群な、優秀な生徒・・・・。
    かけがえなのない生徒をなくし、一時期は監督の辞任も考えていたそうです。

    それ以降に、丹波慎也さん以上ん逸材の選手には出会わなかったそうです。

    そう考えると、その時代以降の横浜高校の見方も少し変わってきますね。勝利至上主義ながらも、そこには深い思いが重なっているのでしょう・・・。

    おすすめの記事
    秋山翔吾の嫁は幼馴染!結婚に父も安心?
    二ヶ月連続の40本安打を達成した秋山翔吾さん。 イチロー選手以来の安打製造機として、球界で注目されてます。 八戸大学から2011年にプロ野球入りをし、 今年でプロ4年目の秋山翔吾さん。 そろそろ1軍での覚醒が確実視されています。 もともと秋山翔吾選手はルーキーイヤーが1軍の試合に多く出場し、 打率も2割後半と悪くなく、...
    沢村栄治の孫の現在は?
    大昔の日本の大エースといえば沢村栄治が浮かぶことだろう、彼は戦時中に、不幸な最後を辿り、その血の繋がりは途絶えたように思われていた。しかし、当時26歳だった沢村には娘がいたのだ。 その沢村栄治の一人娘である美穂さんは今年で69歳になる。 自分の父のことは自慢のようで、これまでの人生で、 父の名前のおかげで良い想いをたく...
    興南高校の比屋根の球速と、野球部メンバーの出身中学(2015年)。監督の力の大きさ
    かつての春夏連覇を達成を果たした我喜屋監督率いる興南高校野球部が甲子園に帰ってきました。 今年の興南高校は、エースの比屋根投手と、 沖縄屈指の堅い守備で、地方大会を制覇してきました。 毎年、良い投手を引き連れて甲子園に来る興南高校。 今年のエースの比屋根雅也投手はどんな投手なのでしょう? 実は、かつての春夏連覇時のエー...
    西口文也の引退。カッコよいフォームと嫁の存在。なんJでは「ぐう聖」な性格だと
    西武に所属する西口文也投手が引退を発表しました。 現在42歳の西口文也さんは近年成績が上がらず、 引退はファンが最悪の想定の中であったことでしょう。 西口文也さん本人も引退は2年前から考えていたそうで、 引退を発表した今は「スッキリした」と、重みから解放されたようです。 2軍では42歳ながらも好成績を残し続けた西口文也...
    花巻東野球部の佐々木監督の凄さ。2015年メンバーの出身中学
    春の覇者を倒し、念願の夏優勝に期待が高まった岩手代表の花巻東。 花巻東はこれまでに、菊池雄星(西武)や大谷翔平(日本ハム)を輩出した、 ここ近年でいきなり伸びた高校です。 ただ、プロで通用するスターが多いだけでなく、 千葉翔太選手など、ユニークな戦法の野球も話題になってきました。 そんな花巻東高校を率いるのは、 200...
    山本昌の引退試合。これでラジコンと愛車に集中できる!
    今日ついに中日ドラコンズの山本昌さんが50歳での先発登板を達成し、プロ野球史上最年長での先発登板を成し遂げました。 山本昌さんの先発は昨日から決まっており、 本人は相手広島カープに対して「ご了承ください」と笑いを誘いようなユニークなコメントを残してました。 引退試合が行われるか、ギリギリまで心配されていただけに、 今回...
    鶴岡一成が引退(会見は?)戦力外にならず生涯年俸。
    巨人、横浜、そして現在阪神でプレーしている鶴岡一成捕手が引退を発表しました。 球団には既に申し出ており、球団側も本人の意向を最大限に尊重し了承済み。今日29日にも正式発表し会見する予定だ。猛虎でも安定したリードで投手陣をけん引したベテランが21年の現役生活に幕を閉じる。 引用:http://headlines.yaho...
    小川泰弘の契約更改と年俸(2016年)。山田哲人と共にヤクルトのスター選手に!
    今年、セリーグ優勝を果たしたヤクルトの先発中心核である小川泰弘投手。 若干プロ3年目ながらも、すべてのシーズンで安定した成績を残し、ここ近年のヤクルトの若手投手の中でもスバ抜けた成績を残し続けてます。 今年の小川投手の成績は11勝8敗。 若干、不調な時期を乗り越えて、バーターラインギリギリをクリアしました。 25歳の小...
    法政大学の菅野秀哉(小高工業)。ドラフトと完全試合の記憶
    現在、法政大学にて1年生の菅野秀哉投手。 高校時代は福島県の小高工業にてプロ注目の右腕でした。 菅野秀哉さんはまだ1年生ですが、 法政大学では将来のエース候補で、 この先、出場試合が増えるごとに話題になりそうです。 菅野秀哉さんがドラフトにて注目されるならば、 2018年になりそうです。 高校から大学に進路を決める間際...
    小林誠司の結婚はいつになる?私服のセンスまでも爽やかイケメン!
    去年、巨人に社会人を経由して入団した小林誠司。 シーズン途中からは、ルーキーながらも試合でマスクをかぶり、 巨人投手陣の信頼を総なめにした。 巨人の正捕手といえば阿部のイメージが強いが、 今ではファーストのコンバートで定着。 阿部本人がオフで出演した番組の中で、 完全にキャッチャーの道を捨てるようなことを名言していた。...