大のラーメン好きで知られる巨人の大竹寛 投手。
    ポコっと出たお腹が特徴的で、体重は95キロにもなるという。
    そんな大竹寛 投手に、原監督から直々にシェイプアップが命じられたという。

    大竹寛 ラーメン

    大竹寛選手のラーメンマニアぶりはファンの中でも有名で、
    それは広島カープにいた時代から続くそう・・・。
    巨人に移籍して、東京都内の美味しいラーメンが食べやすくなったのも、
    大竹寛さんの増量の理由のひとつだったのだろう・・。

    ちなみに大竹寛さんの行きつけのラーメン屋は、
    安佐南区に集中してるらしく、
    ファンで大竹寛さんを目撃した人も多いとか・・・。

    これじゃあ、試合見に行くよりも、
    ラーメンマニアになったほうが、
    大竹寛さんの姿が見れるではないか!!笑

    大竹寛投手といえば、
    2014年の夏場の広島戦にて、
    広島の堂林翔太選手と対戦する際、
    デッドボールを当ててしまいました。

    このとき、広島ファンから大きなブーイングが起こり、
    試合が再開した際にも大竹寛さんにブーイング、
    さらに、大竹寛さんが打席に入った際にもブーイング、
    さらにさらに、大竹寛さんが降板した際にもブーイング・・・・。

    広島のファンは熱い・・・っていうよりも、
    これも野球観戦のスタイルの1つだと思うので、

    個人的にはそこまで悪いとは思いません。
    (大竹寛選手はかわいそうだと思いますけど!笑)

    どちらかというと、
    村田修二選手に対する声援のほうが、
    怖い気が・・・笑

    おすすめの記事
    ビタリ・クリチコが凄い
    今のボクシングヘビー級王者って誰だっけ?と思い検索したら、まだクリチコだったと知ってビックリ。 もう40歳だよね??しかも、未だに4団体のヘビー級を統一してるみたい。化け物じゃん? あのイギリス人のコンローの黒人(名前忘れた)がベルト奪ったもんだと思ってた。 しばらくWOWOWやら見てないとダメだねー特別好きじゃなくて...
    仲尾次オスカル(ブラジルの高校出身)はドラフトでカープへ!WBC時代からヤクルトへの進路が期待されていた?両親は沖縄出身
    2015年度のドラフト会議にて、 Hondaから広島カープに6位指名を受けた、 両親は沖縄、本人はブラジル出身の仲尾次オスカル選手。(なかおう) WBCからブラジル代表として注目されていた逸材の選手です。 しかし、過去にドラフトにて指名漏れを経験しており、 今回、改めて指名を受け、話題となっています。 WBCではメジャ...
    會澤翼が入団会見で短ランを着てヤンキー疑惑があったが?嫁は同級生!
    オールスター出場が決まって話題になっている、 広島カープの會澤翼捕手。 もともとリードが好評だった會澤翼選手だが、 昨年は3割2桁ホームランを残し、 1軍に必要な戦力として、1軍定着を果たしている。 會澤翼さんの学生時代から武勇伝が続く強肩です。 なんと中学の頃は、 県内の大会で1度も盗塁を許したことがなったみたいです...
    岡田俊哉には嫁と子供がいた!西川遥輝とのイケメン対決はいつになるのか?
    智弁和歌山から2009年にドラフト1位で中日に入団した岡田俊哉投手。 期待の若手とされながらも、プロ6年目まで奮起したとは言い難い。 岡田俊哉は先日に巨人戦にて阿部に死球を与えてしまい、 一瞬、両ベンチが緊迫し、警告試合となってしまっていた。 まさか、こんな騒ぎで名前が売れてしまうとは・・・・。 岡田俊哉は高校時代から...
    発表間近!?新型iPhone 14に指紋認証が搭載されないという噂の根拠とは?
    発表間近!?新型iPhone 14に指紋認証が搭載されないという噂の根拠とは?
    毎年世界中で注目を集めるApple社の新型製品紹介プレゼンテーション。世界的にみてもApple製品の利用者が多い日本では、この発表を楽しみに待っている方も少なくないのではないでしょうか? 中でも、注目は「新型iPhoneへの指紋認証搭載があるのか」という点ですが、近日発表予定である新型iPhone 14には指紋認証が搭...
    西武の高橋光成の1軍登板はいつになるのか?球種と球速は徐々に進化!
    前橋育英から西武ライオンズに進んだ、ルーキーの高橋光成投手。 高橋光成選手は先日、地元でのイースタンの試合に登板し、 荒れた内容を記録してしまい、多くのファンを心配させている。 高橋光成選手は高校時代に、 前橋育英のエースとして、 夏の甲子園で優勝したのが記憶に新しい。 プロ(1軍)での登板が早くも期待されているが、 ...
    スケボー初代金メダリスト・堀米雄斗のプロフィールや経歴は?
    スケボー初代金メダリスト・堀米雄斗のプロフィールや経歴は?
    2021年東京オリンピックで正式種目となったスケートボード競技で、初代・オリンピック スケボー金メダリストに輝いた堀米雄斗さん。日本初開催された世界最大のアクションスポーツの祭典「XGames」でも男子スケボー・ストリートで見事金メダルを獲得し、そのゆるぎない高レベルな実力を世間に知らしめました。今回は、日本のスケート...
    榊原諒(オリックス)が引退。戦力外の理由からトライアウトまで。今後は嫁と共に地元に戻る?
    2010年度に日本ハムより新人王を獲得していた榊原諒投手。 2013年に戦力外を受け、トライアウトでオリックスとの育成契約を結び、 2014年には支配下登録まで復活。 いつしか、1軍のマウンドで復活する姿が見れると信じてましたが、 今年10月26日にオリックスから戦力外通告を受けてしまいました。 榊原諒(オリックス)の...
    タイ・カッブのバットの特徴
    タイ・カッブといえばその確実なバットコントロールで安打を量産したことで有名だが、その安打の秘密の1つにタイ・カッブの使用してるバットがあると言われている。 バットに特徴があるといえば日本のイチローも細く削ったバットを、 長年変わらずに愛用していることで有名である。 こうやって、名プレーヤーには道具のこだわりが付きもので...
    森友哉の乱闘騒ぎ。死球は場所で決まる?ヤンキー疑惑は晴れているが・・・
    西武ライオンズの2年目の19歳・森友哉選手は、先日のロッテ戦にて、腰付近の死球を受け、一瞬だけ、投手のいるマウンド側をチラっと見た為、 ロッテベンチから「なんだ、お前?」と言わんばかりの視線を浴び、結果、両ベンチが飛び出し、乱闘寸前までにいきました。 自分は実際に7月3日の西武対ロッテ戦の、 森友哉選手のデッドボールを...