プロ野球ドラフト会議2022!即戦力として注目の指名選手は5人

    事前に6球団が1位指名選手を公言するという、異例な展開となったドラフト会議2022。2022年10月20日に開催され、126名の選手が指名されました。

    その中でも2023年シーズンから即戦力として最注目の選手が5名いますので、順番にご紹介していきます。

    2023年最注目の5人のルーキー

    2022年のドラフト会議で指名された選手の中で、2023年シーズンからの活躍が期待されているのは次の5選手です。

    • 吉村貢司郎投手
    • 益田武尚投手
    • 曽谷龍平投手投手
    • 蛭間拓哉外野手
    • 加藤豪将内野手

    順番に紹介していきます。

    注目選手①吉村貢司郎(ヤクルト:ドラフト1位)

    • 【名前】吉村貢司郎(よしむら こうじろう)
    • 【生年月日】1998年1月19日(24歳)
    • 【出身地】東京都
    • 【身長/体重】183cm/85kg
    • 【守備位置】投手
    • 【投打】右投右打
    • 【経歴】日大豊山高~國學院大~東芝

    吉村投手は高校時代からプロ注目の投手でした。日大豊山高校3年時には東東京大会で準優勝に貢献。進学した國學院大学では、4年生の春にはエースとして君臨し、ドラフト候補として注目されていましたが、右肩を故障してしまい、指名漏れを経験します。

    その後、東芝に進んでからも着実に力をつけ、3年目の2022年10月6日、東京ヤクルトスワローズとの練習試合で、三冠王の村上宗隆選手を空振り三振、3回には山田哲人選手からも空振り三振を奪うなど、3回無失点7奪三振の好投を見せました。その活躍がヤクルト首脳陣に強烈なインパクトを残し、ヤクルトからドラフト1位指名を受けました。

    一番の武器になるフォークと最速153キロのストレートのコンビネーションで三振を取ることができ、どのポジションでも力を発揮することが期待されています。

    注目選手②益田武尚(広島:ドラフト3位)

    • 【名前】益田武尚(ますだ たけひさ)
    • 【生年月日】1998年10月6日(24歳)
    • 【出身地】福岡県
    • 【身長/体重】175cm/86kg
    • 【守備位置】投手
    • 【投打】右投右打
    • 【経歴】嘉穂高~北九州市立大~東京ガス

    無名の高校出身ながら、地道に経験と実力を積んできた増田投手。大学では、3年秋にリーグ優勝を果たし、MVPに輝いています。

    最速153キロ、持ち球はスライダー、カットボール、スプリットの本格派です。コーナーに投げ分ける制球力も魅力で、空振りがとれる強いストレートで打者をねじ伏せていく投手です。今年の都市対抗では3試合に先発しましたが、どちらかというとリリーフの方が適性もあると思われます。

    注目選手③曽谷龍平(オリックス:ドラフト1位)

    • 【名前】曽谷龍平(そたに りゅうへい)
    • 【生年月日】2000年11月30日(21歳)
    • 【出身地】奈良県
    • 【身長/体重】182cm/80kg
    • 【守備位置】投手
    • 【投打】左投左打
    • 【経歴】明桜高(元ノースアジア大明桜)~白鴎大

    大学No.1左腕の呼び声が高い本格派左腕は、最速151キロのストレートに、スライダー、ツーシームを投げ分け、奪三振力の高い投手です。高校3年時は吉田輝星投手(日本ハム)に決勝戦で投げ合い敗れたため、甲子園出場を逃しました。

    白鴎大学進学後に力をつけ、3年春に最多奪三振、3年秋に優秀選手賞、最多勝利、最優秀防御率、最多奪三振、ベストナインを獲得しました。さらに4年春の松本大学戦でノーヒットノーランを達成し、プロ最注目大学生投手となりました。

    注目選手④蛭間拓哉(西武:ドラフト1位)

    • 【名前】蛭間拓哉(ひるま たくや)
    • 【生年月日】2000年9月8日(22歳)
    • 【出身地】群馬県
    • 【身長/体重】177cm/87kg
    • 【守備位置】外野手
    • 【投打】左投左打
    • 【経歴】浦和学院高~早稲田大

    長打力が魅力の大学屈指の強打者です。ライオンズジュニアから浦和学院高校に入り、1年夏からベンチ入り。3年夏には主将として渡邊勇太朗投手(西武)らとベスト8に進出に貢献し、プロ注目選手として活躍。U-18日本代表にも入り、根尾昂投手(現中日)らとともにプレーしました。大学でも日本代表に選出され、高校・大学と続けて日の丸に袖を通した唯一の選手です。

    大学通算10本塁打はどれも勝負所での一発ばかりとここぞという時に大いに期待できます。インコースに脆さを見せるが、それもあまりあるほどのパワーヒッターです。パワーヒッターでありながら50メートルを5秒9で走る俊足も魅力です。

    注目選手⑤加藤豪将(日本ハム:ドラフト3位)

    • 【名前】(かとう ごうしょう)
    • 【生年月日】1994年10月8日(28歳)
    • 【出身地】アメリカ合衆国・カリフォルニア州
    • 【身長/体重】188cm/90kg
    • 【守備位置】二塁手
    • 【投打】右投左打
    • 【経歴】ランチョ・バーナード高校(カリフォルニア州サンディエゴ)〜ヤンキース傘下〜マーリンズ傘下〜パドレス傘下〜ブルージェイズ〜メッツ

    細身ながらパンチ力を秘めるシュアな打撃と俊足、二塁を中心とした全内野のポジションに加え、外野もこなすユーティリティープレーヤーです。特に内野手としては俊敏で柔らかいグラブ捌きは「猫のような動き」と称されています。

    新庄監督は「セカンドで5番、6番あたりでいってもらえたら強いチームになれる」と期待を寄せています。チームの中核を担っていた近藤健介選手がソフトバンクへ移籍したことで、加藤選手にかかる期待は大きいものになっています。

    最後に

    ドラフト会議によって指名された選手の中から、即戦力として大きく期待がかかっている5人の選手を紹介してきました。

    ここ数年新人選手が大いに活躍し、チームの勝利に貢献しているケースが多く見られます。この5名の中から新人王を獲得する選手が出てくるのか期待しましょう!

    おすすめの記事
    脳腫瘍を克服したオリックス山崎福也。兄と父共に野球一家!彼女はかわいいタイプが好き?
    現在オリックスで活躍する山崎福也選手は、中学3年生の頃に脳腫瘍があると、 一時期、野球を断念しざるおえない状況に耐えた経験があったのです。 山崎福也選手は埼玉出身で、高校は東京の名門・日大三高です。 高校生時代から「脳腫瘍」と戦った球児として有名で、 「球児は将来プロ野球選手になれたのか?」と、気になっていた方が多かっ...
    五十嵐亮太の契約更改の年俸アップ幅がすごい!(2016年)。過去にアイドルとスキャンダルされてた?
    今年ソフトバンクホークスにて大活躍だった、 元メジャーリーガーの五十嵐亮太投手。 ベテランながらも、直球で勝負できる力強いピッチングと、 持ち前の明るい人柄で投手陣を盛り立てました! 今年の五十嵐亮太さんがチームに与えた恩恵は計り知れず、 成績も54試合を投げて31ホールドと絶好調でした。 そんな五十嵐亮太さんの今年の...
    角屋龍太(オリックス)のベンツと時計。居酒屋の料理人(職業)からドラフト8位指名!彼女の気配は?
    昨年2015年のドラフト会議にて、 オリックスバッファローズからドラフト8位で指名された角屋龍太選手。 社会人選手ということで25歳でのプロ入り。 150キロ近くの直球が持ち味の右腕のようです。 今年のオリックスは相模の吉田投手や育英の佐藤投手、 または角屋龍太さんと、投手の美味しいどこ取りといった感じですね。 そんな...
    河原純一の引退。元嫁やスキャンダルってなんだろう?
    巨人や中日で活躍した河原純一さんが引退を決断したそうです。 河原純一さん駒沢大学からドラフト1位でプロ入りし、「ミスター完封」と言われるほど活躍した投手です。 現在の河原純一さんは42歳。 中日ドラゴンズを去った後は独立リーグで活躍されてました。 河原純一さんは所属する愛媛のチームから引退を発表し、 チームでは今シーズ...
    新体制の東海大相模は山田啓太と北村朋也のWエース?出身中学と球速と身長
    夏の甲子園では小笠原投手と吉田投手の二本柱で全国制覇を果たした東海大相模ですが、 現在行われている神奈川大会でも、連日のコールド勝利をおさめ、来季の躍動も期待できます。 来年2016年の東海大相模のエースには、 現在、二年生の山田啓太投手が就くと言われてますが、 また、ノーヒッターを達成した北村朋也投手と共に、 「実質...
    中田翔の年俸3億は実現するか?(2016年)契約更改の予想とこれまでの年俸推移。嫁と子供は幸せ者!
    日本ハムのこのオフの年俸事情はかなり激しいですね。 陽選手の減俸から増井投手の1億アップなど、極端な報道が目立ちます。 中田翔さんも来季の2016年に向けて契約更改が待ってます。 今年は30本をクリアし、プレミア12では大活躍と、球界を代表するスラッガーに躍進した一年でした。 その年俸増加に対する期待は、本人も周囲も高...
    初芝橋本の黒瀬健太のドラフトは?指名されるなら巨人?プロ志願書提出へ!
    高校通算97本塁打を放つ初芝橋本(和歌山)の黒瀬健太選手は、 ドラフト指名を目指し、プロ志願者を提出したことで話題になってます。 黒瀬健太さんは初芝橋本では主将で4番のポジション。 和歌山県大会では、優勝ならず、甲子園には出場できませんでした。 黒瀬健太はキャッチャーというポジションにあって、 遠投100メートルの強肩...
    松中信彦が今季初先発!引退試合へ・・?問題行動と工藤監督
    今日ソフトバンクの松中信彦選手が約2年ぶりとなる7番DHでのスタメン出場を果たしました。 第一打席は初球ライトフライ、第二打席は一二塁のチャンスにて三振、第三打席はセカンドフライでした。 引退疑惑が続いてるも、引退公表はされていない松中信彦さん。 最近1軍に戻り、「もしかして引退試合への布石?」と思っていました。 今日...
    松田宣浩のメジャー挑戦と私服。パドレスがオファー、ブルワーズとホワイトソックスが興味。契約年俸に至るFAランクは・・・期限次第で残留し阪神か巨人?
    今年のオフにホークスからFAになった松田宣浩選手。 メジャー挑戦が噂され、このオフにメディアを賑わかしそうです。 2015年の松田宣浩さんの活躍は、 143試合に出場し打率.287本塁打35本の94打点という成績を残し、 チームの優勝に大きく貢献しました。 オフでのプレミアム12では日本打線を引っ張り、 チームの日本の...
    武相高校野球部の監督(桑元→西原)とメンバー。掲示板と自粛。板野投手の進路(AKBとは関係なし)
    神奈川にあって古豪の武相高校野球部。 地元では未だに根強いファンが存在する魅力あるチームです。 武相高校OBにはプロに進む選手が多いのですが、 例年、自力はありながら優勝はならず、 甲子園が近いようで遠い、もどかしいイメージがあります。 また、監督は2009年から、 同校のOBである桑元さんが就任。 元オリンピック銀メ...