【MLB】オールスターゲームに出場して輝きを放った歴代日本人選手

    今年も大谷翔平選手が選出され、日本でも注目を集めたMLBのオールスターゲーム。「1番・指名打者」で試合に出場した大谷翔平選手は、ドジャースのカーショウ投手からヒットを放ちました。

    これまで、多くの日本人選手が出場してきたMLBのオールスターですが、歴代の中でも特に輝きを放った選手が3名いますので、まとめてご紹介します!

    MLB オールスターで輝きを放った3人の日本人選手

    ①野茂英雄投手(ドジャース)

    日本人選手2人目のメジャーリーガーとなった野茂英雄選手は、メジャー挑戦1年目の1995年にオールスターに選出されました。

    1995年のMLBオールスターはテキサス・レンジャースの本拠地であるザ・ボールパーク・イン・アーリントンで行われ、野茂投手はナショナル・リーグの先発投手として出場しました。ドジャースの同僚マイク・ピアザ選手とバッテリーを組んで、2回を被安打1、奪三振3、無失点という素晴らしい内容で終えました。

    そのシーズンは後半戦も素晴らしい投球を続け、シーズン通算で13勝6敗、防御率2.54(リーグ2位)、236奪三振(リーグ1位)、3完封(リーグ最多)を記録して、最多奪三振のタイトルを獲得し、チームの7年ぶりの地区優勝に貢献しました。

    ②イチロー選手(マリナーズ)

    2001年〜2010年まで連続で出場し、日本人選手最多出場回数10回を誇るイチロー選手も毎回素晴らしい成績を残しています。特にルーキーイヤーとなった2001年は、337万票(日本からの票68万票を含む)を獲得し、MLB最多得票で両リーグ通して1位でオールスターに出場しました。さらに、2007年は史上初のランニングホームランを放つ活躍を見せ、オールスターMVPを獲得しています。その年はシーズン最終成績で打率.351、安打238、得点圏打率.397と素晴らしい結果を残しました。

    イチロー選手の各年の成績一覧は、次の通りです。

    • 2001年 ファン投票:1番センター・ライト 3打数1安打(一安/二ゴロ/三ゴロ)
    • 2002年 ファン投票:1番ライト 2打数0安打(一ゴロ/二ゴロ)
    • 2003年 ファン投票:1番ライト 1打数0安打(一ゴロ/四球/四球)
    • 2004年 ファン投票:1番センター 4打数1安打(右2/一ゴロ/一ゴロ/三ゴロ)
    • 2005年 選手間投票:途中出場センター・ライト 2打数1安打(右安/中飛)
    • 2006年 ファン投票:1番ライト 3打数0安打(三振/右飛/遊ゴロ)
    • 2007年 ファン投票:1番センター 3打数3安打 1本塁打2打点(右安/左安/走本)※オールスターMVP
    • 2008年 ファン投票:1番ライト 3打数1安打(右飛/右安/三振)
    • 2009年 ファン投票:1番ライト 3打数1安打(右安/右飛/二ゴロ)
    • 2010年 ファン投票:1番ライト 2打数0安打(遊飛/三振)

    ③大谷翔平選手(エンゼルス)

    大谷翔平選手は、2021年に史上初めて投手と指名打者(DH)の二刀流出場を果たし、日本人選手の枠にとどまらず、米球界の常識をまた1つ覆しました。試合では、投手としてタティスJr. 選手、マンシー選手、アレナド選手の3人を三者凡退に打ち取り、田中将大投手(2019年)に続いて、日本人2人目の球宴勝利投手になりました。打者としては2打席に立ち、いずれも内野ゴロに倒れました。また、試合前日に行われたホームランダービーでも日本人選手として初めて出場。オールスター戦のユニホームが史上最高額1,400万円超で落札されるなど海外の反応も凄まじく、話題に事欠かない活躍を見せました。

    2022年は、試合前から初球を振ると明言しており、宣言通りカーショウ投手の初球をスイング、体制を崩されながらもセンター前ヒットを放ちました!大谷翔平選手の過去の成績一覧は、次の通りです。

    • 2021年 ファン投票:1番投手・指名打者 2打数0安打(二ゴロ/一ゴロ)
    • 2022年 ファン投票:1番指名打者 1打数1安打(中安/四球)

    最後に

    MLB オールスターには、今回ご紹介した野茂英雄投手やイチロー選手、大谷翔平投手だけでなく、佐々木主浩投手や松井秀喜選手、ダルビッシュ有投手など、非常に多くの日本人選手が出場してきました。特に、MVPを獲得したイチロー選手と投打二刀流で出場した大谷翔平選手は歴史を作りましたね!2023年のオールスターでも多くの選手が選出され、歴史を作って行ってくれることを期待しましょう!!

    おすすめの記事
    浦和レッズが決勝進出!アジアチャンピオンズリーグ(ACL)について
    浦和レッズが決勝進出!アジアチャンピオンズリーグ(ACL)について
    アジアチャンピオンズリーグ2022にて、浦和レッズが決勝進出しました! 浦和レッズは、これまでアジアチャンピオンズリーグで2度の優勝を果たしており、今回日本クラブ初である3度目の優勝をかけた試合となっており、日本中から期待が集まっています。そこで今回は、アジアチャンピオンズリーグについて解説していきたいと思います。 ア...
    澤村拓一は離婚して太った?かつての嫁の太らない料理と、澤村拓一の筋肉アップの二人三脚
    現在、巨人にて抑えに転向し活躍してる澤村拓一投手。 魅力の豪速球は健在でも、少し太った印象があるとファンに言われています。 澤村拓一さんはもともと太りやすい体質ではありますが、 シーズン中はわりとシュッとした体型でマウンドに立っていました。 「筋肉」に愛称で呼ばれるほど、 澤村拓一さんは筋力アップトレーニングを徹底して...
    赤星憲広の結婚とコーチ就任はいつになるのか?ヤジに切れても自宅で反省?
    元阪神タイガースでプレーしていたスピードスターごと赤星憲広さん。 小さい体を生かした機敏なプレースタイルは、多くの阪神ファンの目に焼き付いていることでしょう。 そんな赤星憲広さんは引退後には野球評論家、解説者として活躍してます。 解説では走塁から守備に関して、現場主義で理論的で分かりやすい話し方をするので、野球ファンに...
    ロッテの田中靖洋(前西武)獲得が温厚。なぜ戦力外されたのか?トライアウト参加者では最高球速を記録
    今年、西武を戦力外になっていた田中靖洋選手ですが、 トライアウトの結果、ロッテが獲得に動く可能性が多いと報じられました。 トライアウト直後のニュースに、 田中靖洋さん獲得の文字がなかったので、 多くの人が「どうした?」と心配してたことでしょう。 今季の田中靖洋さんの戦力外は、 そもそも多くの方から疑問の声がありました。...
    藤浪晋太郎とヒロド歩美の写真(画像)。熱愛否定も復縁や大谷のガセも。
    阪神のエースとして活躍している藤浪晋太郎投手ですが、 ついに球速は160キロに到達し、 現在ではWBCのマウンドで奮闘しています。 若くして球界を代表するピッチャーに育った藤浪晋太郎投手で、 気になるプライベートでは未だに独身です。 しかし、藤浪晋太郎投手は独身であっても、 熱愛報道や疑惑は、度々登場します。 一番最近...
    宮本慎也の守備力とグラブ(グローブ)。引退前の武蔵小山のパレードは凄かった・・・・
    守備の達人とも言われたヤクルトスワローズの宮本慎也さん。 宮本慎也さんは2013年までヤクルトで19年プレーし、 華麗な守備と、シュアな打撃と、リーダーシップでチームの貢献していた。 宮本慎也さんは引退するまでの現役生活19年の中で、 ゴールデングラブ賞を10回も獲得しており、 その守備力の素晴らしさは、野球ファンの誰...
    マック鈴木の現在の仕事。ハーフではない。自宅は日本。嫁・小原との間には子供が誕生!
    元メジャーリーガーのマック鈴木さん。 波乱の野球人生が好かれ、メジャー絡むのエピソードに先駆者のマック鈴木さんの名前はよく上がります。 マック鈴木さんは高校を退学した後に早い段階でアメリカに渡っており、メジャーを夢見る若者らしい生活をしていたそうです。 下部リーグからコツコツとメジャー傘下で活躍し、 最終的にはメジャー...
    榊原諒(オリックス)が引退。戦力外の理由からトライアウトまで。今後は嫁と共に地元に戻る?
    2010年度に日本ハムより新人王を獲得していた榊原諒投手。 2013年に戦力外を受け、トライアウトでオリックスとの育成契約を結び、 2014年には支配下登録まで復活。 いつしか、1軍のマウンドで復活する姿が見れると信じてましたが、 今年10月26日にオリックスから戦力外通告を受けてしまいました。 榊原諒(オリックス)の...
    涌井秀章と押切もえの熱愛(彼女になるまでの馴れ初めは?)互いに劣化を想定して結婚して子供?ビッグな彼氏と彼女
    横浜高校から西武のエースとして活躍していた涌井秀章さん。 現在、29歳ですが、未だに独身を貫いていました。 そんな涌井秀章さんが、なんと大物モデルと交際しているそうです。 彼女としてメディアに報道された方が「押切もえ」さんです。 かつては日本の雑誌・モデル・ウィークで活躍された大物美人と、 甲子園・プロ野球と球史に名を...
    戦力外の竹原直隆がトライアウトで西武に背番号6で獲得される!オリックス時代の転倒ランニングホームランの思い出。
    今季でオリックスから戦力外通告を受けていた竹原直隆さん。 トライアウトに参加した結果、西武に獲得が発表されました。 西武は竹原直隆さんに多いに期待を抱いており、 背番号はまさかの6番に決定しました。 35歳のフルシーズン出場経験のない選手にしては、 まさかのサプライズ待遇に、本人もびっくりしてるようです。 竹原直隆が背...