【2026年は3カ国共催】歴代サッカーワールドカップの開催国一覧

    4年に一度のサッカーの祭典ワールドカップ。カタールワールドカップでは、アフリカ勢初のベスト4となったモロッコやたくさんの国に熱いドラマが生まれましたよね。

    2022年カタールワールドカップの熱も冷めない中、次回の2026年W杯開催国が決定しました。次回はなんとアメリカ、カナダ、メキシコの3カ国共同開催となります。

    この記事では、ワールドカップの歴代開催国を1930年の第一回大会からまとめました。

    歴代サッカーワールドカップの開催国一覧

    年代開催国優勝国
    1930年ウルグアイウルグアイ
    1934イタリアイタリア
    1938フランスイタリア
    1950ブラジルウルグアイ
    1954スイス西ドイツ
    1958スウェーデンブラジル
    1962チリブラジル
    1966イングランドイングランド
    1970メキシコブラジル
    1974西ドイツ西ドイツ
    1978アルゼンチンアルゼンチン
    1982スペインイタリア
    1986メキシコアルゼンチン
    1990イタリア西ドイツ
    1994アメリカブラジル
    1998フランスフランス
    2002日本・韓国ブラジル
    2006ドイツイタリア
    2010南アフリカスペイン
    2014ブラジルドイツ
    2018ロシアフランス
    2022カタールアルゼンチン
    2026アメリカ・カナダ・メキシコ

    サッカーワールドカップの歴代日本代表成績

    ここからは、過去のワールドカップでのサッカー日本代表の成績をご紹介します。

    1998年:フランス大会

    ワールドカップ初出場の日本代表は、グループステージ3連敗。世界の壁の高さを痛感させられた大会となりました。

    グループステージ

    • 第1戦 VSアルゼンチン 0ー1(敗戦)
    • 第2戦 VSクロアチア 0ー1(敗戦)
    • 第3戦 VSジャマイカ 1ー2(敗戦)

    2002年:日韓大会

    中田英寿さんや小野伸二さんが招集された、黄金世代。ワールドカップ初勝利&初決勝トーナメント進出を果たしました。トルコには敗れてしまいましたが、初のベスト16。日韓開催で新世界を見させてくれた日本代表に、日本中が熱狂しました。

    グループステージ

    • 第1戦 VSベルギー 2ー2(ドロー)
    • 第2戦 VSロシア 1ー0(勝利)
    • 第3戦 VSチュニジア 2ー0(勝利)

    決勝トーナメント

    • ラウンド16 VSトルコ 0ー1(敗戦)

    2006年:ドイツ大会

    前回のベスト16以上の結果を日本中から期待されていましたが、グループステージ敗退。再び、1勝も出来ずワールドカップでの戦う難しさを痛感させられました。

    グループステージ

    • 第1戦 VSオーストラリア 1ー3(敗戦)
    • 第2戦 VSクロアチア 0ー0(ドロー)
    • 第3戦 VSブラジル 1ー4(敗戦)

    2010年:南アフリカ大会

    大会直前に本田圭佑さんのワントップなど大胆な戦略変更を敢行し、グループステージを見事に突破しました。決勝トーナメントで惜しくもパラグアイに敗れましたが、2002年大会に続き2度目のグループステージ突破。前評判を覆してのベスト16は素晴らしかったです。

    グループステージ

    • 第1戦 VSカメルーン 1ー0(勝利)
    • 第2戦 VSオランダ 0ー1(敗戦)
    • 第3戦 VSデンマーク 3ー1(勝利)

    決勝トーナメント

    • ラウンド16 VSパラグアイ 0ー0 ※PK戦 3ー5(敗戦)

    2014年:ブラジル大会

    海外のトップチームで活躍をみせる本田圭佑さんや長友佑都さんなどが招集され、順調にチーム作りがされていたため、日本中の期待も高まりました。しかし、勝利を得ることができずにグループステージの壁に阻まれるという苦しい結果となってしまいました。

    グループステージ

    • 第1戦 VSコートジボワール 1ー2(敗戦)
    • 第2戦 VSギリシャ 0ー0(ドロー)
    • 第3戦 VSコロンビア 1ー4(敗戦)

    2018年:ロシア大会

    代表監督が立て続けに交代し、直前まで不安が残っていました。、そんな中で、見事にグループステージを突破。決勝トーナメントでのベルギー戦は2点を先制し、初のベスト16以上の景色期待しました。しかし、世界ランキング3位の実力を見せつけられ、ベルギーに逆転負けを喫しました。悔しさもありますが、日本代表が着実にベスト8に近づいていることを証明した試合でもありました。

    グループステージ

    • 第1戦 VSコロンビア 2ー1(勝利)
    • 第2戦 VSセネガル 2ー2(ドロー)
    • 第3戦 VSポーランド 0ー1(敗戦)

    決勝トーナメント

    • ラウンド16 VSベルギー 2ー3(敗戦)

    2022年:カタール大会

    優勝候補のドイツとスペインが同一グループのため、グループリーグ敗退が予想されていました。しかし、その予想を覆して2チームに勝利。その勢いに乗って、ベスト8にまで昇り詰めるかと期待されましたが、あと一歩の所でPK戦で敗れてしまいました。

    グループステージ

    • 第1戦 VSドイツ 2ー1(勝利)
    • 第2戦 VSコスタリカ 0ー1(敗戦)
    • 第3戦 VSスペイン 2ー1(勝利)

    決勝トーナメント

    • ラウンド16 VSクロアチア 1ー1 ※PK戦 1ー3(敗戦)

    まとめ

    今回は、歴代ワールドカップ開催国と日本代表の結果をご紹介しました。カタールワールドカップでは、惜しくもPK戦で敗れてしまった日本代表。ベスト16も素晴らしい成績でしたが、2026年こそはまだ見ぬベスト8という新しい景色を期待したいですね。

     

    おすすめの記事
    菅野智之が嫌いになれない理由。好き嫌い分かれてこそ巨人のエース!
    巨人の将来のエースになると言われている菅野智之投手。 世間では一浪してまで、巨人への入団にこだわった経歴が有名です。 菅野智之投手は25歳にして年俸1億をもらうまでになり、 1年目で13勝、2年目で12勝と、巨人に入団してから好成績を残し続けています。 昨年2014年と、今年2015年の巨人の開幕投手を任されるほど、 ...
    赤星憲広の結婚とコーチ就任はいつになるのか?ヤジに切れても自宅で反省?
    元阪神タイガースでプレーしていたスピードスターごと赤星憲広さん。 小さい体を生かした機敏なプレースタイルは、多くの阪神ファンの目に焼き付いていることでしょう。 そんな赤星憲広さんは引退後には野球評論家、解説者として活躍してます。 解説では走塁から守備に関して、現場主義で理論的で分かりやすい話し方をするので、野球ファンに...
    大野雄大に子供が誕生!宴会部長の名にかけてトレードの噂は冗談!
    5月の月間MVPに選ばれた中日ドラゴンズの大野雄大。 大野雄大投手は2010年のドラフトにて、1位で中日に入団し、現在までに将来のエース候補としてファンに期待されている。 大野雄大選手は高校時代はそこまで注目されておらず、 甲子園にこそ出場したももの、同年代の田中将大や斉藤祐樹の知名度に埋もれていた。 大野雄大さんは大...
    中田翔の嫁は美人?写真が出回らないのはなぜか?
    中田翔は2012年1月11日に現在の嫁さんと入籍している。 当時就活生だった嫁に「働かんでえぇ」と一言、 そして結婚に至ったみたいです。 この嫁さんは中田翔と同じ大阪桐蔭出身で、 とても頭の良い生徒だったみたいで、 特定されている大学も、国内屈指のエリート大学です。 しかも、学生時代は学校のマドンナ的な存在で、 モデル...
    巨人の高木勇人は津市出身の苦労人。涙のヒーローインタビューで話題に!
    高木勇人は昨年2014年オフのドラフト会議にて、 社会人の三菱重工名古屋から、 3位でジャイアンツに指名されました。 苦労人を経ての巨人入り・1軍入り・プロ初登板初勝利、 ということで、ヒーローインタビューでは涙を流してしまい、 多くのファンが、高木勇人さんのその姿に感動し、 翌日のツイッターではトレンドになりました。...
    内川聖一の転機と涙の意味。打率3割は横浜時代からだが・・・あごキャラで愛される!
    内川聖一さんといえば、今年すでにリーグ優勝を果たしている、 ソフトバンクのキャプテンであり、4番でもあります。 内川聖一さんはシーズンが始まる前から、 今年から就任した工藤監督に、 「お前のチームだ」と期待を込められたそうです。 内川聖一さんは、これまでにない責任の中で、 チームを引っ張り、見事に結果を残しました。 ソ...
    高橋純平の女遊びはただの噂。彼女の「みさちょす」ごと美咲さんに一途!中日がドラフトで狙う説
    岐阜商のイケメンエース・高橋純平さん。 すでにプロ志願書を提出しており、今後のドラフト指名が注目を浴びてます。 高橋純平さんは野球の実力だけでなく、 すらっとしたシルエットと、クールなマウンドさばきから、 「イケメン投手」として、人気でした。 そんな高橋純平さんに、一時期、 「女遊び」の嫌な噂が流れたのです。 この事実...
    サミーソーサのコルク事件と現在。マグワイアとホームラン成績を争ったのが全盛期!
    かつてはメジャーリーグで2度のホームラン王を獲得して世界的ホームランバッターであったサミーソーサ。 彼は2003年の6月のデビルレイズ戦で、折れたバットの中にコルクが発見され、主審から退場処分を受けた。 計7試合の出場停止になった後に、連日メディアで批判が続いた。 実際にバットにコルクを詰めても、スイングスピード自体は...
    秀岳館のサイン盗み疑惑(木村と鍛治舎巧監督へ)野球部メンバーの出身中学(甲子園選抜)。九鬼隆平はプロドラフト注目!
    今日、埼玉代表の花咲徳栄と接戦を演じた、 熊本代表の秀岳館。 接戦を逃げ切って勝利を収めた秀岳館でしたが、 試合の中で、「サイン盗み」にも思える、 紛らわしい行為があったと、審判から注意があります。 甲子園では過去に花巻東高校にて、 試合中にサイン盗みのような行為で注意がありました。 さらに、今年2016年の春選抜を選...
    仲尾次オスカル(ブラジルの高校出身)はドラフトでカープへ!WBC時代からヤクルトへの進路が期待されていた?両親は沖縄出身
    2015年度のドラフト会議にて、 Hondaから広島カープに6位指名を受けた、 両親は沖縄、本人はブラジル出身の仲尾次オスカル選手。(なかおう) WBCからブラジル代表として注目されていた逸材の選手です。 しかし、過去にドラフトにて指名漏れを経験しており、 今回、改めて指名を受け、話題となっています。 WBCではメジャ...