【まとめ】「ウェビナー」とは?基礎知識やメリット

    社会人になると、勉強する機会が少なくなるため、興味のある分野のセミナーに参加して勉強したことがある方も多いのではないでしょうか。しかし、最近はリモートワークが推進されていることもあり、セミナーが開催される機会が少なくなっています。

    そんな中、セミナーの代わりとなる「ウェビナー」の開催が活発に行われているのをご存じでしょうか。この記事では、ウェビナーの基礎知識やメリットをご紹介します。ウェビナーを知って参加することで、みなさんの深めたい知識を効率的に身に付けることができるようになりますよ。

    【初心者向け】ウェビナーの基礎知識

    まずは、ウェビナーとは何か分からない方向けに解説します。ウェビナーとは、ウェブとセミナーを組み合わせた造語で、オンライン上で行われるセミナーを意味しています。インターネットセミナーやオンラインセミナー、webセミナーなどを耳にしたことがあるかもしれませんが、これらは全てウェビナーに該当します。

    ウェビナーでは、投資関連の金融分野や不動産分野など幅広い分野が取り扱われています。リモートワークによって、ネット環境を整えている家も増加しているため、気軽に参加できるという方も多いのではないでしょうか。

    ウェビナーの配信形式

    ウェビナーとは何か分かった方も、どのような形式でウェビナーが配信されているのか気になりますよね。ここでは、ウェビナーにある2種類の配信形式について解説します。

    リアルタイム配信

    リアルタイム配信は、セミナーと同様に、事前告知された時間に生配信する形式です。そのため、音声やチャット機能を用いることで、質疑応答をすることもできます。対面では恥ずかしくて質問できない方も、チャット機能によってメール感覚で質問できるのはウェビナーの強みですね。

    オンデマンド配信

    オンデマンド配信は、リアル配信やセミナーとは異なり、開催者が録画した内容を配信する形式です。オンデマンド配信にも、いつでも視聴可能なウェビナーと、決められた期間内でしか視聴することができないウェビナーがあることに注意が必要です。

    ウェビナー参加のメリット

    ここまで読まれた方は、ウェビナーの実態を掴めたのではないでしょうか。次に、セミナーにはないウェビナー参加のメリットをご紹介します。メリットを知ることで、ウェビナーへの参加意欲を高めることができます。

    ネット環境があればどこからでも参加できる

    セミナーは、アクセスの面から都心部での開催が多くなりがちで、田舎住まいの方は気軽に参加することが困難ですよね。一方のウェビナーは、ネット環境があれば住んでいる場所関係なく、どこからでも参加することができるのは、リモートワークと同様に大きなメリットです。

    オンデマンド配信であればいつでも視聴可能

    たとえウェビナーでどこからでも参加できるとしても、日時の都合が合いづらいという方もいるでしょう。オンデマンド配信であれば、いつでも視聴可能です。何度も配信を見返すこともできるため、自分のペースで学習を深めることができる点もメリットですよね。

    ウェビナー参加初心者からよくある質問

    ウェビナーに参加するにあたって、初心者からよくある質問とそれに対する回答をまとめているため、参考にしてみてください。

    主催者に対して顔出しする必要はある?

    基本的には、参加者の意志に委ねられますが、顔出しを推奨するウェビナーも多く存在します。理由としては、セミナー同様に、コミュニケーションを取りやすくすることで、円滑にウェビナーを進めることができるためです。

    顔出しの有無は、事前に確認できる概要に記載されていることも多いため、気になる方は確認しておきましょう。どうしてもウェビナーでの顔出しに抵抗がある方は、オンデマンド配信を中心とした活用がおすすめです。

    ウェビナーを録画することは可能?

    バレずに録画する方法はありますが、多くのウェビナーにおいて録画を禁止されているのが実情です。ウェビナーの講演内容にも著作権が存在しており、勝手に録画することで著作権侵害となる可能性もあります。ウェビナーを何度も見返したい場合は、オンデマンド配信の利用を検討するのもいいかもしれません。

    まとめ

    今回は、ウェビナーとはどういったものなのか解説するとともに、ウェビナーに参加するメリットをご紹介しました。リモートワークなどのIT技術と並行して、利用価値が高まっているウェビナーを上手く活用することで、家からでも有益な学びを得ることが可能となっています。是非、みなさんが気になっている分野のウェビナーが開催されていないか探してみてはいかがでしょうか。

    おすすめの記事
    山崎康晃の姉がかわいい!姉との年齢差はいくつ?帝京時代の甲子園への想い
    山崎康晃さんのお姉さんが最近話題ですね! ドラフト特番では、母と共に登場した姉に、 多くのファンが「山崎康晃の姉がかわいいぞ!」と熱狂した。 昨年のドラフトで1位で入団し、 今年のシーズン早々に1軍登録され、 投げては抑えで好投を連続し、 すでにオールスターへの出場が確実視されている。 山崎康晃さんが入ったことで、 ベ...
    マエケンと村上大介は似てる?どのメジャー球団が獲得するのか、最新情報を追う。
    メジャー移籍に向けて連日ニュースに登場するマエケン投手。 そして、羽生選手筆頭に、日本でブームになっているフィギュア。 実は、男子フィギュアの選手に、 前田投手に激似の方がいるようです。 そのフィギュア選手の名前こそ、 「村上大介」さんです。 マエケンと村上大介は似てる? 神奈川出身の村上大介選手は現在24歳。 身長1...
    仙台育英のキーマンはイケメン平沢と佐藤兄貴!野球部メンバーたちの出身中学
    明豊を12−1の大差で破り、優勝候補にもあげられる仙台育英高校。 仙台育英は、エースの佐藤世那投手とプロ注目のスラッガー平沢大河選手の大暴れが期待されており、初戦の名豊戦では、その期待に多いに応えました。 投打にプロ注目の選手が在籍するなんて、 かなり贅沢に思えますが、 実は、佐藤投手も平沢くんも、 地方大会では本調...
    五十嵐亮太の契約更改の年俸アップ幅がすごい!(2016年)。過去にアイドルとスキャンダルされてた?
    今年ソフトバンクホークスにて大活躍だった、 元メジャーリーガーの五十嵐亮太投手。 ベテランながらも、直球で勝負できる力強いピッチングと、 持ち前の明るい人柄で投手陣を盛り立てました! 今年の五十嵐亮太さんがチームに与えた恩恵は計り知れず、 成績も54試合を投げて31ホールドと絶好調でした。 そんな五十嵐亮太さんの今年の...
    李大浩(イ・デホ)は親日家?嫁と娘のための自宅。プロ野球通算成績と残留後の年俸(巨人もメジャーも手が出せない)
    今年のソフトバンクといえば、4番内川5番李大浩(イデホ)の並びが馴染んてます。 そもそも4番気質の李大浩選手が5番に下がり、1・3番気質の内川選手が4番に座るのには、工藤監督なりの美学があったのでしょう。 李大浩選手は2015年シーズンは、 現時点までにホームラン29本、打率.292、打点95と、 チームの中でも素晴ら...
    大沢志意也の進路は東海大学。ライバルの平沼翔太、佐藤世那はプロの世界へ。インスタグラムでは祝福の嵐?
    今年の春の甲子園にて準優勝を遂げた東海大四の大澤志意也投手。 残念ながら、夏には北海道の地区予選で敗れ、甲子園まで話題にはなりませんでしたが、 野球のオフシーズンに入ると、進路を気にかける方が多かったようです。 大澤志意也さんの魅力は「成長力」ですね。 神宮での惨敗を春の甲子園で晴らした爽快なストーリーは野球ファン好み...
    オリックスの西勇輝は彼女すらいない独身貴族。そろそろ結婚して嫁をもらう時期だと思う。
    今年2015年のオールスターにも選出された西勇輝投手。 西勇輝さんは1年目から1軍登板を果たし、 歴代のオリックス投手の中では稀な高卒からの最速で覚醒を果たしている。 西勇輝さんは高校時代は菰野高校にて、 3年の夏に甲子園に出場を果たしていましたが、 当時から、大会で目立った存在ではなかったのです。 しかし、2008年...
    片岡治大の性格は血液型通り!(O型)
    巨人に移籍してもなお活躍を続ける元西武の片岡治大選手。 試合中では闘志溢れるアクションが多く、多くのファンと感動を共有してきた。 片岡治大は若手の頃から自分に厳しい結果主義で、 どれだけ強いチームにいても、 そこで溺れずに自分を磨き続けてきた。 感情的なイメージを片岡治大さんに持っており人が多いと思うが、 実はすごい冷...
    岡本和真の高校時代と出身中学。巨人にてプロ初ホームラン!
    昨年2014年のドラフト会議にて、 巨人から1位指名を受けて入団した岡本和真選手。 岡本和真選手は奈良の名門智弁学園にて主軸打者として活躍。 超スラッガーな高校生が入団したことで、巨人の新人の中で期待は高かったです。 契約金8000万に背番号は長島さんと原さんを合わせた「38」。 2010年代に巨人に入団した高校生打者...
    松中信彦が移籍先なしで引退(2016年現在オファーなし)。引退会見と理由。工藤との関係。引退後(その後)の仕事はコーチ監督を・・
    昨年の福岡ソフトバンクホークスを退団し、 オフに当たらな移籍先を探していた松中信彦さん。 古巣のホークスでの試合の後には、 今後はライバルとして古巣と戦う意気込みまで語っていた、 しかし、このオフには移籍する機会すらなく、 この引退は、正直耳が痛いというか、 元三冠王であっても、このような結末はあり得るのかと、 プロ野...