浦和レッズが決勝進出!アジアチャンピオンズリーグ(ACL)について

    アジアチャンピオンズリーグ2022にて、浦和レッズが決勝進出しました!

    浦和レッズは、これまでアジアチャンピオンズリーグで2度の優勝を果たしており、今回日本クラブ初である3度目の優勝をかけた試合となっており、日本中から期待が集まっています。そこで今回は、アジアチャンピオンズリーグについて解説していきたいと思います。

    アジアチャンピオンズリーグってどんな大会?

    アジアチャンピオンズリーグは(ACL)は、アジアのクラブチームにとっては最も権威のある大会です。

    しかし参加条件や大会の進み方など、どんな大会なのか知らない方も多いのではないでしょうか?

    順に解説していきますので、是非見ていってください!

    アジアNo.1クラブを決める大会

    アジアチャンピオンズリーグ(ACL)とは、アジアNo.1クラブを決めるために行われる、アジアサッカー連盟主催の選手権大会です。アジアサッカー連盟加盟協会のうち、西アジア地区と東アジア地区における上位の協会に参加資格が与えられ、協会ごとに出場枠が割り振られます。そして各協会で行われるリーグ戦やカップ戦の上位クラブが、与えられた出場権の数まで出場出来ます。

    出場枠の数や、対戦方式は年々変化しており、その年ごとに特色のある大会が楽しめます。

    アジアチャンピオンズリーグ2022の大会概要

    アジアチャンピオンズリーグ2022では、出場権が、予選プレーオフ出場権と本選であるグループステージ出場権の2種類に分類されます。グループステージ出場権の数は年々拡張されており、ACL2022のグループステージには、40チームに出場権が与えられました。

    対戦方式

    ACLでは、東西地域別にグループステージが行われます。各地域20チームを5グループに分け、各グループ総当たりのリーグ戦によって決勝ラウンドであるノックアウトステージに進出するチームを決めます。ノックアウトグループには、各グループの1位(5チーム)と、2位の成績上位3チームの計8チーム、東西合わせて16チームがコマを進めます。

    ノックアウトステージでは、東西地区それぞれ1回戦制でトーナメント戦が行われ、両地区の1位が決勝で戦います。

    またグループステージのうち4枠を決めるため、予選プレーオフが行われ、予選出場権を与えられたチームが一回戦制で競い合います。

    日本の出場枠は?

    アジアチャンピオンズリーグ2022では、日本はグループステージ出場権3枠と予選プレーオフ出場権1枠を獲得しました。

    グループステージ出場権は、J1リーグの優勝と準優勝、そして天皇杯優勝クラブに与えられます。今大会では川崎フロンターレ、浦和レッズ、横浜F・マリノスが出場しました。

    予選プレーオフ出場権は、J1リーグの3位のクラブに与えられました。今大会では、ヴィッセル神戸が出場しました。

    浦和レッズってどんなチーム?

    ACL2022にて決勝進出を果たした浦和レッズ。そんな浦和レッズがどんなチームなのか紹介していきたいと思います!

    浦和レッズのチーム紹介

    浦和レッドダイヤモンズ、通称浦和レッズは日本の埼玉県さいたま市をホームタウンとするプロサッカークラブです。過去のACLでは、2007年に日本勢初優勝、2017年に日本勢初の2回優勝を果たすなど、国際大会でも大きな成果を上げています。

    浦和レッズの選手紹介

    浦和レッズは選手層が厚く、国内外問わず幅広い活躍を見せています。その中でも今回は、トップチームの選手達を紹介していきたいと思います。

    GK

    • 1:西川 周作
    • 12:鈴木 彩艶
    • 16:牲川 歩見

    DF

    • 2:酒井 宏樹
    • 4:岩波 拓也
    • 6:馬渡 和彰
    • 13:犬飼 智也
    • 20:知念 哲也
    • 24:宮本 優太
    • 28:アレクサンダー ショルツ
    • 42:工藤 孝太
    • 44:大畑 歩夢

    MF

    • 3:伊藤 敦樹
    • 8:小泉 佳穂
    • 10:ダヴィド モーベルク
    • 11:松尾 祐介
    • 14:関根 貴大
    • 15:明本 孝浩
    • 19:岩尾 憲
    • 21:大久保 智明
    • 22:柴戸 海
    • 25:安居 海渡
    • 27:松崎 快
    • 33:江坂 任
    • 40:平野 佑一

    FW

    • 7:キャスパー ユンカー
    • 9:ブライアン リンセン
    • 17:アレックス シャルク
    • 26:木原 励

    浦和レッズを支えるスタッフ

    選手達の活躍には、監督はもちろんスタッフの存在は欠かせません。まさしく縁の下の力持ちであるスタッフたちについても見ていきましょう。

    • 監督:リカルド ロドリゲス
    • コーチ:前迫 雅人
    • コーチ兼通訳:小幡 直嗣
    • フィジカルコーチ:石栗 建
    • コーチ:平川 忠亮
    • GKコーチ:ジョアン ミレッ
    • GKアシスタントコーチ:塩田 仁史
    • コーチ兼分析担当:林 舞輝
    • テクニカルスタッフ:守屋 優馬

    まとめ

    今回はアジアチャンピオンズリーグと浦和レッズについて解説させていただきました! 決勝進出を果たした浦和レッズは、今回日本勢初3度目の優勝となるか、目が離せませんね。皆さんも是非、決勝戦を応援して盛り上げていきましょう!

     

    おすすめの記事
    中田翔の髪型とネックレスが改善されてる?私服から車まで私生活もイカしてる!
    現在プレミア12にて日本代表の6番打者として活躍してる中田翔選手ですが、この数日の試合は中田翔さんの決勝打やホームランが絡み、今や日本球界で最もホットな存在になりつつあります。 そんな中田翔さんは普段は日本ハムの4番。 大阪桐蔭からプロに入団少しの間はファームを行き来してましたが、 今季から完全なる覚醒を果たし、これか...
    澤村拓一の契約更新。年俸は2倍の1億円!素行も変わった?嫌いになれない魅力!
    今年、巨人の抑えとして36セーブを挙げた澤村拓一投手。 抑えというポジションを受け入れ、奮闘したこの数年の成果は、 2015年のオフに吉と出た形になりました。 来年2016年に向けての契約更新を行った澤村拓一投手は、 これまでの年俸4800万から、5200万アップの年俸1億円でサインしたようです。 今年の巨人は優勝を逃...
    西口文也の引退。カッコよいフォームと嫁の存在。なんJでは「ぐう聖」な性格だと
    西武に所属する西口文也投手が引退を発表しました。 現在42歳の西口文也さんは近年成績が上がらず、 引退はファンが最悪の想定の中であったことでしょう。 西口文也さん本人も引退は2年前から考えていたそうで、 引退を発表した今は「スッキリした」と、重みから解放されたようです。 2軍では42歳ながらも好成績を残し続けた西口文也...
    落合博満の伝説と好きな名言たち。現在でも落合博満が伝説であり続ける理由
    球界関係者や野球ファンにとって、 落合博満氏は好き嫌いがハッキリと分れる男。 落合博満さんは残した通算成績もすごいが、 プレー以外にも行動や言動が、 今でも伝説として残されている。 野球ファンに限らず、 普通の仕事をしてる人の中でも、 落合博満さんの言葉や行動に共感し、 良いバイブルとなっている人は多いだろう。 今日は...
    白根尚貴は戦力外(自由契約)とは別にトライアウト参加!現在は彼女はいるのか?
    ソフトバンクにて育成選手として契約されていた白根尚貴選手が、 自己決断で他球団のトライアウトを受けるようです。 白根尚貴選手は甲子園にて開星高校のスター選手として話題に なり、プロ入り後は1日でも早い覚醒が期待されていました。 しかし、白根尚貴さんはプロ入り後にすぐに一軍出場することはなかったのです。 それでも白根尚貴...
    吉川大幾の素行は巨人で変わった?PL出身の意地でファインプレー!動画が人気。
    大阪の名門PL学園から2010年にドラフト会議にて中日に入団した吉川大幾選手。 中日に入団した当初は、中日の名手立浪和義がつけていた背番号3を継承するなど、首脳陣に多いに期待されていた。 そんな吉川大幾選手だが、なかなか1軍に定着することなく、 2軍生活を長く続け、2012年にスイッチヒッターに挑戦するなど、 いろいろ...
    藤川球児のストレートの握りと回転数。「契約切れ」でプロ(阪神)復帰か?
    「火の玉ストレート」と呼ばれた驚異的なストレートで日本球界を席巻してきた元阪神の守護神・藤川球児さん。 藤川球児さんは2013年にメジャーに挑戦しますが、通算で2セーブしか挙げれず、 今年2015年に四国リーグの「高知」に入団し、世間を騒がせました。 藤川球児さんのトレードマークとなっているのが、 打者の手元で驚異的に...
    富島高校の主将・中川大輝はバイトで遠征費を稼いでいた(建築関連)
    春の甲子園が待ち通しい時期ですが、 昨日、選抜に出場できる全高校が発表されました。 21世紀枠では伊万里と富島高校が選ばれ、 連日、メディアを沸かせています。 特に富島高校は前身の高校が1916年創立されて、 初めての甲子園出場ということで、 歴史の長い高校の、ようやくの甲子園出場に地元は大盛り上がりです。 富島高校の...
    智弁和歌山の2015年夏の甲子園のメンバー(出身中学)。斎藤の骨折は球速に影響しないのか?
    和歌山の強豪・智弁和歌山が今年も夏の甲子園に出場します。 夏の甲子園は意外にも3年ぶりで、3回目の夏の優勝を狙います。 智弁和歌山の野球部といえば、独自の方法での入部が有名で、 中学からしっかりとスカウトが声をかけ、 最終的にはセレクションもなく、選ばれし者だけが入部できます。 つまり、普通に智弁和歌山に入学しても野球...