浦和レッズが決勝進出!アジアチャンピオンズリーグ(ACL)について

    アジアチャンピオンズリーグ2022にて、浦和レッズが決勝進出しました!

    浦和レッズは、これまでアジアチャンピオンズリーグで2度の優勝を果たしており、今回日本クラブ初である3度目の優勝をかけた試合となっており、日本中から期待が集まっています。そこで今回は、アジアチャンピオンズリーグについて解説していきたいと思います。

    アジアチャンピオンズリーグってどんな大会?

    アジアチャンピオンズリーグは(ACL)は、アジアのクラブチームにとっては最も権威のある大会です。

    しかし参加条件や大会の進み方など、どんな大会なのか知らない方も多いのではないでしょうか?

    順に解説していきますので、是非見ていってください!

    アジアNo.1クラブを決める大会

    アジアチャンピオンズリーグ(ACL)とは、アジアNo.1クラブを決めるために行われる、アジアサッカー連盟主催の選手権大会です。アジアサッカー連盟加盟協会のうち、西アジア地区と東アジア地区における上位の協会に参加資格が与えられ、協会ごとに出場枠が割り振られます。そして各協会で行われるリーグ戦やカップ戦の上位クラブが、与えられた出場権の数まで出場出来ます。

    出場枠の数や、対戦方式は年々変化しており、その年ごとに特色のある大会が楽しめます。

    アジアチャンピオンズリーグ2022の大会概要

    アジアチャンピオンズリーグ2022では、出場権が、予選プレーオフ出場権と本選であるグループステージ出場権の2種類に分類されます。グループステージ出場権の数は年々拡張されており、ACL2022のグループステージには、40チームに出場権が与えられました。

    対戦方式

    ACLでは、東西地域別にグループステージが行われます。各地域20チームを5グループに分け、各グループ総当たりのリーグ戦によって決勝ラウンドであるノックアウトステージに進出するチームを決めます。ノックアウトグループには、各グループの1位(5チーム)と、2位の成績上位3チームの計8チーム、東西合わせて16チームがコマを進めます。

    ノックアウトステージでは、東西地区それぞれ1回戦制でトーナメント戦が行われ、両地区の1位が決勝で戦います。

    またグループステージのうち4枠を決めるため、予選プレーオフが行われ、予選出場権を与えられたチームが一回戦制で競い合います。

    日本の出場枠は?

    アジアチャンピオンズリーグ2022では、日本はグループステージ出場権3枠と予選プレーオフ出場権1枠を獲得しました。

    グループステージ出場権は、J1リーグの優勝と準優勝、そして天皇杯優勝クラブに与えられます。今大会では川崎フロンターレ、浦和レッズ、横浜F・マリノスが出場しました。

    予選プレーオフ出場権は、J1リーグの3位のクラブに与えられました。今大会では、ヴィッセル神戸が出場しました。

    浦和レッズってどんなチーム?

    ACL2022にて決勝進出を果たした浦和レッズ。そんな浦和レッズがどんなチームなのか紹介していきたいと思います!

    浦和レッズのチーム紹介

    浦和レッドダイヤモンズ、通称浦和レッズは日本の埼玉県さいたま市をホームタウンとするプロサッカークラブです。過去のACLでは、2007年に日本勢初優勝、2017年に日本勢初の2回優勝を果たすなど、国際大会でも大きな成果を上げています。

    浦和レッズの選手紹介

    浦和レッズは選手層が厚く、国内外問わず幅広い活躍を見せています。その中でも今回は、トップチームの選手達を紹介していきたいと思います。

    GK

    • 1:西川 周作
    • 12:鈴木 彩艶
    • 16:牲川 歩見

    DF

    • 2:酒井 宏樹
    • 4:岩波 拓也
    • 6:馬渡 和彰
    • 13:犬飼 智也
    • 20:知念 哲也
    • 24:宮本 優太
    • 28:アレクサンダー ショルツ
    • 42:工藤 孝太
    • 44:大畑 歩夢

    MF

    • 3:伊藤 敦樹
    • 8:小泉 佳穂
    • 10:ダヴィド モーベルク
    • 11:松尾 祐介
    • 14:関根 貴大
    • 15:明本 孝浩
    • 19:岩尾 憲
    • 21:大久保 智明
    • 22:柴戸 海
    • 25:安居 海渡
    • 27:松崎 快
    • 33:江坂 任
    • 40:平野 佑一

    FW

    • 7:キャスパー ユンカー
    • 9:ブライアン リンセン
    • 17:アレックス シャルク
    • 26:木原 励

    浦和レッズを支えるスタッフ

    選手達の活躍には、監督はもちろんスタッフの存在は欠かせません。まさしく縁の下の力持ちであるスタッフたちについても見ていきましょう。

    • 監督:リカルド ロドリゲス
    • コーチ:前迫 雅人
    • コーチ兼通訳:小幡 直嗣
    • フィジカルコーチ:石栗 建
    • コーチ:平川 忠亮
    • GKコーチ:ジョアン ミレッ
    • GKアシスタントコーチ:塩田 仁史
    • コーチ兼分析担当:林 舞輝
    • テクニカルスタッフ:守屋 優馬

    まとめ

    今回はアジアチャンピオンズリーグと浦和レッズについて解説させていただきました! 決勝進出を果たした浦和レッズは、今回日本勢初3度目の優勝となるか、目が離せませんね。皆さんも是非、決勝戦を応援して盛り上げていきましょう!

     

    おすすめの記事
    大解剖!自分にぴったりの携帯扇風機の選び方とは?
    大解剖!自分にぴったりの携帯扇風機の選び方とは?
    9月に入っても、まだまだ暑い日が続く、今日この頃。日本の夏は、暑い上に湿気がすごいので、赤道付近に住んでいる人でも日本の夏の厳しさにはしばしば驚かれる程です。 そんな夏場は、魅力的なイベントが目白押し。ただ、いざ出向くと人が沢山で・・・。想像しただけで汗が出てきます。そんな悩みを解消すべく、数年前から持ち運べるハンディ...
    松坂大輔の現在の球速は?引退疑惑と「年俸4億に見合う成績」を想定・・・
    怪我から1軍を離脱して長くの月日が経過してる松坂大輔投手。 昨年のいま頃の松坂大輔さんは、日本復帰が期待され、横浜やソフトバンクなどの獲得に乗り出す球団の話題で持ちきりでした。 最終的に日本復帰を果たした松坂大輔投手を獲得したのはソフトバンクホークス。 ベテランとしてローテの一角を担い、若手の良い手本になるはずだと、誰...
    球速アップ(ストレート)のトレーニングは背筋と足腰が重要?インナーマッスルと球速の関連性(結局投球フォーム)
    今年の夏の甲子園は東海大相模の小笠原投手や吉田りょう投手と、仙台育英の佐藤せな投手に、圧倒的な球速が大会を制圧しました。 例年、球速150キロを投げる球児が甲子園に登場しますが、意外と早く敗退したり、「ストレートが速い=勝てる投手」という風潮はなくなっていました。 しかし、今年の甲子園で東海大相模と仙台育英のエースを見...
    クロマティの現在。乱闘と敬遠サヨナラ打の伝説!成績は巨人助っ人史上最強?
    かつて巨人にて助っ人選手として活躍していたウォーレン・クロマティ選手。 クロマティは現在でも古くからの巨人ファンに愛され、その知名度は衰えてません! クロマティが巨人で活躍したのは1984年から1990年。 巨人退団後のメジャー復帰後は、ロイヤルズで1年だけプレーしました。 そんなクロマティは現在では61歳! 現在はど...
    隆乃若の父は元ヤクルトの尾崎亀重氏。現役時代はどのような選手だったのか?
    元大相撲力士で、現在タレントの隆乃若さん(尾崎勇気)。 身長190センチと恵まれた身長に、端正な顔立ちが「イケメンだ!」と人気です。 そんな隆乃若さんの、最近多い話題は、父の尾崎亀重さん。 なんと、父親の尾崎亀重さんは、ヤクルトの所属していたプロ野球選手だったのです! 隆乃若の父の元プロ野球選手の尾崎亀重氏(元ヤクルト...
    松坂恭平(大輔の弟)の結婚相手の嫁(写真)。ロッテの入団テスト(ドラフトは?)。wiki有り
    日本復帰を果たしてから、 なかなか1軍で投げれない松坂大輔投手。 最近では明るいニュースを聞きません・・・。 しかし、今日、 意外なところで、 松坂投手の話題が! それは弟である、 松坂恭平さんの結婚です! 弟の松坂恭平さんが、 結婚相手に選んだ相手は、 女子アナウンサー・・・。 兄貴の松坂大輔さんも、 かつては女子ア...
    鳥谷敬が浮気はありえない、嫁が美しすぎる!7番起用は何だったのか?
    阪神タイガース率いる、選手の中心である鳥谷敬選手。 プレイも振る舞いも完璧な鳥谷敬選手は、多くの阪神ファンのオアシスのような存在。 ベストナイン5回、ゴールデングラブ賞3回の実力は、 阪神の歴代のショートストッパーの中でも、最高潮の選手とされる。 打率3割を3回も残したシュアな打撃と、 場面で走れる走塁力、 さらに...
    大阪桐蔭の田端君と近田君の現在。亜細亜大学野球部を退部してる?プロ志願・ドラフトを期待された逸材
    大阪桐蔭といえば4番に、2012年に田端選手、2013年に近田選手と、 例年、全国屈指の好打者を従えて、高校野球を賑わかせていました。 ここ近年の大阪桐蔭の甲子園での活躍は、 常に痛打、痛打の隙のない打線が目立ちました。 歴代には中田翔選手や森友哉選手と、 プロ野球で通用する長距離打者も多く輩出してます。 高卒からプロ...
    大沢志意也がドラフトされるなら日本ハム?東海大四高校野球部のメンバーといつでも会える!
    今年の春選抜で準優勝したことで話題になった、 東海大四高校の大沢志意也投手。 春選抜では健大高崎・浦和学院など、 全国屈指の強豪の打者たちを手玉に取りました。 しかし、東海大四高校は、 今年の夏の甲子園の地区予選にて、 準々決勝の札幌円山高校に敗戦・・・。 春夏連続での甲子園出場はなりませんでした。 特に、準々で3本ホ...
    超RIZINにて朝倉未来 失神!?VSメイウェザー戦を完全レポート!
    超RIZINにて朝倉未来 失神!?VSメイウェザー戦を完全レポート!
    2022年9月25日(日)に、さいたまスーパーアリーナで開催すされた格闘技イベント「超RIZIN」。メインイベントでは、アメリカのフロイド・メイウェザー・ジュニアが2ラウンド3分15秒で、朝倉未来(あさくらみくる)をTKOしました。 今回は、『超RIZINにて朝倉未来 失神!?VSメイウェザー戦を完全レポート!』と題...