【2022年5月最新】開幕1ヶ月!メジャーリーグ最新情報

    アメリカ・メジャーリーグが開幕して1ヶ月。ダブルヘッダーも含む20連戦も終了し、順調に試合が消化されています。アメリカの新型コロナウイルスによるスポーツ観戦の規制も解除され始め、以前の盛り上がりに近づいてきています!

    個人成績を見ていくと大谷選手がメジャー通算100号本塁打を記録するなど、日本人選手の活躍も見てとれますが、チームとしてはどうでしょうか。そこで今回は、日本人選手が所属する球団の順位など最新情報をお伝えします!

    メジャーリーグの順位

    メジャーリーグはアメリカン・リーグ、ナショナル・リーグそれぞれ15球団が所属し、そこから5球団ずつが西、中、東地区に分かれ、優勝争いをしています。それぞれの順位を一覧でご紹介します。

    アメリカン・リーグ

    西地区

    順位チーム主な所属選手勝率
    1位ヒューストン・アストロズ松井稼頭央選手

    (2008〜2010)

    2514.641
    2位ロサンゼルス・エンゼルス大谷翔平選手

    (2020〜)

    2416.600
    3位テキサス・レンジャーズ有原航平投手

    (2021〜)

    1720.459
    4位シアトル・ マリナーズイチロー選手

    (2001〜2012

    1722.436
    5位オークランド・アスレチックス冨岡聖平投手

    (マイナー 2020〜)

    1624.400

    中地区

    順位チーム主な所属選手勝率
    1位ミネソタ・ツインズ前田健太投手

    (2020〜)

    2216.579
    2位シカゴ・ホワイトソックス井口資仁選手

    (2005〜2007)

    1919.500
    3位クリーブランド・ガーディアンス福留孝介選手

    (2011)

    1619.457
    4位カンザスシティ・ロイヤルズ青木宣親選手

    (2014)

    1423.378
    5位デトロイト・タイガース野茂英雄投手

    (2000)

    1325.342

    東地区

    順位チーム主な所属選手勝率
    1位ニューヨーク・ヤンキース松井秀喜選手

    (2003〜2009)

    2810.737
    2位タンパベイ・レイズ岩村明憲選手

    (2007〜2009)

    2315.605
    3位トロント・ブルージェイズ菊池雄星選手

    (2022〜)

    2018.526
    4位ボストン・レッドソックス澤村拓一投手

    (2021〜)

    1622.421
    5位ボルティモア・オリオールズ上原浩治投手

    (2009〜2011)

    1524.385

    ナショナル・リーグ

    西地区

    順位チーム主な所属選手勝率
    1位ロサンゼルス・ドジャース野茂英雄投手

    (1995〜1998,2002〜2004)

    2512.676
    2位サンディエゴ・パドレスダルビッシュ有投手

    (2021〜)

    2414.632
    3位サンフランシスコ・ジャイアンツ新庄剛志選手

    (2002)

    2215.595
    4位コロラド・ロッキーズ松井稼頭央選手

    (2006〜2007)

    1819.486
    5位アリゾナ・ダイヤモンドバックス平野佳寿投手

    (2018〜2019)

    1921.475

    中地区

    順位チーム主な所属選手勝率
    1位ミルウォーキー・ブルワーズ大家友和投手

    (2005〜2006)

    2414.632
    2位セントルイス・カージナルス田口壮選手

    (2002〜2007)

    2018.526
    3位ピッツバーグ・パイレーツ筒香嘉智選手

    (2022〜)

    1621.432
    4位シカゴ・カブス鈴木誠也選手

    (2022〜)

    1522.405
    5位シンシナティ・レッズ秋山翔吾選手

    (2020〜2021)

    1126.297

    東地区

    順位チーム主な所属選手勝率
    1位ニューヨーク・メッツ加藤豪将選手

    (2022〜)

    2614.650
    2位フィラデルフィア・フィリーズ田口壮選手

    (2008)

    1820.474
    3位フロリダ・マーリンズイチロー選手

    (2015〜2017)

    1720.459
    4位アトランタ・ブレーブス川上憲伸投手

    (2009〜2010)

    1721.447
    5位ワシントン・ナショナルズ伊良部秀輝投手

    (2000〜2001)

    1326.333

    日本人選手が所属しているチームが上位争いをしています。昨シーズンリーグMVPに輝いた大谷翔平選手が所属するエンゼルスも順調に勝ちを重ねていますね。大谷選手が大リーグに挑戦してから故障者も多く勝てなかったエンゼルスですが、今シーズンは十分優勝を狙える位置につけています。

    まとめ

    以上、『【2022年5月最新】開幕1ヶ月!メジャーリーグ最新情報』と題してまとめてきました。今年も11名の選手がアメリカで活躍し、活躍の機会をうかがっています。日本人選手の活躍、日本人選手が所属しているチームがポストシーズン進出するなど、シーズン終盤にも楽しみが多くあるといいですよね。メジャーリーグを観戦するのも楽しいですが、スポーツベッティングを活用するとよりエキサイティングな観戦ができますよ!

    おすすめの記事
    橋上秀樹が退団。戦略コーチとしての年俸は?麻生太郎と似てる・・・
    今季2015年の楽天にてヘッドコーチを任されていた橋上秀樹さん、今日付けで楽天を退団したようです。 今シーズンが始まる前から、大久保監督に関して賛否はあったものの、橋上秀樹さんのヘッドコーチ就任はファンにも期待されており、今日の退団劇は、橋上秀樹さんだけ「?」と思うような事態です。 もともと橋上秀樹さんは巨人時代から「...
    勧野甲輝の戦力外の理由。素行と伝説!敬語は使えたのか?弟もすごい・・・
    かつてPL学園で「清原2世」と崇められた選手がいました。 2011年のドラフトで楽天に入団した勧野甲輝さんです。 勧野甲輝さんは高校時代からの怪我もあり、甲子園での話題は結局少なく・・・ プロ入り後も、期待通りの覚醒は果たせないでいました。 高卒からプロ入りを果たした勧野甲輝さんですが、それでもファンは「いつかは持ち前...
    サミーソーサのコルク事件と現在。マグワイアとホームラン成績を争ったのが全盛期!
    かつてはメジャーリーグで2度のホームラン王を獲得して世界的ホームランバッターであったサミーソーサ。 彼は2003年の6月のデビルレイズ戦で、折れたバットの中にコルクが発見され、主審から退場処分を受けた。 計7試合の出場停止になった後に、連日メディアで批判が続いた。 実際にバットにコルクを詰めても、スイングスピード自体は...
    星野仙一と高橋由伸監督(巨人)のトーク。由伸監督にあるダメ出しをした?坂本冬美との噂・・・
    12月6日に星野仙一さんと巨人の新監督の高橋由伸さんが、 六大学野球の90周年記念祝賀会に同席し、 和やかなムードで「監督論」について語り合いました。 星野仙一さんと「巨人」っていうと、 監督時代は宿敵としてました。 まさか、ここに来て、由伸監督とトークするなんて・・・。 トークショーの中で由伸監督が、 指導方針に関す...
    白根尚貴は戦力外(自由契約)とは別にトライアウト参加!現在は彼女はいるのか?
    ソフトバンクにて育成選手として契約されていた白根尚貴選手が、 自己決断で他球団のトライアウトを受けるようです。 白根尚貴選手は甲子園にて開星高校のスター選手として話題に なり、プロ入り後は1日でも早い覚醒が期待されていました。 しかし、白根尚貴さんはプロ入り後にすぐに一軍出場することはなかったのです。 それでも白根尚貴...
    大竹寛にラーメン禁止令!?広島でのブーイングは落ち着いたか・・・?
    大のラーメン好きで知られる巨人の大竹寛 投手。 ポコっと出たお腹が特徴的で、体重は95キロにもなるという。 そんな大竹寛 投手に、原監督から直々にシェイプアップが命じられたという。 大竹寛選手のラーメンマニアぶりはファンの中でも有名で、 それは広島カープにいた時代から続くそう・・・。 巨人に移籍して、東京都内の美味しい...
    元木大介のラーメン「元福」(場所・足立区五反野)が閉店。テレビでオープンの紹介をしていたが・・・・。
    元巨人のクセ者・元木大介さんがオープンさせたラーメン屋、 「元福」(場所は足立区五反野)が閉店していたと報じられました。 元木大介さんは巨人の現役時代からラーメンが大好きで、 当時から、引退後にはラーメン屋を考えていたそう。 元木さんが初めてラーメン屋をオープンさせたのが、 2010年9月に仲御徒町にて。 その次が20...
    西武に移籍した木村昇吾。年俸推移と家族。FAランクと「セルフ戦力外」とは?人的補償
    昨年2015年まで在籍していた広島カープから西武ライオンズに移籍した木村昇吾選手。 プロ入り14年目の木村昇吾さんは35歳。お世辞にも若い選手でもないです・・・。 2003年から横浜に入団し、そこから2008年かエア広島で長年プレーしていました。 木村昇吾さんを知る長年のファンからすれば、この時期での移籍には驚いたこと...
    大沢志意也の進路は東海大学。ライバルの平沼翔太、佐藤世那はプロの世界へ。インスタグラムでは祝福の嵐?
    今年の春の甲子園にて準優勝を遂げた東海大四の大澤志意也投手。 残念ながら、夏には北海道の地区予選で敗れ、甲子園まで話題にはなりませんでしたが、 野球のオフシーズンに入ると、進路を気にかける方が多かったようです。 大澤志意也さんの魅力は「成長力」ですね。 神宮での惨敗を春の甲子園で晴らした爽快なストーリーは野球ファン好み...
    鹿児島実業野球部の有村健太(串木野出身)と橋本拓実(大学は?)。メンバーの出身中学
    鹿児島男児といえば、頑固で自信家なイメージが強いですが、 鹿児島実業には、冷静で落ち着いたイメージが強いです。 今年の甲子園で5年ぶり18回目の甲子園出場を果たした鹿児島実業野球部。 地区予選ではエースの橋本投手と、 才能豊かな有村選手の2本柱で制してきました。 鹿児島大会では6試合中、 一度も相手にリードを許さず、...