【ボクシング】日本人初PFP1位の偉業を達成!井上尚弥の功績まとめ

    2022年6月7日に元世界5階級制覇王者のノニト・ドネア選手(フィリピン)に2回TKO勝ちして、3団体王座統一を果たした井上尚弥選手。PFPランキングでは、3位から一気に1位となり

    、8月までの2ヶ月間世界最強のボクサーとして最高の評価を受けました。

    もともと「日本史上最高の逸材」、「モンスター」と呼ばれている井上選手ですが、PFP1位以外にもどんな功績があるのか気になるところですよね。

    そこで今回は、今更聞けない井上尚弥選手の功績をまとめていきます!

    PFPとは

    PFPとは、Pound for poundの略称でボクシングや総合格闘技、キックボクシングなどの格闘技において、全階級で体重差のハンデがない場合は誰が最強であるかを指す称号のことです。権威のある米専門誌『ザ・リング』の初代編集長ナット・フライヤー氏によって、1950年代初期に創設されました。

    多くの格闘技は、体重別に階級が分かれており、特にボクシングの階級はミニマム級〜ヘビー級まで全17階級が設定されています(ちなみに、井上尚弥選手の階級は5番目に軽いバンタム級)。

    一般的に技量が同程度であれば、体重が重い方が勝つ可能性が高いというのが通説となっており、そうすると最重量級であるヘビー級の世界チャンピオンが最強ということになりますが、仮に体重差がないと仮定し、全階級のボクサーが同じ条件で戦った場合に誰が一番強いのかを示す指標がPFPとなっています。

    マイク・タイソン選手やフロイド・メイウェザー選手ら、そうそうたるメンバーが名を連ねる「勲章」のような存在です。

    井上尚弥の功績

    ここからは、井上尚弥選手が成し遂げた功績をまとめていきます。

    高校生初のアマチュア7冠

    井上尚弥選手の伝説は、プロ入り前から始まっていました。

    高校1年生では、インターハイ・国体・選抜の三冠を達成。2年生で国体を連覇すると、3年生で初めての国際大会インドネシア大統領杯に出場し、金メダルを獲得。インターハイと全日本選手権も制覇して、アマチュアで7冠を達成しました。

    国内最短タイ記録!4戦目で「日本王座」に

    2012年のプロデビュー戦後も順調に結果を残し、2013年8月25日田口良一選手との対戦で、判定勝ちを納めました。

    これにより、辰吉丈一郎選手以来23年ぶりに当時国内最短タイ記録となる4戦目での日本王座(ライトフライ級)を獲得しました。なお、この記録は2019年に女子の千本瑞規選手、2022年に男子の但馬ミツロ選手により2戦に更新されています。

    6戦目で「世界王座」獲得

    2014年4月6日、WBC世界ライトフライ級王者のアドリアン・エルナンデス選手(メキシコ)に挑戦。試合の3週間前にインフルエンザにかかるなど、体調は万全に程遠かったようですが、第6ラウンドに接近戦から右フックでダウンを奪うとレフェリーがストップ。6R2分54秒のTKO勝ちを収めました。

    これにより、当時日本人男子最速となるプロ入り6戦目での世界王座獲得に成功しました。

    8戦目で「2階級制覇」

    2014年11月6日、スーパーフライ級へ転向するためにWBC世界ライトフライ級王座の返上を発表した井上選手。

    12月30日、WBO世界スーパーフライ級王者オマール・ナルバエス(アルゼンチン)に挑戦しました。試合は序盤から井上選手が攻勢に出て、2R3分1秒KO勝ちを収め、当時世界最速となる8戦目での飛び級での2階級制覇を達成しました!

    16戦目で「3階級制覇」

    2018年3月6日、3階級制覇を目指すためにWBO世界スーパーフライ級王座は同日付で返上。

    2018年5月25日にWBA世界バンタム級レギュラー王者のジェイミー・マクドネルと対戦し、1R1分52秒TKO勝ちを収めて、日本最速となる3階級制覇を達成しました。

    WBSS初出場・IBF王座及びリングマガジン王座獲得

    2018年にWBA、WBC、IBF、WBOのいずれかの世界王者または世界ランキング15位以内の選手のみが出場できる「World Boxing Super Series(WBSS)」に初参戦することが発表されました。

    2019年5月18日、WBSS準決勝としてIBF世界バンタム級王者のエマヌエル・ロドリゲス選手と対戦。無敗の王者同士の対決で、この試合が事実上の決勝戦とされていましたが、結局2R1分19秒で井上選手がTKO勝ちを収め、WBSS決勝戦への進出を決めると共に、WBA王座の2度目の防衛、並びにIBF王座及びリングマガジン王座獲得に成功しました。

    2019年11月7日、さいたまスーパーアリーナでWBA世界バンタム級スーパー王者ノニト・ドネア選手と対戦し、判定勝ちを収め、WBA王座の王座統一による3度目の防衛、IBF王座の初防衛に成功し、WBSSバンタム級初代王者に輝きました。

    日本人初の3団体統一王者へ

    2022年6月7日、WBC世界バンタム級王者ノニト・ドネアと2年7か月振りの再戦となった井上選手。3団体統一王者の座をかけた戦いで、2回1分24秒TKO勝ちを収めました。この試合で新たにWBC王座を獲得、またWBA王座の7度目、IBF王座の5度目の防衛にも成功し、日本人初の三団体統一王者となりました!

    PFPランキング第1位に選出

    2022年6月11日、世界で最も権威のあるアメリカのボクシング専門誌『ザ・リング』が格付けする「パウンド・フォー・パウンド・ランキング(PFPランキング)」において、第1位に選出。2022年8月24日のランキング更新で、第2位に後退するまでの間1位を維持しました。

    最後に

    今回は、日本王座や世界王座獲得の史上最速記録を樹立してきた井上尚弥選手の功績をまとめてきました。

    プロ入り後23試合無敗、20KOというとてつもない結果を残しており、3団体統一王者として、次なる目標は4団体統一王座。その4団体統一王座決定戦として、井上尚弥選手とWBO王者ポール・バトラー選手の対戦が12月13日に予定されています。

    この4団体統一王座を最後にスーパーバンタム級への挑戦をされるのではと言われている、井上選手。いつまで無敗のままトライできるのか、楽しみです!

    おすすめの記事
    【高校野球】センバツ2022年の出場校・大会日程
    【高校野球】センバツ2022年の出場校・大会日程
    30年ぶりに開幕が順延となり、開幕前から話題となった春の甲子園(センバツ高校野球)。プロ野球のことはよくわからないけど、高校野球のことなら知っているという方も少なくないと思います。 今大会はどの高校が出場しているのか、一覧で紹介し、特に注目すべき選手と、大会日程を順番にご紹介します! 出場校一覧 センバツ高校野球は秋の...
    悲劇のエース・丹波慎也(横浜高校)。上地雄輔が憧れた男。渡辺監督は彼の写真を大事に持ち歩いていた・・・。
    横浜高校といえば、今年で長年「名将」として全国に知られた渡辺元智監督が退任したことで話題になりました。 今年の横浜高校は神奈川県大会の決勝で、東海大相模に破れますが、夏のあとの大会では大勝でリベンジを成し遂げました。 今後も横浜高校を語る上で渡辺元智さんの存在は大きく、 それと共に1998年の春夏連覇した松坂時代も記憶...
    鹿児島実業野球部の有村健太(串木野出身)と橋本拓実(大学は?)。メンバーの出身中学
    鹿児島男児といえば、頑固で自信家なイメージが強いですが、 鹿児島実業には、冷静で落ち着いたイメージが強いです。 今年の甲子園で5年ぶり18回目の甲子園出場を果たした鹿児島実業野球部。 地区予選ではエースの橋本投手と、 才能豊かな有村選手の2本柱で制してきました。 鹿児島大会では6試合中、 一度も相手にリードを許さず、...
    畠山和洋の素行は問題児クラスだった?嫁も年俸も充実し成功!
    ヤクルトのスラッガー畠山和洋選手。 畠山和洋選手は比較的に覚醒が遅い選手ではありますが、 それは、かつての素行を直した恩恵だと言われています。 畠山和洋さんは子供の頃からやんちゃな子で、 それは、中学、高校でも同じだったそうです。 噂では「野球をやる資格ない」と言われていたそうで、 野球はほとんど才能だけでやる、問題...
    吉井理人が退団。栗山監督(独身)にも信頼されたコーチ。フォークボールを伝授した人は誰だっけ?
    今年、ソフトバンクにて1軍投手コーチに就任していた吉井理人さんが、今季限りで同チームを退団すると報道されました。 吉井理人さんが投手コーチに就任してから、いきなりの日本一。 これからのソフトバンクを担う大切なコーチとして信頼されていましたが、吉井理人さん自身からいきなりの退団と、ファンを困惑させています。 工藤監督から...
    河原純一の引退。元嫁やスキャンダルってなんだろう?
    巨人や中日で活躍した河原純一さんが引退を決断したそうです。 河原純一さん駒沢大学からドラフト1位でプロ入りし、「ミスター完封」と言われるほど活躍した投手です。 現在の河原純一さんは42歳。 中日ドラゴンズを去った後は独立リーグで活躍されてました。 河原純一さんは所属する愛媛のチームから引退を発表し、 チームでは今シーズ...
    藤浪晋太郎と山本彩。大谷翔平と成績比較。彼女とのプリクラの噂
    現在、阪神の勝ち頭として期待される藤浪晋太郎投手。 昨年は14勝7敗という素晴らしい成績を残し、エースとしての認知も高まってます。 そんな藤浪晋太郎投手は関西地区で大人気の選手。 若くて独身でイケメンですでに1億円プレーヤーともなれば、当然ですね・・・。 最近では山本彩さんとの対談の中で、 彼女が藤浪晋太郎さんに好感触...
    坂本勇人がタバコ吸うのは本当か?ガセか?銘柄電気タバコって噂。結婚はいつするのか
    巨人にて主力として活躍する坂本勇人選手。 高卒ルーキーから一気にレギュラー選手に成り上り、その人気は圧巻です! そんな坂本勇人さんは子供や女性に大人気の男前な選手です。 女性関係から、プライベートな部分まで、坂本勇人さんは多くの情報を欲しられてます。 数々の噂が坂本勇人さんにはありますが、 実はタバコを吸ってるかもしれ...
    涌井秀章と押切もえの熱愛(彼女になるまでの馴れ初めは?)互いに劣化を想定して結婚して子供?ビッグな彼氏と彼女
    横浜高校から西武のエースとして活躍していた涌井秀章さん。 現在、29歳ですが、未だに独身を貫いていました。 そんな涌井秀章さんが、なんと大物モデルと交際しているそうです。 彼女としてメディアに報道された方が「押切もえ」さんです。 かつては日本の雑誌・モデル・ウィークで活躍された大物美人と、 甲子園・プロ野球と球史に名を...
    宮本慎也の守備力とグラブ(グローブ)。引退前の武蔵小山のパレードは凄かった・・・・
    守備の達人とも言われたヤクルトスワローズの宮本慎也さん。 宮本慎也さんは2013年までヤクルトで19年プレーし、 華麗な守備と、シュアな打撃と、リーダーシップでチームの貢献していた。 宮本慎也さんは引退するまでの現役生活19年の中で、 ゴールデングラブ賞を10回も獲得しており、 その守備力の素晴らしさは、野球ファンの誰...