野茂英雄の始球式(WBCアメリカ戦動画)。ビデオ判定と菊池と先発の菅野。千賀は?

スポンサードリンク

野茂英雄の始球式(WBCアメリカ戦動画)。ビデオ判定と菊池と先発の菅野。千賀は?今日、ドジャースタジアムで行われている、
WBCの準決勝、アメリカと日本代表の試合。

試合開始前から各メディアで多くの予想が飛び交い、
アメリカはドラフト下位からの苦労人ルアークが先発し、
日本は当初、千賀が先発すると思われていましたが、
結局は日本のエースの菅野投手が先発することになりました。

今日の試合は平日の昼間ということで、
見れないで速報を楽しんでるリーマンの方が多いと思いますが、
試合の始球式に野茂英雄さんが登場したことで話題になりました。

野茂英雄さんの始球式・・・観てみたかったですね・・・。

野茂英雄の始球式(WBCアメリカ戦動画)

野茂英雄さんは元々ドジャースに所属していた、
今日のWBCの試合会場ドジャースタジアムとゆかりのある人物。

メジャーと日本で活躍した投手ということもあって、
始球式に登場すると、現地のファン、日本から駆け付けた両ファンから、
盛大な声援と拍手が起こりました。

ドジャースなどで活躍した野茂英雄氏(48)が始球式を行った。

準決勝と決勝の会場はドジャースの本拠地で、日本選手が本格的に大リーグに挑戦する道筋をつくった野茂氏にとってなじみ深い球場。

日本代表の背番号16のユニホームの上着を着た野茂氏はドジャース時代の監督だったトミー・ラソーダ氏からボールを受け取って第1球を投じた。捕手を務めた鈴木誠也に向け、ボールは高めに大きく外れたが、大声援を浴びた引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170322-01795866-nksports-base

野茂さんの始球式の内容は、
大暴投だったようですが、
それが逆に大ウケだったようです。

日本代表のユニフォームで登場し、
背番号は馴染みの深い「16番」、
仮に野茂さんの時代にWBCがあったらなーと誰もが思ったでしょう。

しかし、なぜ、捕手に鈴木選手だったのか、その部分は謎です・・・笑。

日本ラウンドでは始球式がなかったので、
決勝ラウンドで皆で沸くことができてよかったですね!

スポンサードリンク



WBC準決勝のアメリカ戦で早速ビデオ判定。菊池と先発の菅野。千賀は?

前日の21日に行われたプエルトルコとオランダの試合では、
幾度もビデオ判定があったようです。

そして、今日始まって日本とアメリカの試合の中でも、
早速ビデオ判定があったのです。

まずは二回、1死からホスマーの三ゴロの判定で、リプレー検証が行われた。さらに三回には無死一塁から、スタントンの強烈な打球が三塁へ。松田が好捕して二塁へ送球、一塁へ菊池が転送して併殺が完成した。だが、菊池がベースを踏んでないとしてリプレー検証。ここでは判定が覆って、二塁がセーフとなった。

三回は日本の攻撃で、1死一塁から山田の打球が遊撃左へ。一度落球したクロフォードが二塁へ送球したが、間一髪のタイミングでアウトに。ここで小久保監督がベンチを出て、リプレー検証を求めた。判定は覆らずプレー再開すると一走・山田がスタート。二盗を決めたが、ここでも微妙なタイミングに、米国ベンチがリプレー検証を求めた。

小久保監督は試合前から。「ビデオ判定というのがね、日本ではなかなかなじみがないので。非常に際どいプレーに対して、積極的にビデオ判定を使うなという印象を持っている」と警戒していた。三回までで4度。序盤からリプレー検証の応戦となっている。引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170322-00000043-dal-base

積極的にビデオ判定を支えるのは良いですが、
今のところ「アメリカ寄り」という印象は強いです。

やはり過去の大会の「世紀の大誤審」があったことから、
日本の野球ファンのアメリカでの日米戦には不安の目があります。

メジャー主体の大会ということで、
心配もアメリカ人が多いですが、
アメリカとの試合はぐらいは別の国から多く派遣しても良いのかな?と。

菊池選手の守備は、アメリカでも注目されていますが、
仮にリプレーの対象にもなれば、
相乗効果で、さらに守備のうまさが評価されることでしょう。

菊池選手の守備範囲の広さはすでに対戦相手の中で噂になっているので、
このアメリカ戦の中で、はっきりと日本の野球の守備のうまさを証明して欲しいです。

先発の菅野投手も、アメリカ打線を抑えられるレベルであることを証明できてますが、やはり長い回よりも千賀投手に早めに委ねて欲しいなと。

直球とスプリットの質で三振を奪える投手は、
メジャーで有用する風潮があるので、
このアメリカ戦の中で、千賀投手の魅力をふんだんに見せて、
向こうの野球ファンの度肝を抜いて欲しいです!


スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です