ベネズエラ代表のメンバー&所属チーム(WBC2017)。打順と投手力。キング(ヘルナンデス)とカブレラの成績

スポンサードリンク

ベネズエラ代表のメンバー&所属チーム(WBC2017)。打順と投手力。キング(ヘルナンデス)とカブレラの成績ベネズエラ代表といえば、
メジャーに名プレーヤーを多く輩出しながら、
なかなかWBCで上位に立つことのなかったチームです。

日本もまだWBCで激突したことがなく、
今大会こそは、互いに当たり大会を盛り上げて欲しいです。

しかし、1次ラウンドでは、
プエルトルコに大敗し、
イタリアに苦戦し、
メキシコに敗退し・・・、

奇しくも2次ラウンドに進出するも、
アメリカに敗退、ドミニカに完封負け、

どうして勝てないのでしょうか?

今回のチームのメンバーは悪くないはずですが・・・。

ベネズエラ代表のメンバー&所属チーム(WBC2017)

投手:
フェリックス・ヘルナンデス
マーティン・ペレス
ジョーリス・チャシーン
エドゥアルド・ロドリゲス
フランシスコ・ロドリゲス
ジーンマー・ゴメス
オマー・ベンコモ
グレゴリー・インファンテ
ウィル・レデズマ
ホセ・アルバラード
フルース・ロンドン
ヤスメイロ・ペティット
ホセ・アルバレス
デオリス・ゲラ
ロベルト・スアレス

捕手:
サルバドール・ペレス
ロビンソン・チリノス
内野手:
ミゲル・カブレラ
ホセ・アルトゥーベ
マーティン・プラド
フレディ・ガルビス
アズドルバル・カブレラ
エルナン・ペレス
ヤンガービス・ソラルテ
外野手:
カルロス・ゴンザレス
オデュベル・ヘレーラ
エンダー・インシアーテ
指名打者:
ビクター・マルティネス

スポンサードリンク



ベネズエラ代表の打順と投手力。キング(ヘルナンデス)とカブレラの成績

打線はミゲル・カブレラ中心に、
強打を誇りますが、
今大会では調整が遅れてるような印象です。

オーダーを見てる限り、
全然悪いとは思わないのですが・・・。

イタリア戦
1 中 インシアルテ
2 三 プラード
3 一 カブレラ
4 指 ソラルテ
5 二 オドーア
6 右 ゴンザレス
7 遊 エスコバル
8 左 H・ペレス
9 捕 チリーノス

メキシコ戦
1 二 アルテューベ
2 左 プラード
3 一 カブレラ
4 右 ゴンザレス
5 指 マルティネス
6 三 オドーア
7 遊 エスコバル
8 中 インシアルテ
9 捕 チリーノス

カブレラの3番は不動ですが、
4番はコンザレストソラルテで入れ替わってます。

オーダーがコロコロしてと感じを見ると、
やはり、各選手の調整がうまくいってないのかな?と。

好投手が相手となると、
なかなか大量得点が奪えず、
淡白な攻撃になることが多いです。

また、投手力に関しては、
マリナーズの最高投手、
キング(ヘルナンデス)がいますが、
リリーフが荒れる試合が多いです。

3月16日のアメリカ戦ではキングが先発し、
アメリカ打線を無失点に抑える好投をみせますが、
後に続くリリーフ陣が打たれ、敗退してます。

もっと長い回をキングに頼って、
調子の良いリリーフを選ぶなど、
投手コーチが工夫しないと・・・。

ベネズエラの国民自体は、
野球が大好きで盛り上がってますが、
選手が大会に合わせて動いてかといえば、
そうでもなかったのかなーっと。

選手の選出の部分ではなくて、
調整の部分で本気を出さないと、
今後WBCで優勝は狙えないかと。

キングが全盛期のうちに、せめては一回は日本との対戦が見て見たいです。
でない、「ワールドベースボール」の醍醐味がないですから!


スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です