川崎宗則が歓喜。カブスの108年ぶり世界一優勝!!日本復帰や年俸(去就2016,2017年)

スポンサードリンク

川崎宗則が歓喜。カブスの108年ぶり世界一優勝!!日本復帰や年俸(去就2016,2017年)長く世界一から遠ざかっていたシカゴカブスが、
今日、ワールドシリーズでインディアンズを破り、
108年ぶりの優勝(世界一)を達成しました。

川崎宗則選手の世界一は、侍ジャパンでの優勝が最後ですが、
今回のカブスの優勝で、日本ではソフトバンク、代表、
そしてメジャーでの優勝の経験は、野球人として、
これ以上にないステータスとなります。

ワールドシリーズ第7戦(2日、インディアンス7-8カブス=延長十回、クリーブランド)カブスの川崎宗則内野手(35)はチームが108年ぶりに世界一に輝き、喜びを爆発させた。

試合直後、NHKのインタビューに「エキサイティング! 考えられない。すごい!」と興奮さめやらない。

引用元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161103-00000537-sanspo-base

もともとカブスに移籍して以来、
マイナーとメジャーの間で苦しんだ1年、
最後に最高の終焉が待ってました!

川崎宗則が歓喜。カブスの108年ぶり世界一優勝!!

%e5%b7%9d%e5%b4%8e%e5%ae%97%e5%89%87%e6%ad%93%e5%96%9c%e3%82%ab%e3%83%96%e3%82%b9%e5%84%aa%e5%8b%9d%e4%b8%96%e7%95%8c%e4%b8%80%e7%94%bb%e5%83%8f%e5%8b%95%e7%94%bb%e3%83%99%e3%83%b3%e3%83%81%e3%83%ad

ポストシーズンでは出場選手登録枠の25人から外れたが、チームに同行。ムードメーカーとして同僚を鼓舞した。「チームが勝つように精いっぱい応援してました」。ワールドシリーズでは1勝3敗から3連勝し、「すごいチームですよ。本当に感謝しています」とうなずいた。

メジャー5年目はマイナー生活の期間が長かったが、「こうやってカブスに残って、最後ワールドシリーズまで行けて、本当にアメリカに来てよかったです。今日で全部忘れそうですよ」と感慨深げだった。

引用元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161103-00000537-sanspo-base

川崎宗則選手の歓喜の気持ちは海を渡って伝わってきます、
最後まで苦しんでも、結局はチームが勝つことが一番嬉しんですね!

30歳で海を渡り、ようやく掴んだチャンピオンリング、
35歳の今になって、今後の去就の決断が気になります。

川崎宗則選手がメジャーでやり残したことは、
やはり個人での年間通じての活躍・・・。

これまででも十分にチームに貢献してきましたが、
川崎宗則選手の中で、何か個人的なこだわりがあるとすれば、
来年以降も変わらずにメジャーに残ると思います。

スポンサードリンク



川崎宗則の日本復帰や年俸(去就2016,2017年)

マイナーを行ったり来たりしてる川崎宗則選手は、
メジャーでの最低保障額が年俸ということになりますが、
日本復帰を果たせば7000万ぐらいは余裕でもらえる逸材です。

メジャーとマイナーの生活のギャップに苦しむ姿は、
すでに番組で紹介されており、多くの人が川崎宗則選手のハングリーさを知っています。

チームの一員として世界一を達成した今、
日本復帰のターニングポイントになるかもしれません。

個人的には、マイナーで活躍できる限りは、
日本復帰は難しいと考えてましたが、
カブスの優勝は、何か1つのきっかけになりそうです。

まずは川崎宗則選手にカブスが来年もオファーを出すのか、
この部分が重要だと思いますが・・・。

しかし、仮に日本復帰を決断したとすれば、
どの球団が、どれぐらいの額を川崎宗則選手に出すのでしょうか?

%e5%b7%9d%e5%b4%8e%e5%ae%97%e5%89%87%e6%97%a5%e6%9c%ac%e5%be%a9%e5%b8%b0%e5%8e%bb%e5%b0%b1%e5%b9%b4%e4%bf%b8%e3%83%a1%e3%82%b8%e3%83%a3%e3%83%bc%e6%ae%8b%e3%82%8b20162017%e5%b9%b4%e5%a5%91%e7%b4%84

年齢的に若手の見本になる選手として、
成績以上の価値を見込まれて1億は積まれそうです。

今、カブスの優勝報道で激アツですが、
今後の1か月は、川崎宗則選手の去就について、
ある意味でシビアで、ある意味夢のある報道が続くと予想されます。

まず、川崎宗則選手の日本復帰を期待する人と、
まだまだメジャーで見てみたいと考えると人、
どっちもイーブンでいるのがすごいことです!

これだけアメリカでも日本でも愛される選手なんて、
今後なかなか出てこないと思います。

ちなみに、個人的には、
川崎宗則選手にはまだまだ、
メジャーで踏ん張って欲しいなという思いがあります。

最終的にはメジャーを年間通じて出場して、
チームの優勝に再び立ち会う姿が見たいです。


スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です