イチロー の歴代年俸一覧。年俸推移はメジャーで日本人最高!2015年の成績の意味

スポンサードリンク

イチロー の歴代年俸一覧。年俸推移はメジャーで日本人最高!2015年の成績の意味マーリンズに所属するイチロー選手は今季で1年契約を終えていましたが、
オフになって即の10月6日に来期2016年の1年成績を結びました。

イチロー年俸推移歴代一覧メジャー日本

2016年に向けての年俸は2015年と同じ約2億です。
メジャーの球団が40歳を過ぎた日本人と契約を結び続ける未来を、誰が予感したでしょうか?凄すぎます

ただ、イチロー選手の年収自体は日本からのスポンサーなどで、
プラスアルファで数億円はあると思われます。

仮に年俸が0であっても、イチロー選手の年収はすごい額でしょう。

そんなイチロー選手の、これまでの野球の年俸推移を調べてみました!

イチローの年俸推移

オリックス時代
1992年 430万 19歳
1993年 800万 20歳
1994年 800万 21歳
1995年 8000万 22歳
1996年 1億6000万 23歳
1997年 2億6000万 24歳
1998年 4億3000万 25歳
1999年 5億 26歳
2000年 5億3000万 27歳

マリナーズ時代

イチロー年俸マリナーズ時代
2001年 約5億6666万 28歳
2002年 約3億3690万 29歳
2003年 約4億6666万 30歳
2004年 約6億5000万 31歳
2005年 約12億5000万 32歳
2006年 約12億5000万 33歳
2007年 約12億5000万 34歳
2008年 約18億 35歳
2009年 約18億 36歳
2010年 約18億 37歳
2011年 約18億 38歳
2012年 約18億 39歳

ヤンキース時代
2013年 約6億5000万 40歳
2014年 約6億5000万 41歳

マーリンズ時代
2015年 約2億 42歳
2016年 約2億 43歳

スポンサードリンク



イチローの歴代年俸は過去の日本人メジャーリーガーの中でもぶっちぎり!

イチロー選手の年俸推移は衝撃的な一覧ですよね・・・。
過去の日本のプロ野球選手の中でも1番なのは間違い無いですね。

これまでのイチロー選手の生涯年俸は、約200億近くになります。
また、スポンサー収入なども含めると、生きてるうちに300億は・・・。

ちなみに野茂投手や松井秀喜選手などの年俸ももちろんすごかったです。
しかし、イチロー選手の年俸と比較すると、当然・・・。

この先、日本人でイチロー選手よりも稼げる選手が登場する日は来るのでしょうか?
個人的には田中将大投手かダルビッシュ投手が粘り強くメジャーでの活躍を続ければ・・・と希望。

また、今日本で活躍してる大谷翔平選手がイチロー選手よりも早い時期にメジャーに渡り、
若くして、しっかり成績を残し、40歳近くまでスター級で活躍すれば、イチロー選手の生涯年俸に近づくでしょう。

イチローの2015年の成績

イチロー2015年成績マーリンズ

オフにすぐにマーリンズと契約を結んだイチロー選手は、
チームの若手のお手本として、様々な意味での期待がされています。

今年2015年のイチロー選手の成績は、

打率.223 本塁打1本 打点21点 盗塁11 OPS.561

今年のイチロー選手は試合数が多かったシーズンだったので、
これまでのイチロー選手を知ってるファンからすれば、

正直、衝撃的に思える成績だったことでしょう。

ただ、チームの雰囲気を見てると、
若手のイチロー選手に対するリスペクトがすごく、
数字以上の価値ある時間を、皆が噛みしめているように感じます。


スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です