ザック・グレインキーは日本に来る?乱闘で骨折した過去

スポンサードリンク

ザック・グレインキーは日本に来る?乱闘で骨折した過去現在ナ・リーグの最優秀防御率を独走状態のドジャースのザック・グレインキー投手。
グレインキーは今やMLBを代表する大エースと大成してますが、実はメンタル面での障害を乗り越えた選手でもあるのです。

グレインキー日本

2002年のドラフトでロイヤルズに入団したザック・グレインキーですが、
2006年には外出不可能なまでになり、引退も考えたと言います。

プレッシャーや社会的なものにメンタルが追い込まれていたようで、
ロイヤルズ在籍時には、ヤンキースなどプレッシャーの掛かるチームへのトレードを拒否した条件が契約に組み込まれていたそうです。

気持ちが強くないと、やっていけないスポーツが野球ですが、
グレインキーさんのような特例もあるのですね・・・。

しかし、後にグレインキーさんはメンタルは強まり、
チームの優勝へのこだわりや、常勝チームに在籍する喜びもわかるそうです。

グレインキーは日本に来る?

そんなグレインキー選手ですが、
あと数年後に、日本に来るのではないか?と。

その根拠は、ロイヤルズ時代のメンタルの再発です。

今やMLBトップクラスの投手に育った彼ですが、
このままいくと、かつての精神に戻ることも考えられます。

そう考えると、日本プロ野球は、
ヤジも日本語で傷つくこともなく、
日本のファンは助っ人に優しいです。

これは、自分の希望を込めた想像ですが・・・。
ただ単純にMLBで5勝もできなくなれば、日本に来て活躍して欲しいなと思います。

スポンサードリンク



グレインキーが骨折した乱闘騒ぎ

かつてグレインキーは乱闘で鎖骨を骨折し、
全治8週間の離脱を余儀なくされたことがあります。

その試合は2013年4月11日のパドレス戦で、
デッドボールを与えてしまったカルロス・クエンティンが、
怒ってマウンドにいるグレインキーに一直線に走り、
互いにぶつかり合う乱闘になったのです。

グレインキー乱闘

にらみ合いが少なく、すぐにつかみ合う乱闘は、
周囲もすぐに止めに入れないので危険です。

このときの乱闘も、その類でした。

結果、グレインキーは左鎖骨を骨折したのです。

グレインキー骨折

乱闘直後のグレインキーの表情ですが、このときはあまり痛そうではなかったです。
試合後の骨折の発表は、多くのドジャースファンが怒ったことでしょう。

ちなみ、このときドジャース選手・スタッフも大怒り。

わざと当てるようなシチュエーションではなかったことや、
グレインキーに一切の悪気のないプレーだったことなど、

特に主砲のケンプは骨折させたクエンティンを駐車場で待ち伏せ
ガチでやり返そうと、燃えていたそうです。

実際にクエンティンに出会えたケンプでしたが、
周囲の人の止められたようです。(そりゃそうだ!)

グレインキーケンプ

さすが、ケンプ兄貴かっこいいです!笑

ちなみにこの乱闘の原因は、
通算でデッドボールの多かったクエンティンが怒りの捌け口を探していたことと、
その前に、主砲のケンプがフラッシュボールをもらっていたこと。

それにしても、やりすぎな乱闘でしたが・・・。


スポンサードリンク

関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です