現在のイチローの日米通算安打とランキング。メジャーでは日米通算でも評価が高い?

スポンサードリンク

現在のイチローの日米通算安打とランキング。メジャーでは日米通算でも評価が高い?2015年シーズンの序盤は不調だったイチロー選手も、
得意の夏場からは調子を上げ続けヒットを量産、
そして、8月の中旬にはメジャー安打数歴代2位の、
タイカッブの4191安打を超える偉業を成し遂げました。

イチロー日米通算安打数現在ランキング2015

イチロー選手が日本時代に記録した通算安打は、
9年間で1278安打

そして、メジャーで積み上げた安打数は、
日米通算でタイカッブ選手を抜いた時点で、
15年間で2923安打でした。

日米通算安打での記録に賛否は分かれますが、
最終的には、ピートローズの「4256安打」を抜いて、
歴代の野球選手として、一番安打を放った選手になる期待がかかります。

イチローの日米通算安打とランキング(2015年8月現在)

日本が生んだ「安打製造機」として、
世界中で名が知れているイチロー選手ですが、
2001年から2010年まで200本安打を達成した偉業は、
「メジャーで今後塗り替えられづらい記録」のトップに考えられます。

イチロー=200本のイメージは、
世間からしたら当たり前でも、
イチロー選手本人からしたら大変だったことでしょう。

まず、言いたいのは、毎年メジャーで200本打てる選手は、
3人いれば多いほうで、10年続けたイチロー選手は超天才級ということを・・・。

そんなイチロー選手がアメリカだけで積み重ねた通算安打数は、
「2923安打」(2015年8月27日時点)です。

これは、メジャーの通算ランキングの第38位に入る数字です。
20代後半からデビューした選手としては、当然最多の数字です。

9年間在籍した日本のプロ野球の通算安打1278本を足せば、
4201安打で、ピートローズに続いて歴代2位ということになります。

しかし、ここで、
「日米通算での記録でも意味あるの?」と、
疑問に思う方おり、多くの論争を巻き起こしてます。

スポンサードリンク



メジャーファンからするとイチローの日米通算安打は高評価?

日米通算安打の件について、ファンの間で考え方が割れてると思いますが、
アメリカの方では、かなりの方が高評価をしてるそうです。

2014年シーズンは、ヤンキースがイチローの日米通算4000本安打を祝福しており、
多くの大物メジャーリーガーから敬意のコメントが送られていました。
(前年度のヤンキースとイチローの契約は日米通算4000本安打のセレモニーが目当てだったとの噂も)

イチロー通算安打歴代ランキング

特に、当時ヤンキースのデレク・ジーター(通算3465安打)は、
メジャーの数字だけで言えば、自分のほうがイチロー選手に勝るのにもかかわらず、
ヒットメーカーとして、イチロー選手が世界最高の選手のような讃え方をしてました。

玄人的にいえば、仮にイチロー選手がもっと早くメジャーでプレーしてたとしても、
同様の活躍をしていたと考えられ、最初の1278安打(日本通算)がどこの記録でも、
メジャー通算と同じに等しい偉大な記録と考えられているようです。

しかし、一方で、日本の記録を加算して良いと考えるのならば、
歴代3位のハンクアーロンはファームとの安打数を足せば、
ピートローズを超えて歴代1位に躍り出ると、ややこしい計算もされています。

一方で、日本ではメジャーよりも試合数自体が少ないこと、
メジャー時代よりも、長打を狙った打席が多かったことなど、
その境遇の近いから、日本でのヒット数も十分に偉大と考える人もいます。

イチロー日本プロ野球通算安打数

日本でのヒット数の評価の見方がそれぞれ違うみたいですね・・・。

自分は当然、日米通算安打での記録であったも、
ピートローズ選手よちも偉大な安打製造機であったと、
イチロー選手が世界で一番のバッターだと信じたい派です。

投手の能力は昔よりも高いのは当然の如く、
守備力やシフト(守備位置)の作戦も凝ってます。

さらに、イチロー選手独自の哲学、
「相手投手の一番難しい球を打つ」というポリシーも、
ヒットの内容としては、奥行きがあって面白いと思います。

世界中のプロリーグで、
歴代一番ヒットを打った男。

メジャー通算の枠に捉われないで考えても、
イチロー選手は、十分にケタ違いな選手だったということです!


スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です