マイク・トラウトの身体能力ってどれぐらい凄いのか?年棒2400万ドルの若き天才!

スポンサードリンク

マイク・トラウトの身体能力ってどれぐらい凄いのか?年棒2400万ドルの若き天才!現在エンジェルスの主軸を担う、
若干23歳の若き天才マイク・トラウト

マイクトラウト身体能力

日本でも名前はすでに全国区。
2013年はダルビッシュと新人王争いを展開し、
結果、マイク・トラウトが受賞されたニュースは記憶に新しい。

マイク・トラウトは20代前半にして、
すでにハイアベレージを安定して残し、
ホームランの数はコンスタントに25〜30本は打つ。

さらに年棒は現段階ですでに2400万ドルを超え、
これはヤンキースの田中投手にも負けない額。

毎年、オプションをいくつもクリアしているので、
実際に手に入れている額は年棒を超え、
相当な額になっているという。

この先、マイク・トラウトが更新するであろう、
メジャーリーグの記録は数知れず、
今の時点で、ハンクアーロン賞までも手にしている。

スポンサードリンク



マイク・トラウトの才能は幅広く、
パワーや選球眼、走力、守備力、
全ての面において、メジャー屈指だと言われています。

マイクトラウト若き天才

身体能力の高さは学生時代からズバ抜けていたらしく、
多くの業界のスカウトが、マイク・トラウトを気にかけていたという。

実際にマイク・トラウトが野球を選んだ理由は定かではないが、
NFLやNBAなど様々なスポーツが人気のアメリカにおいて、
マイク・トラウトほどの身体能力を持った男が野球を選んだのは、
とても幸運なことで、喜ばしいです。

マイクトラウト年棒

マイク・トラウトとダルビッシュは、
互いが認めるライバルとして有名で、

トラウト自身がダルビッシュに対して、
「自分たちの間には少しライバル関係があるんだ。彼はベストな投球をし、僕はベストなバッティングをする。僕らは常に対決を楽しんでいる。」

とコメントし、
ダルビッシュのことを意識していることを認めている。

さらにダルビッシュもトラウトに対して、
「今日は彼にストレートしか投げなかった。いろいろ見せたくなかったし、今シーズンの彼との対戦では、アプローチが少し変わると思う。」

と、オープン戦の段階からシーズンの先をみるほど、
トラウトとの対戦には気を配っていることを明かした。

これからのメジャー観戦の楽しみの1つに、
この両者の対決が挙げられる。

個人的には、いつかWBCでも、
このダルとトラウトの対決が見られたら面白いなと。
(今のところトラウトはWBCには出場していない。)
誰もが若き天才として認めるマイク・トラウトだが、
実はひとつだけ欠点がある。

それは肩の弱だ。

守備力の指標では高い数字を残し続けてきたトラウトだが、
アームレーティング(送球評価)ではマイナスを出しているのだ。

そう、考えると、
将来はファーストにコンバートされることもありえるかもね・・・。

それこそ、次世代のプホルスだと言われても納得できます!(笑)


スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です