フェリックス・ヘルナンデスは変化球投手になった?フォームを分析してみる

スポンサードリンク

フェリックス・ヘルナンデスは変化球投手になった?フォームを分析してみるかつて常時150キロ以上のファストボールが持ち味であった、
シアトル・マリナーズのエース、フェリックス・ヘルナンデス
堂々とした出で立ちと、打者を可愛がったような姿から、「キング」の愛称でも知られている。

フェリックス・ヘルナンデス変化球

フェリックス・ヘルナンデスは、昨年2014年に、
奪三振、防御率、勝利数と、
キャリアハイのバランスの好成績を残した。

しかし、フェリックス・ヘルナンデスといえば、
あの常時150を超える豪速球のイメージを持っている人が多いと思うが、
2012年からは球速が急に落ち、緩急の豊かさで打ち取るスタイルが浸透し、
「変化球投手になったの?」との疑問の声が多くある。

実際に、平均球速が落ちた2012年には、
完全試合を達成し、その後の年も成績を落とすことがなかった。

球速が落ちても、成績が変わらない・・・・、
ここに、これまでのキングの誤解があったような気がする。

スポンサードリンク



実は、もともとはフェリックス・ヘルナンデスは、
速球もさることながら、変化球がメジャーで一番評価された投手だったのだ。

彼の投げる変化球の中で、
一番脅威とされているのが、
「チェンジアップ」なのだ。

フェリックス・ヘルナンデスのチェンジアップは、
球速でいえば140キロを超えて、
クレントン・カーショーには「フェリックス自身がどう呼んでいるかわからないが、彼のチェンジアップは最も驚くボールだ」と、一流投手の嫉妬を独占しているのだ。

今のキングは、三振の取れるスライダーとファストボールだけでなく、
場面でゴロやポップフライを打たせるチェンジアップで、
効率よく、打者を打ち取ることができるのだ。

キングは昔からチェンジアアップを投げていたわけではなく、
マリナーズに入って大切に育てられていた頃は、
肘や肩の故障を気にして、スライダーを投げることを禁止されていたり、
チェンジアップも、最近まで、遊びでキャッチボールの際に投げていただけ。

かつて、城島健司とバッテリーを組んでいた頃は、
変化球を多用することを嫌い、
城島と衝突を繰り返していた。

そのキングが、今や、変化球で緩急を使い、
たくさんのバリエーションで打者を抑える、
大人の投手に成長していたのだ。

昨年のキャリアハイの数字を残したキングの球種の割合を見てると、
ファストボールは全体のわずか17%に減っており、
ツーシームとチェンジアップが29%と、
これまでの配給と全然違う傾向に変わっていってる。

ちなみに、キングが投げれる変化球は、
ツーシーム、チェンジアップ、スライダーの他にも、
カッター、カーブも投げられ、
いずれも、最高標準の質であるという。

キングがメジャーの打者を翻弄できる理由は、
間違いなく、彼の変化球の1つ1つの、
組み合わせの素晴らしさが要因であろう!

フェリックス・ヘルナンデスフォーム
ちなみに、自分はキングの投球フォームがすごい好きで、
たまに鏡の前に立って真似してみたりしてます。笑

トルネードってほどでもないですけど、
ちょっとひねった形から、
胸をいっぱいに張り、腕を力いっぱいに振る!

見ていて、とても爽快なフォームなので、
野球でピッチャーやってる人の中でも、
真似してみたい人って多いんじゃないでしょうか?

ブルペンでキングが投げてる動画の再生回数が半端ないので、
きっと、たくさんの人が参考にしてるんだろうなーって。

わりと、リラックスした感じで、
ホイホイ投げる感じが、
まさに「キング」って感じがします。笑


スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です