川崎宗則が解雇(カブス戦力外通告)。なぜ?原因と理由。移籍先や獲得球団は?(FA)。今後の仕事と日本球界復帰オファーは?2017~2018

スポンサードリンク

川崎宗則が解雇(カブス戦力外通告)。なぜ?原因と理由。移籍先や獲得球団は?(FA)。今後の仕事と日本球界復帰オファーは?2017~2018今年のオフには日本の番組に活発に出演し、
元気な姿を見せていた川崎宗則選手。

昨年のオフにカブスとの契約が決まると、
今年のオープン戦では35歳とは思えない活躍を見せました。

WBCの日本代表の現地での強化試合にて、
川崎宗則選手は1番で出場し、
足でかき回し、日本から得点を奪っていました。

かなり好調なイメージがあった川崎宗則選手ですが、
シーズンが始まる前に、まさかの解雇が発表されました。

信じられないですね・・・。

川崎宗則が解雇(カブス戦力外通告)

開幕ロースターは難しかったかもしれませんが、
今年もマイナーから呼ばれる可能性も高く、
カブスの怪我人の状況を考慮すれば、
川崎選手の力は全然必要だったと思いますが・・・。

カブスは28日、マイナー契約で招待選手として米アリゾナ州メサでのメジャーキャンプに参加していた川崎宗則内野手(35)の解雇を発表した。

川崎はメジャー昇格を目指して米国で6年目となるキャンプに2月18日から参加。日米通算18年目のシーズンへ向け、「1日1日楽しく。後悔することもあるけど、思い切って楽しくやろうと今年も強く思いますね」と意気込んでいた。引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170329-00000057-sph-base

オープン戦でも結果を出していただけに、
この解雇劇には実感がわきません、
なんてもったいないことを・・・というのが本音ですね。

昨年、劇的な優勝を果たした球団だけに、
若手中心でのテコ入れを拡大させたいのかな?と、
チーム状況を考えれば、その可能性も・・・。

でも、川崎宗則選手は存在するだけで価値のある選手で、
若手選手に与える影響も大きいと思うので、
この解雇は本当に酷なイメージが残ります・・。

スポンサードリンク



川崎宗則の移籍先や獲得球団は?(FA)。今後の仕事と日本球界復帰は?2017年2018年

気になるのは川崎宗則選手の今後の移籍先ですが、
またアメリカでの活躍を目指すのでしょうか?

欲しがりそうな球団はまだあると思うので、
今後のオファーにも注目が集まります。

しかし、日本の野球ファンの願望としては、
日本球界への復帰も期待したいですね。

夢を選んでアメリカに渡り、
ハングリーに野球を楽しみ、
その心意気のガチはファンを興奮させました。

メジャーで大きな数字は残せていないものの、
厳しい環境で野球に取り組む姿勢は、
多くの人を感動させてきました。

まだまだ野球が上手くなると信じて、
一生懸命に練習を頑張る姿は、
野球人として尊敬に値します。

若い選手に与える影響や、
ファンの心を掴む存在感であったり、
日本にずっといた頃よりも偉大な印象です。

年内での他球団への移籍が決まるのか、
この部分はわかりませんが、
日本球界復帰となれば、大歓迎ムードになると思います。

古巣のソフトバンクにはショートがたくさんいるので、
仮に日本球界復帰となると、球団は選びそうですが、
どの球団に復帰したとしても、十分な活躍が期待できます。


スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です