イチローのトレード先はレッズかジャイアンツと予想される

スポンサードリンク

イチローのトレード先はレッズかジャイアンツと予想されるヤンキースからのトレードがほぼ確定しているイチローだが、その移籍先の球団が、各方面から予想されている。アメリカのメディアの予想ではジャイアンツかレッズが温厚だとし、イチローのトレード劇は、このオフの注目を集めてる。

イチローとヤンキースは2年18億と、まだ契約は残っているが、大記録の4000本を満たした今、次は世界最多安打の記録が残っている、噂によると、4000本安打時のヤンキースの大きな祝福は、ヤンキースが後にイチローを大きな額で売り出すためではないのか?とも言われている。もしそれが事実だとすれば、今年の夏にはイチローを構想から外す方向で、ヤンキースは補強を進めていたことになる。

ましては、シーズン中にウェルズ外野手を獲得したり、まんざら嘘ではない説だ。

スポンサードリンク



ジャイアンツは、GMがイチローに興味がないと発言していたが、今後、発展する、イチロー争奪戦に控えての、作戦だとも言われている。

低い額での争奪戦の中、ドカンと大金を出して、イチローを獲得する気かもしれない。

レッズ球団関係者が、イチローを欲しがってると報道されているが、確かに、今のレッズにはイチローが入ることでのメリットは多い。

よって、イチローのトレード先の候補はレッズにジャイアンツ、そして前回のトレードで露骨な反応を見せたフィリーズがあることになる。

イチローの環境への対応も大変で、この先、さらに苦しいシーズンを過ごすことになる。

ワールドシリーズ制覇をモチベーションにしようとしてるイチローからすれば、やはりトレードされるなら、優勝が狙える球団が良しとされる。

そうなれば、ここ近年、全盛期だと言われているジャイアンツかフィリーズが有望だ。


スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です