秋信守が7年135億の大型契約でレンジャーズへ移籍

スポンサードリンク

秋信守が7年135億の大型契約でレンジャーズへ移籍このオフにシンナシティ・レッズからFAになっていた秋信守が、

テキサス・レンジャーズと7年135億での契約に合意した。

身体検査はまだのようで、通過次第で正式に入団となる。

秋信守はマリナーズ、インディアンズとで活躍し、

今年は154試合に出場して打率.285、21本塁打、54打点の好成績を残した。

さらにはリードオフマンとしては20盗塁、107得点、112四球、出塁率.423と、

ナショナルリーグの中の1番打者として、一番の安定感を魅せた。

マリナーズ時代はイチローとの不仲もあっただけ、

今季オフの2人の対象的な契約の話題にビックリ。

秋信守 レンジャーズ 移籍

ダルビッシュとチームメイトになる秋信守だが、人間関係は上手くやっていけるのか?

スポンサードリンク



WBCでの評判は最悪で、飲酒運転で捕まったときは問題発言をして、ファンの信頼を落とした。

国内外での自分の信頼を取り戻すために、レンジャーズではしっかりプレーして欲しい。

この秋信守の7年135億という大きな契約に韓国の野球ファンの反応は冷ややか。

「本当に7年もやっていけるのか?」と31歳になった年齢に問題が向けられている。

野手なら全盛期は30代半ばまで続けば良い方。

良い選手ばかりが集まるテキサス・レンジャーズで、

後7年もレギュラーシーズンに出れるのか?

ましては人間的な問題は起こさないのか?

来年からの秋信守に注目して確かめたい。(期待はしてない)


スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です