沢村栄治とベーブルースのライバル関係

スポンサードリンク

沢村栄治とベーブルースのライバル関係昔の日本野球の中で沢村栄治ほどメジャー舞台に希望を魅せた選手はいない。それは沢村栄治が過去に日米野球で残したベーブルースとの名勝負などの衝撃的なエピソードが裏付けにある。

沢村栄治 ベーブルース 画像

沢村栄治は過去に3回日米野球に参加し、その試合のほとんどでヒットとホームランを浴びた。

はじめて沢村がメジャー軍団に立ち向かったのは彼がまだ17歳のときだった。

1934年にベーブルースを筆頭にゲーリック、ファックスなど、当時のメジャーを代表するスター軍団と沢村は対戦したのだ。

17歳の青年が・・・今でいう安楽君がトラウトやオルティスと対戦するようなものだ。

結果は当然、惨敗。11本のヒットに3本のホームラン、この結果が沢村を熱くさせたのだろう。。。

スポンサードリンク



三度目の日米野球で再び沢村はベーブルースと対戦

沢村は19歳になったとき、再び日米野球に召還された。

このときの沢村の快投が、後の日本野球のアメリカコンプレックスを緩める希望の光となった。

ベーブルースやゲーリックと対戦した沢村はそのアメリカ打線を4者連続三振に打ち取り、日本中を驚愕させた。

この日の出来事は日本の野球の歴史に大きく残り、当時日米野球が開催された草薙球場にベーブと沢村の像が立っている。

沢村がベーブたちを打ち取ったことが、後の日本プロ野球の設立に大きく関係あることには間違いない。実際にアメリカに帰ったベーブたちは「日本に凄い投手がいた」と記者たちに興奮気味に話していたのだ。

しかし、この試合で沢村に唯一失点を食らわされたゲーリックは、沢村がカーブを投げる際に口を「への字」にする癖をあっさり見抜いてしまったのだ。このときのアメリカと日本の野球のレベルの差は技術やパワーだけでなく、その野球脳でも圧倒的であったに違いない・・・・。当時の日本人からすれば「そんな癖を瞬時に見抜いて、見抜いたからってホームランを打つなんて・・・」と、まるで映画の中の出来事のようにしか思えなかっただろう。


スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です