巨人の井端に対するブーイングは愛情表現?

スポンサードリンク

巨人の井端に対するブーイングは愛情表現?昨年から巨人でプレーすることになった元中日の井端選手。
井端選手の移籍劇は、とても残酷で、ファンから多くの同情を呼んだ。
2年間のWBCでは驚異的な数字を残し、大会のベストナインにまで選ばれていたが、
その年のシーズンでは、数字が振るわず、大幅の年棒削減をされてしまったのだ。

巨人 井端 ブーイング

井端選手は中日との契約が切れたわけではないが、
巨人に移籍するしかない状況に追い込まれていたのだ。

実際に巨人は中日よりも井端のことを多額で評価し、
巨人の若手・坂本の教育係りとしても期待していた。

井端は巨人でも活躍し、
今では中日戦でブーイングが起きることもある。

スポンサードリンク



しかし、このブーイングには、
他の巨人に移籍してしまった選手とは違う、
中日ファンからの特別な想いが込められているように感じる。

これはメジャーでもよくあることだが、
自分のチームを離れて欲しくなかった、
まだまだ力が必要だった選手に対して、
試合で敵として現れたときに、
盛大なブーイングを起こし、寂しさを伝えるのだ。

イチロー選手がマリナーズからヤンキースに移籍した際も同じ。
ヤンキースでの第一打席の際に、マリナーズファンからは声援に混じって、
ブーイングも起きていたのだ。

これは、そのファン個人の想いがどうかによるか、
その選手を認めてるがゆえに、
大きな声で悲しみを訴えるアプローチもありえるのだ。

巨人にいってしまった井端に対するブーイングも、
きっと同じ意味が込められていることだろう。


スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です